カテゴリー「NHK」の604件の記事

2020年3月27日 (金)

東京都公式発表の新型コロナウイルス検査の異常さ~小学生でもわかる不自然さ!(2020.3.27)

東京オリンピック延期発表以降、

連日、東京都の新型コロナ陽性患者数の増加が報道されています。

ところで、NHKニュースなどでの報道で、いつも疑問なのは、

どれだけの検査数、相談数があったのか、という、

いわば「分母」がわからない、報道されない、ということです。

今回は、憶測とかではなく、東京都の公式HPから、

小学生でもわかる「割合」を算出しながら、考察します。

 

データはいずれも、2020年3月27日11時更新の、

都の最新データに基づいています。

 

たとえば、直近のデータで。

3月26日の陽性患者数は、今のところ最多の47人です。

では、何件(何人)検査したのでしょうか?

データによると、87人です。

つまり、陽性と判定された人の率は、54.6%!

前日の3月25日であれば、陽性患者41人、検査実施件数95件。

ということは、陽性と判定された人の率は、43.1%!

かなりの高い率です。

そして、一番問題なのは、「新型コロナ受診相談窓口相談件数」の相談件数に対する、

検査件数です。

NHKなどの宣伝通りに、

37.5℃の高熱に4日以上も苦しんでいるか、強いだるさや息苦しさを感じる人が、

ようやく電話をかけても、断られる人がほとんどであることが、

公式統計が認めています。

ちょうど、3月25日までしか出ていなかったので、

3月25日の例で算出してみましょう。

 

相談件数は、1064件。

そして、そこでPCR検査が必要と判断されたのは、

わずか95件。

(電話をしてすぐ検査してくれるのかどうかさえ不明ですが・・・)

ということは、苦しんで苦しんでやっとの思いで電話して、

検査されるのは、わずか8.9%・・・

91.1%の人は門前払いというわけです!

 

れいわ新選組代表、山本太郎氏のツイートによると、

2週間体がだるい状態(もしかするとコロナ疑い?)にも関わらず、

病院をたらい回しにされて、未だに検査は受けられない、とのこと。

つまり、死にそうな人(か、「上級国民」!)でないと、

検査は受けられない、というのが、実態のようです。

「重篤肺炎じゃないと検査は受けられない」とタライ回しにされたコロナ疑惑者の2週間の記録

 

 

ところで、昨日(3月26日)、

阪神タイガースの藤浪投手が、新型コロナ陽性と判定された、という報道がありました。

阪神・藤浪投手と食事した2人も陽性…「みそ汁の味がしない」と受診 2020/03/27 11:33読売新聞

阪神の藤浪晋太郎投手、新型コロナ陽性…プロ野球選手で初 2020/03/27 01:01読売新聞

「もしかして新型コロナかも?」と気づけたところは素晴らしいし、

早く回復してほしいと願っています。

一方で、リンク先下の方の記事によると、

球団によると、藤浪投手は数日前から「においを感じない」と嗅覚の異常を訴え、医師からPCR検査をすすめられた。嗅覚異常は感染者の一部に見られる症状だが、藤浪投手はせきや発熱などは訴えていないという。球団が他の選手らに聞き取りをしたところ、選手2人から味覚に異常があるとの申し出があったという。(下線は筆者)

 

「藤浪投手はせきや発熱などは訴えていないという」

ということは、

NHKなどで盛んに呼びかけられている、

  • かぜの症状や37度5分以上の発熱が4日以上続いている人
  • 解熱剤を飲み続けなければならない人
  • 強いだるさや息苦しさがある

相談・受診の目安は?(NHK)

に該当しない訳です。

それでも、検査があっさり受けられるというのは、

「上級国民」だからなのでしょうか?

イタリアやスペインでは、トリアージが行われています。

トリアージ(triage)とは、医療資源(医療スタッフや医薬品等)が制約される中で、一人でも多くの傷病者に対して最善の治療を行うため、傷病者の緊急度に応じて、搬送や治療の優先順位を決めることをいいます。

トリアージとは(神奈川県HP)

そこでは、高齢者よりも若者を生かす方を選ぶようです。

しかし、日本では、もしかすると、

「検査の沙汰もカネ次第」(または死にそうな場合)ということなのでしょうか?

 

いずれにせよ、東京都は潜在的に、

たくさんの無自覚感染者と、検査拒否された新型コロナ疑いの人が相当な数存在する、

ということが統計から判断できます。

 

ところで、先ほどの、東京都の検査実施日数を見ると、

3月8日(日)、3月15日(日)のところは、0人です。

3月22日(日)は1人でした。

新型コロナ患者は日曜日に発生しないように「忖度」しているのでしょうか?

 

ツイッターとかでいろいろな憶測が出ていますが、

こういう公式情報からわかることもいっぱいあります。

まずは、東京都とその周辺の地域の方々は、

2月末~3月中旬までの北海道のように、

行動自粛するしか、自分や家族・同僚の命を守れないのかもしれません・・・

(だからこそ、政府の「補償」がぜひとも必要なのです!)

 

藤浪選手のように、自覚症状及び、熱や咳などの症状があり、

医師の要請があれば誰でも検査が受けられるようにしなければ、

いつまでたっても新型コロナの蔓延は日本から去らないでしょう・・・

 

隔離病棟がないなら、今旅行客減少で苦しんでいる、

大型のホテルを政府が借り切ればいいのでは?

それこそ、政権に近い、「真の近現代史観」とかやっている、

アパホテルとか?

(五輪需要が無くなって大変とか・・・)

※今回の記事は、このツイートを参考にしました。

2020年3月26日 (木)

ドラマ「ホームルーム」と、安倍政権と国民(特に自公支持者)のいびつな関係?~」日本は国全体がブラック企業化することで国民総ストックホルム症候群化?

北海道では放映しておらず、

私もまだ見たことがないドラマですが、

内容が気になる2020年冬ドラマがあります。

ホームルーム」という作品です。

マンガ原作です。

 

ホームルーム(1) (ヤンマガKCスペシャル)


 

MBSと関東周辺の局で放映中で、

放送後1週間以内なら、Tverなどで観ることができるそうです。

 

それはさておき、このドラマのあらすじ(見どころ)を公式HPから紹介します。

爽やかイケメン教師・愛田凛太郎が担任するクラスでは、女子生徒の桜井幸子に対して毎日不快なイジメが続いていた。
犯人は不明。しかし、幸子はそんな日々もあまり苦ではない。
なぜならいつだって憧れの愛田先生が助けてくれるから…!
皆の人気者で、正義感の強い先生は、イジメられっ子の幸子にとって特別なヒーロー。でも実は、そんな愛田先生がイタズラを仕掛けた張本人で…。

 

ところで、最近のオリンピック、新型コロナ関連の報道を読むと、

安倍政権は、自分で危機を招きながら、

その危機から日本を救うヒーローを演じたいのかな、なんて考えてしまいます。

そして、これほどひどい(もはや人道上の危機を招いている!)政権なのに、

(世論操作がかなりありそうですが、)支持率が40%以上もある、というのは、

日本人(特に自公支持者)はマゾ野郎なのか、と勘繰ってしまいます・・・

 

ちょうど、安倍政権と、国民(自公支持者)との関係って、

「ホームルーム」の先生と生徒とのいびつな愛情のようなものに感じませんか?

 

もっとわかりやすく言えば、

正義のスーパーヒーローがモンスターや凶悪宇宙人をやっつける。

でも実は、そのスーパーヒーローが称賛を浴びたいがために、

密かにモンスターや凶悪宇宙人を呼び寄せて、

わざわざ危機を作っているとしたら?

 

つくづく日本はおめでたい国なのでしょう。

しまいには、NHKニュースに、あの北朝鮮の女子アナみたいな存在の人が、

安倍首相の英断をたたえるために登場するようになりました・・・

日本の北朝鮮化・ナチス化まであと僅かなのでしょうか?

それにしても、新型コロナの不況対策として、

現金支給(全国民)→商品券支給(富裕層を除く)・・・ときて、

ついに、「和牛商品券」???

[新型コロナ] 和牛消費へ商品券 経済対策自民が検討 2020年03月25日(日本農業新聞)

不況対策で旅行券とか、和牛商品券とか、まったく噴飯モノの、経済オンチ丸出しの、

世界に恥ずかしい”Fool Japan"の施策です!

景気刺激なのではなく、恐慌対策は、すみやかな現金支給(20~30万円)、

消費税0化、各種税金の支払い猶予措置、

家賃及び水道光熱費の3か月分程度政府立て替えといった、

各国でやっている経済政策をすぐにでも決断すべきなのです!

 

東京五輪延期と恐慌のメカニズム(三橋貴明氏のブログ「新世紀のビッグブラザーへ2020.3.25記事)

 

金を刷れ、皆に配れ! 山本太郎とネットでおしゃべり会 2020年3月25日

 

山本太郎氏の解説及び提言は明確かつ的確かつ痛快です!

なんで日本国民は自分を虐げる人を選び続け、

自分を解放してくれる人に目を向けないのでしょうか?

日本は格差拡大、国全体がブラック企業化していくうちに、

国民総ストックホルム症候群化してしまったのかもしれません・・・

2020年3月18日 (水)

「美しい国」から「おぞましい国」へ~新型コロナ対応、東京五輪で国民は・・・

Img_20200315_204154

2020年3月15日(日)の北海道新聞2面(総合面)の写真です。

アメリカのトランプ大統領の、自信と具体性に満ちた「非常事態宣言」と、

日本の安倍首相の頼りない記者会見との対比が、記事の扱いに表れています。

トランプ大統領の方の見出しは、「検査や治療5.4兆円

安倍首相の方は、「批判回避へ低姿勢 経済対策 具体案なし

まさに、「美しい」大言壮語、美辞麗句が使われていましたが、

中身はスカスカで、まさに「ポエム」!

国民が知りたい、聞きたいのは、具体的な補償、経済対策です。

総理大臣から、「卒業おめでとう!」なんて聞きたいとも思わないのです。

まさに、全国の卒業式から親を排除した、卒業式をぶち壊した張本人から・・・

 

世界中がパンデミックの中、まさに「鎖国」状態になりつつあるのに、

まだ東京五輪を「予定通り」行おうとする発言・・・

IOCも莫大な収入を失いたくないから、安易に「中止」または「延期」と言えないのでしょうが、

安倍首相がG7電話会議で東京五輪を無理にでも実施したいとゴネていたようです。

緊急G7で支持された東京五輪「完全な形で実現」の解釈巡って米CNNは「安倍首相は延期、中止に強く抵抗」と暴露 3/17(火) 7:00配信(THE PAGE/Yahoo!ニュース)

その夢と野望を実現するために、招致活動では福島原発を「アンダーコントロール」と世界を騙し、

あげくの果ては、「日本では新型コロナはそれほど蔓延していない」と、

数字に表れてこない、検査をしないことによる、感染者数の矮小化・・・

明らかに新型コロナによる肺炎が少ない、という背後には、

お年寄りの「肺炎」による死がかなり隠されているのでは、と思われます。

真の死因が隠されているケースはおそらくかなりあると思われます。

 

実際、こんなニュース記事を見つけました。

新型コロナウイルス病原体検査、実施ゼロの日も - 東京都が公表、相談件数は33日間で2万8千件超 3/12(木) 20:20配信(医療介護CBnews/Yahoo!ニュース)

(記事から引用)

1月24日から3月10日までの検査実施数(検体数)は2491検体だった。4日から10日までの1週間の検査実施数は前週比6検体減の615検体。8日は実施数がゼロだった。(中略)

都は、2月7日に開設した新型コロナ受診相談窓口(帰国者・接触者電話相談センター)の受付状況も公表した。2月7日から3月10日までの33日間の相談対応件数は2万8485件。10日までに364人を新型コロナ外来(帰国者・接触者外来)に紹介した。

つまり、相談件数2万8485件のうち、

検査したのは約2500件、2万5千人以上は検査拒否された、と考えていいのでしょう。

たくさん検査したら韓国やイタリアのように医療崩壊する!」と、

厚生労働省のデマの片棒を担ぐ人が多いですが(イタリアは確かにそうですが・・・)、

韓国は医療崩壊などしていない、むしろ、世界へのモデルケースになる、

というのが実情です。

【襲来!新型コロナウイルス】「医療崩壊」は真実か? 海外メディアは「韓国がモデルケース」と大注目!(井津川倫子)2020/3/14 17:45

韓国が医療崩壊を回避できた理由 →軽症者・無症状者を隔離ケアをする「生活治療センター」が大きな役割

新型コロナ「あらゆる疑い検査を」 WHO、子供の死亡例も 2020年03月17日07時07分

「パンデミックも金次第」の権威が地に堕ちたWHOですが、

日本政府からたっぷりカネをもらっても、日本のやり方を暗に批判しています。

ところで、日本政府はなぜこんな時期に、WHOへ166億円もの資金拠出をしたのでしょうか?

もちろん、東京五輪を実施したいがための、いわば「口封じ、買収」です。

WHOトップ、安倍首相を称賛 資金拠出に謝意

 

WHOへはポンと166億円ものお金を気前よく出す一方、

肝心の日本国民には、一人12000円程度(リーマンショック時の金額以上)

の現金給付でお茶を濁そうとしているようです。

5万円という説もありますが、

アメリカのバラマキがとりあえず一人1000ドル、しかも可能な限りすぐ、

というのに比べると、スピードが遅く、しかもショボイ額です。

(子育て世帯、貧困世帯しかあたらない、という可能性もあるようです。)

これなら、どんな人にも対応する、消費税0の方がよっぽどインパクトがあります!

 

→これは令和恐慌か?消費税ゼロ提言の安藤議員に直撃インタビューしてみた

 

自民党内でこういう意見を出してくれる方がいるのはオドロキでした!

コロナショックから日本経済を救うのは利下げではなく「安心」 その後1人22万円のバラマキ 3/18(水) 18:06配信

 

チマチマとした新型コロナ対策(感染拡大阻止よりも、経済対策の方が優先です!)で、

「やっている感」を出したい、東京五輪もやりたい・・・

ついでに、「桜を見る会」と「モリカケ」もゴマカシたい・・・

国民は朝三暮四のサルに過ぎない・・・

 

こんなウソツキ、薄情で、お友達と金持ち、大企業は優遇するが、

お年寄りや貧しい人は容赦なく切り捨てるような人が政権のトップに立っている自体、

最悪の新型コロナ対策ではありませんか?

国民は東京五輪のために死を強いられる訳です!

NHKとかツイッターとか、いろんな形で問題を感じさせないような、

実に見事な洗脳工作をしています。

 

何が「美しい国」だ!

美しい国」どころか、

おぞましい国」へ!

考えれば考えるほど、情けなくなるのが、我が国の新型コロナ対策なのです・・・

倒閣運動こそ、最高の新型コロナ対策なのでは、と考えたくなります。

どうか、国会議事堂前で、感染症対策をしつつ、大規模デモがなされ、

世界に安倍政権の非道を知らしめてくださいませ・・・

2020年3月15日 (日)

北海道 緊急事態宣言の第3週の中、札幌国際スキー場+定山渓温泉へ!~何でも自粛なら、経済が破綻し、心も破綻しますよ・・・

北海道知事による緊急事態宣言が出されてから3回目の週末を迎えました。

戸外での運動や混まない時間帯での買い物など、かなり緩和された内容になっていますので、

私ども夫婦は、2020年3月14日(土)に、

札幌国際スキー場へスキーを楽しもうと思い立ちました。

いつもなら、

路線バス+リフト券のバスパック(通常、バス往復+リフト1日券で5500円)で行くのですが、

感染リスク(バスに1時間以上乗り合わせることになるので)を考え、

レンタカーで行くことにしました。

朝9時前に、徒歩でレンタカー店に行き、家に戻ってスキー道具と入浴セットを詰め込み、

まずはロイヤルホストに行き、朝食を食べました。

それから、札幌国際スキー場へ向かいました。

ドライブのお供の音楽は、先日紹介した、カラヤン指揮ベルリン・フィル他による、

ベートーヴェンのミサ・ソレムニスの通常CDでした。

(CD+Blu-ray Audioなので)

ゆったりと朝食兼昼食を楽しんでいたので、札幌国際スキー場に着いたら、

もう11時半過ぎでした。

今回は、リフト1日券+温泉入浴券の「温泉入浴セット」(1人4800円)を購入しました。

定山渓温泉、小金湯温泉、豊平峡温泉(札幌市)と朝里川温泉、小樽市内の温泉、

合わせて9施設から選ぶことができます(詳しくはスキー場のHPで)。

 

実際に滑り始めたのはちょうど12時頃でした。

それから途中、トイレ休憩以外は、

15時30分までずっと滑って降りてリフトに乗って・・・を繰り返しました。

1月、2月に比べたらかなり人は少なかったですが、それなりにはいました。

 

うっすらと小樽市内が見えました。

Img_20200314_141419

雪の状態は結構よかったです。

(実は3月に入ってから、札幌市内の藻岩山スキー場にも行きましたが、

そこと比べると雪の質は雲泥の差でした。)

Img_20200314_131639

 

15時半にスキーを終え、車の傍で道具の片づけ等を行い、

16時に札幌国際スキー場を後にしました。

 

そして20分程度で定山渓温泉街へ到着。

すぐに温泉には行かず、

何度か行ったことのある、アップルパイで有名な、

J・glacee (ジェイ・グラッセ)という店に行きました。

ラストオーダーが16時半だったので、ちょうどギリギリ店内飲食が間に合いました。

(16時半以降はテイクアウトのみ)

やはり何度食べてもおいしかったです。

 

それから、温泉施設の選択肢の一つである、

定山渓万世閣ホテルミリオーネに行きました。

ここは、日帰り入浴なら、一人1500円するのですが、

セットで入浴できてお得でした。

人もそれほどいませんでした。

私が入浴したときは、私を含めておそらく大浴場全体で10人程度の人しかいませんでした。

 

ただし、ここでも、サウナには一切入らず、あまり他の人の近くに寄らない、

なるべく人が入っていない浴槽に入る、ということを徹底しました。

 

その後、南平岸駅近辺の外食店に行って夕食を食べました。

とても気分が良い1日で、まさに神様の御恵みに感謝!

というところに、あの某首相の空辣な記者会見・・・

(別に記事を書こうかな、と思っています。)

あまりに空虚で具体性に乏しいので、がっかりしました。

トランプ大統領の演説とは大違いですね・・・

 

まぁ、何はともあれ、たくさん楽しむことができて、

事故なくケガなく守られましたことに、

神様に感謝の1日でした!

 

何でもかんでも自粛、自粛、自粛・・・は、

企業や地域経済を崩壊させます。

感染予防に気をつけつつ、戸外での活動や、

あまり混んでいない店での飲食や買い物は、ぜひ続けていきたいと考えています。

「自粛しないと不謹慎!」という正義マニアが、経済崩壊を産み、

ひいては倒産、失業者、果ては自殺・・・を生み出すのです。

北海道知事さんの「外出自粛」を優等生的に守る気はありません。

(法的根拠はないですし・・・)

自分も守るが、経済も守る!

これこそ、新型コロナ蔓延時代の、「愛」なのではないでしょうか?

 

まことに主はあなたを救い出してくださる。

鳥を捕る者の網から

死に至る疫病から。

主は羽であなたを覆う。

あなたはその翼のもとに逃れる。

主のまことは大盾、小盾。

夜、脅かすものも

昼、飛び来る矢も

あなたは恐れることはない。

闇に忍び寄る疫病も

真昼に襲う病魔も。

(旧約聖書 詩編91:3~6聖書協会共同訳)

2020年3月13日 (金)

NHKEテレ・素顔のギフテッド(2020年3月12日放送)~日本には2つの特別支援教育が必要なのかも・・・

ギフテッド」(Gifted)とは、いわゆる「天才」です。

あるサイトによると、

ギフテッドとは、同世代の子どもと比べても並はずれた成果を出せるほどの突出した才能を持つ子どものことであると定義されています。学問、言語能力、記憶力、芸術性、創造性など多岐にわたる分野において彼らは高い潜在能力を持っています。彼らの能力をフルに開発するためには通常の学校教育とは異なる特別な教育や接し方が必要になります。

ギフテッドとは?特徴と判定法、能力を発掘して育む6つの教育法を紹介 2016/05/26 更新(LITALICO発達ナビ)

英語の”Gifted”は、神から与えられた特別な贈り物(才能)、というニュアンスがあるようです。

 

2020年3月12日に、NHKEテレで、

女優の、のんさんをナビゲーターに、

素顔のギフテッド」という番組を放送していました。

録画で視聴しました。

番組HPから内容を引用します。

みなさん、「ギフテッド」ってご存じですか?
生まれながらに才能を与えられた、でもちょっと不思議な人たちなんです。与えられた才能はさまざま。数学が得意な人もいれば、言語の才を持った人、中には美術の感性が飛び抜けている人も。

欧米では、アインシュタインやビルゲイツなどギフテッドとされる人たちが社会に多くのイノベーションを起こしてきました。統計的には日本国内にも250万人いるとされていますが、同様の概念はまだ根づいていません。

昨年8月、NHK「クローズアップ現代+」で国内のギフテッドたちを取材し放送したところ、SNSのトレンド3位に入るなど大きな反響を得ました。取材を通して浮かび上がったのが、“ギフテッドゆえの生きづらさ”。彼らの多くが周囲から浮いてしまったり、不登校を経験していたのです。生まれながらに飛び抜けた知性や才能を持っていながら、なぜ生きづらいのか?

番組には、さまざまな年代・境遇のギフテッドが登場、彼らの内面を見つめます。

 

番組では、IQが130以上の人を「ギフテッド」と定義して、

(正確には、

一般には「130を超えるIQスコア」を持つ方を“ギフテッド”と定義する例が多く見られます。
しかし専門家の間では「IQスコアだけでギフテッドかどうか判定することは難しい」とも考えられています。
今回の番組は、専門家の知見をもとに「IQ130以上、もしくは先天的に突出した様々な能力・才能をお持ちの方」をギフテッドと考えて制作しました。 」(番組HPより)とのこと。)

7歳から59歳までのさまざまな人(すべて男性でしたが・・・)6名を取り上げて、

その凄さと、生きづらさを抱えている面、

つまり光と影をうまく取り上げていました。

番組最初に出てくる数学の天才少年(小5)は本当にスゴイと思いました。

彼が話している数学のこと、わかる人が日本にどれだけいるでしょうか・・・

大人の数学研究者に交じって数学の定理を説明しているところは、

驚嘆以外ありませんでした。

さらに、ピアノの腕前もかなりのもの・・・

しかし一方、小学校には不登校のようです。

彼にとって、普通の小学校の教科書の算数なんて、

シェイクスピアやチャーチルが、

日本の英語の教科書(小学校の「外国語」)を学ばされているようなものです。

そんな内容を学ぼうという気にならないでしょう。

我々大人が、「あいうえお」の本を学ぼうという気にならないのと同じです。

 

番組の中で最年少の子は、絵がとてもうまい子ですが、

おそらく、「特別支援」の情緒学級相当と判断されそうな感じの子でした。

理由は、集団行動が苦手だからです。

自分の思うようにならないと、教師を蹴るなどの行動も映されていました。

 

番組中、その「ギフト」が最も活かされていた、といえるのが、

昨年(2019年)12月からIAEAに勤務、という方でしょう。

その才能が人々の幸せにいつかつながるはずです。

 

一方、IQ175の、「200万人に一人」の天才芸術家は、

発想がユニークながら、社会にとっては作品が「イタズラ、落書き」という扱いを受け、

引きこもる日々。

一番最後の、番組最高齢59歳の方は、

働きすぎて、鬱病で早期退職・・・

 

番組では、そのずば抜けた才能故の生きづらさ、というのも、

きちんと取り上げられていました。

 

日本の義務教育では、飛び級と留年は認められていません。

こういう「ギフテッド」を生かしきれないから、

最高の頭脳が海外(たいていアメリカ)に流出か、

あるいは、単に「不登校」「引きこもり」の烙印を押されてしまうか・・・

(番組の中でも、IQが135の子が「不登校」になっていました。)

 

一方、日本の義務教育では、小学1年生から1日も登校しなくても、

年齢が来たら、一応、卒業証書がもらえます。

(中学生でも同様です。)

不登校の原因は多々ありますが、必ずしもいじめだけが原因ではなく、

才能・能力がありすぎて(その反対も)、というのもあります。

 

今、日本の特別支援教育は、

どちらかというと知的障がいがある子と、集団行動不適応の子がメインです。

(中には天才的な子もいるようですが・・・)

たいていは、学年相応か、下の学年の内容を学習することになります。

(つまり、小6の子が「あいうえお」や「3+4=」、「2×9=」などを学習すること)

一方、番組の中で取り上げられた子たちは、まったくの対象外です。

 

私としては、こういうギフテッドの人たち

(人口で言えば、単純計算で250万人いるそうですが・・・)のその才能を花開かせるため、

飛び級を制度として認めてはと考えています。

そのために、年齢によって学年が上がるのではなく、

履修した学習内容に応じて、飛び級、進級、留年の判断を、

学校ができるようにした方がいいと考えます。

そういう意味で、知的障がいの人(及び極度の集団不適応)向けの、

一般的な特別支援教育と、

ギフテッド向けの特別支援教育(飛び級及び場合によっては大学入学まで可)の、

2つの特別支援教育が必要だと考えさせられました。

 

数学や美術、科学分野での素晴らしい才能は「ギフテッド」ですが、

私にとっては、知的障がいがある人や、様々な障がいがある人だって、

「ギフテッド」だと考えます。

いや、実は人間ひとりひとり、誰もが「ギフテッド」なのです!

神様の目から見れば・・・

 

わたしの目には、あなたは高価で尊い。

わたしはあなたを愛している。

(旧約聖書イザヤ書43:4新改訳2017)

(才能があるから、能力があるから尊い、という価値観ではなく、

生きているそれ自体が無条件で尊い、という当たり前の事を、改めて認識したいものです。)

 

なお、この番組、再放送は2020年3月15日(日)です。

★3/15(日)午後3時15分~4時05分 Eテレにて再放送決定★ 素顔のギフテッド

2020年3月12日 (木)

法無大臣はさっさと更迭か辞任を!~あまりにひどいすり替え話法(2020.3.12)

ウソつきとごまかしと詭弁が国会を支配する・・・

法務大臣が、こんな答弁を堂々とする・・・

日本国はここまで劣化したのか、唖然とする答弁でした。

 

まずは事実確認から。

東京新聞の記事から。

「検察官逃げた」森法相撤回 野党反発 更迭要求(東京新聞 2020年3月12日 朝刊)

 

 森氏は九日の予算委で、黒川弘務東京高検検事長の定年延長を可能にした法解釈変更について「社会情勢の変化」が理由と主張。野党から具体的な説明を求められ、唐突に原発事故時のケースを例示し「検察官は福島県いわき市から国民、市民が避難していない中で最初に逃げた。その時に身柄を拘束している十数人の人を理由なく釈放して逃げた」と発言した。

 十一日は予算委に先立つ衆院法務委員会で立民の山尾志桜里氏が「『検察官が最初に逃げた』『理由なく釈放した』というのは事実か」と指摘。森氏はいったん「事実だ」と明言したが、さらに追及されると「『逃げた』『理由なく』というところは個人的見解だ」などと曖昧な表現に終始した。

 森氏はその後の参院予算委で「検察を所管する法相として、検察の活動について個人的見解を述べたのは不適切だった」と言及。「個人的見解だと示すことなく述べたのも不適切だった。撤回する」と表明した。

 

下線は筆者によります。

産経新聞等では、答弁の前後関係を意図的か無自覚かはわかりませんが、

「東日本大震災の時に検察官が最初に逃げたのは事実か?」というところに焦点を当てていますが、

この異常答弁の本質ではありません。

つまり、

「黒川検事長の定年延長を可能にした法的根拠は何か」

「社会情勢の変化」(森法務大臣)

「その、社会情勢の変化とは具体的に何か」

「東日本大震災の時に・・・」(森法務大臣)

 

???

まったく黒川検事長の定年延長問題に関係ないじゃん!!!

カミュの小説『異邦人』の主人公、ムルソーが、

殺人の動機を「太陽がまぶしかったから」と述べたのは有名ですが、

それぐらいの頓珍漢な答弁でした。

しかも、事実ではなく、ただの持論でした。

日本語がわからないのか、それとも、一人笑点でもやっているのか・・・

こんな人が法務大臣を務めていると思うと、日本の未来が危ないです!

直ちに更迭か辞任してほしいです。

安倍首相はただの口頭での「厳重注意」で終わりでしたが・・・

森雅子大臣の答弁が支離滅裂!問題発言動画まとめ!辞任も時間の問題?世間の声 

首相、森法相に厳重注意 容疑者釈放発言めぐり 3/12(木) 15:04配信(産経新聞/Yahoo!ニュース)

3月11日から9年間。そして今年の3月11日。(狩猟採集民のように走ろう)

蓮舫氏が指摘 森雅子法相発言はそもそも元の質問に答えていない「いい加減な答弁」3/12(木) 21:26配信(デイリー/Yahoo!ニュース)

 

実際の答弁。

2時間21分のところから再生を。

 

法務大臣が、法を台無しにしようとする、

法無大臣になっています・・・

検察官、そして東日本大震災被災者への愚弄です!

「今は新型コロナが優先!」確かにそうですが、

こういうところをいい加減に扱ってはいけないのです。

 

最近ではNHKの夜7時のニュースさえ、腹立たしく感じます。

すっかり、政府広報に成り下がっていますので・・・

2020年3月11日 (水)

雪まつりが新型コロナ蔓延の原因なのか?~真犯人は、言うまでもなく・・・

こんな記事を読みました。

さっぽろ雪まつりで感染拡大か 専門家「あれだけ人が密集」「中止すべきだった」 3/9(月) 22:41配信(毎日新聞/Yahoo!ニュース)

似たような論調の記事としては、

雪まつり後に発症者急増 北海道、新型コロナ拡大 2020/2/29 20:02(日経新聞)

しまいには、ワイドショーって、ここまでひどいことを言うのかとあきれた発言まで・・・

宮根誠司氏の疑問「雪祭りの雪像の前ですれ違ったから新型コロナうつったんですか?」に専門家「その可能性はゼロです」 3/10(火) 15:02配信(スポーツ報知/Yahoo!ニュース)

 

あたかも、新型コロナの蔓延は、雪まつりが原因であるかのような論調です。

そして、主催者である、札幌市の対応(実施判断)を暗に批判しています。

ちょっと待ってください!

中国政府が海外への団体旅行を1月27日から中止しても、

中国人の方の入国制限をせずに、つい最近の3月8日まで無制限だったのは、

札幌市のせいなのでしょうか?

当然、札幌市にそんな権限はないですし、責めるのはお門違いです。

中国政府の発表に合わせて、ただちに入国制限をかけるべきだったのは、

誰によってですか?

中国、27日から海外団体旅行を禁止 新型肺炎拡散防止で(日経新聞 2020/1/25 22:49 (2020/1/27 0:04更新)

新型肺炎感染拡大後に「訪日を」 外務省、首相の春節祝辞を削除(共同通信社 

感染拡大後、HPに「訪日歓迎」 安倍首相の春節祝辞削除 外務省(東京新聞 2020年2月15日 夕刊)

新型コロナ、中国人の「入国制限」遅すぎた代償 世界的な感染拡大、政府の対応は後手後手に(青沼 陽一郎 : 作家・ジャーナリスト 東洋経済オンライン 2020/03/06 17:30)

 

三橋貴明氏のブログ記事によると、中国人観光客のインバウンド消費は・・・

記事から引用しましょう。

0.32%を惜しみ、5%超を失う(2020-03-09 08:26:15 )

 さて、日本でCOVID-19の最初の感染者が報じられたのは、2020年1月16日。神奈川県で、中国人の感染者が確認されたのが、国内感染者第一号になります。その後、感染者の報告が相次ぎ、1月27日には、新型コロナウイルスによる感染症が指定感染症に指定されました。
 ところが、安倍総理大臣は早期の中国人入国規制(厳密には中国全土からの外国人入国規制)に踏み切らず、1月30日まで、
「更に多くの中国の皆様が訪日されることを楽しみにしています」
 というメッセージを北京の日本大使館のHPに掲載すという、狂った行動に出ました。
 入国規制もなく(湖北省からの入国規制すら、決まったのが1月31日)、中国人観光客は流入し続けます。結果、例年通り「さっぽろ雪まつり」を開催し、中国人が大勢訪れた北海道から感染拡大が始まりました。

 安倍総理が中国に対する入国規制に躊躇したのは、4月の習近平国賓来日を前に、対中関係をこじらせたくないのに加えて、いわゆる「インバウンド消費」があったわけです。それでは、中国人観光客のインバウンド消費は、どのくらいの規模なのでしょうか。
 2019年の2019年の中国人観光客の日本国内における旅行消費額は、1兆7718億円。2019年の日本の名目GDP(554.5兆円)の、わずかに0.32%に過ぎないのです。

 0.32%の中国人インバウンドを「惜しみ」、日本にCOVID-19を蔓延させ、結果的にインバウンド消費全体が壊滅的打撃を受けることになった。
 凄い政権です、改めて。
 2019年の民間最終消費支出は、約305.7兆円。下手をしなくても、安倍政権は19年10月の消費税増税と、COVID-19に対する初動の「大失敗」により、日本経済から30兆円以上もの消費を喪失させる可能性が濃厚なのです。つまりは、GDPの5%超の消失・・・・。

 19年10月の消費税増税恐慌から、現代のCOVID-19に至るアベ・ショック。全ての責任は、安倍総理大臣にあるわけですが、総理は責任を認めようとしないでしょう。結果、対策は最小限となり、COVID-19感染症で亡くなる方よりも、はるかに多数の日本国民が自殺することになります。

 今、目の前で何が起きているのか、しっかりと見ておきましょう。アベ・ショックが深刻化し、令和恐慌に至る。その過程で、多くの国民が困窮し、命を奪われる。

それが「誰のせい」なのか。政治家が現実を見ない以上、我々が目を凝らして見ている必要があるのです。
我々有権者が、政治を政治家任せにし、投票にも行かず、政治に無関心で、
株価が高ければいい、日本人スゲーと酔いしれているうちに、
ここまでひどいことになってしまいました。
そのうち、新型コロナ対策と称して、デモ活動はおろか、
ブログやツイッターを含めたあらゆる言論活動を封じてくるのかもしれません。
そういえば、NHKの最新の世論調査(2020年3月)が発表されましたが、
統計自体が忖度か、誘導尋問みたいな感じなのかも・・・
これが日本国民の実態を本当に表しているとしたら、
日本国民は救いがたい政治オンチであり、マゾか相当なおバカさんなのか・・・
それとも、世論調査に答えた半数以上が、
NHKの人気キャラ、チコちゃんに叱られる人ばかりなのでは?
ボーっと生きてんじゃねーよ!
NHKは政府の広報に成り下がり、信頼がおけません。
新型コロナかもしれない高熱に4日も苦しませている、アベ&厚労省の手先です。

2020年3月 9日 (月)

マスク雑感(2020年3月9日)

(その1)

先日、歯の治療のため、かかりつけの歯科医院に行きました。

入口には(写真を撮っておけばよかったのかも・・・)、

待合室では、必ずマスクをしてお待ちください。

マスクがない方は購入願います。」といった「お知らせ」が張ってありました。

その時の外出では、マスク無しでもいいや、と思い、

マスクをしないで行ったのですが、入口にこんなのが張ってあったら、

マスクをするしかないですね。

たまたまマスクの予備を持っていたからよかったですが、

危うくキャンセルになるところでした。

マスクがない方は購入願います。」って、どこで買えばいいの・・・

ちなみに、その歯科医院では、患者か歯科衛生士か、どちらかわかりませんが、

すごくゴホゴホしている人が診察室内にいたので、少し心配です・・・

特にこんなニュース記事を読んだら・・・

新型コロナ感染の懸念 歯科医院の5割が危ない理由 3/7(土) 16:00配信

お祈りください・・・

 

(その2)

遠方で暮らしている父(もう後期高齢者の仲間入りをしていますが・・・)から、

「(いろいろな店を回って)マスクをかき集めてきたから、

そちらへ(私の家へ)送るかい?」と電話がありました。

私は、まだ家に予備があるし、

そろそろマスクも1、2週間以内に通常の流通をするのではないかと思い、

「気持ちだけありがとう(要らないよ)」と伝えました。

しかし翌日、郵便受けを見ると、マスクが送られてきていました・・・

小包の中には、7枚入りのマスクが3袋分入っていました。

いくつになっても、親は子の心配をするんだなぁ・・・

 

(その3)

そういえば、前述の歯科医院には、開院と同時に行ったのですが、

スーパーの中にあるので、開店前にお年寄りを中心に、

行列ができているのを横目で見ていました。

2階に薬局があるので、マスク目当てか、はたまた別なものの買い占めか・・・

本来、マスクは医療関係者へ最優先、次にお年寄りや持病持ち、障がいのある人が必要としています。

先週行われた、北見市民と中富良野町民への全世帯マスク配布というのは、

どう考えても、優先順位が違います。

北見と中富良野でマスク配布開始 03月05日 18時42分(NHK北海道ニュース)


ただの人気取りです。

一方で、中国のアリババグループの創始者、ジャック・マー氏が、

日本へ100万枚のマスクを寄贈してくれました。

100万枚のマスクを日本に。ジャック・マー氏 「かつて助けてくれた友が困難に...」3/2(月) 17:03配信(ハフポスト)

そのうちの1万枚が、札幌の地にも到着した、とニュース報道していました。

アリババ創業者マスク1万枚寄付 

受け取った北海道としては、医療機関や保健所に配布するそうです。

 

少しとりとめのない話になってしまいましたね・・・

2020年3月 4日 (水)

「大量のマスク北海道へ」は過剰忖度報道!(2020年3月4日)~人気取りのために22億8500万円も支出するとは・・・

「安倍首相“道内にマスク届ける”」(2020年3月1日 NHKニュース)

このニュースを知ったときは、

(北海道に住んでいる我々も)「これでマスク不足解消かも?」と少し安堵しました。

しかし、その内訳実態を知ると、失望感でいっぱいでした。

<北海道>大量のマスク北海道へ 新型コロナ道内感染は82人 3/4(水) 18:22配信(HTBニュース/Yahoo!ニュース)

政府は「国民生活安定緊急措置法」に基づき、マスクをメーカーや輸入業者から買い上げて”クラスター”と呼ばれる感染者の集団が発生したとみられる北見市や、人口当たりの患者数が多い中富良野町の全世帯に、1世帯当たり一律40枚を配る方針です。政府が買い取るマスクは400万枚。日本郵便を通してこのうちおよそ247万枚を北見市の6万2000世帯に、およそ9万枚を中富良野町の2200世帯に配る予定です。

政府が配布方針のマスク 一律「1世帯3枚」なぜ?[2020/03/03 19:46](テレ朝ニュース)

 配布されるマスクは家族の人数にかかわらず、1世帯に3枚です。 

 菅官房長官:「感染拡大防止の観点から迅速にマスクを配布するため、1世帯一律3人との想定で各世帯へ配布する」
 政府はメーカーから一括して買い上げたマスクを北海道など、感染が拡大する地域に配布する方針です。政府関係者によりますと、家族の人数に関係なく1世帯に3枚、2週間分を配布する方向で調整が進められています。また、政府は配布するマスクの購入や運搬の費用として、予備費から22億8500万円を支出することを閣議決定しました。

マスク400万枚売り渡し指示 “緊急事態”北海道に配送へ カテゴリ:国内

新型コロナウイルスの感染拡大で品薄の状態が続くマスクについて、厚生労働省は、製造・販売メーカーに対し、400万枚の売り渡しを指示した。

厚労省が買い取ったマスクは、地方自治体からの要望をふまえ、まずは緊急事態宣言を出した北海道で、人口に占める患者数の割合が特に多い中富良野町と、感染者の集団・クラスターの発生などにより、今後の患者数の増加に注意が必要な北見市へ、6日から順次配送される。

マスクは400万枚用意され、およそ6万4,000世帯分、1世帯あたり40枚程度が行き渡るという。

 

これらの報道、「北海道の人にマスクが配られていいなぁ~!」

と思った方も多いのではないでしょうか?

しかし、実態は、約528万人(2019年5月末時点)の北海道民のうち、

北見市(人口約11万6千人 2020年2月末時点)と、

中富良野町(人口約5000人 2020年2月末時点)だけです。

つまり、人口の2%のところだけが優遇されているにすぎないのに、

あたかも、「北海道全体」と誤認識させるような報道は、

いかにも過剰な、忖度報道といえます。

(これが本当に「北海道民全体」なら、拍手喝采モノでしたが・・・)

 

人口に占める患者数の割合が特に多い中富良野町」と記事にはありますが、

中富良野町の新型コロナ感染者数は4名(2020年3月4日現在)です。

人口に占める割合は、0.08%です。

ちなみに、札幌市であれば、約0.001%、

北見市は、約0.007%です。

たとえば、中富良野町で、

人口の10人に一人が患者だというなら、話は別ですが、

このような書き方は過剰ではないでしょうか?

 

そもそも、病院でマスクが足りない、という悲鳴があちこちで出ています。

京都の病院の9割「マスク不足」 保険医協会が支援要請(朝日新聞 佐藤美千代 

自治体によってマスクの備蓄に差 備蓄なしの県も… 3/4(水) 19:01配信(テレ朝ニュース)

自治体によってマスクなどの備蓄に大きな差があることが分かりました。

 医療機関でマスクや消毒液などの不足が深刻化していますが、国は各都道府県が備蓄品から医療機関に供給するという方針を示しています。そこで関東地方のマスクの備蓄状況をANNが取材したところ、東京都は100万枚以上、千葉県や茨城県は数万枚単位の備蓄がありました。一方、栃木、山梨、神奈川ではそもそも備蓄をしていませんでした。また、群馬県はすでに病院に提供して備蓄がなくなったということです。


医療関係者こそ、最優先でマスクが必要な方々ではないでしょうか?

最優先されるところではなく、人気取りのために、22億8500万円もかける必要があるのでしょうか?

そして、メルカリなどで見られる転売ヤー対策は後回しになっています。

はっきりいって、北見市と中富良野町の住民の方々には申し訳ありませんが、

費用対効果に見合わない愚策だと思います。

一般の方のマスクは、はっきりいえば、「気休め」程度のものなのですから・・・

(実際に咳が出ている人には必要ですけど・・・)

 

既に、台湾などでは、効果的なマスク配布方法が実施されています。

そういうのを抜きで、思い付きばかりで国のお金を浪費しているのはいかがなものでしょうか?

#感染研には手を出すな!~最強の「検査」を求めて?

640

 

NHK総合で、2020年1月から放映されている、

『映像研には手を出すな!』。

とても好きな作品です。

「最強の世界(映像)」を創り出そうとする若きクリエイターたちの物語です。

 

映像研には手を出すな! (1) (ビッグコミックス)

 

今回はアニメ話ではなく、同じ「〇〇研」でも、

今話題の「感染研」の方です。

(「映像研」ファンの皆様、ゴメンナサイ・・・)

 

かねてから、日本の新型コロナの検査数が、あまりにも少なく、

しかもあまりにもハードル高く、

(実質、武漢帰りか、重篤な状態にあるか、濃厚接触者認定か、そのぐらいでないと、

医師が依頼しても、検査できないという、「そんなバカな!?」状態なのは事実でした。)

それはどうしてなのか、と誰もが思っていました。

(お隣の韓国では、1日1万件以上、ドライブスルー検査まであると報道されていますから!)

そんな時に、国会での質問が日刊ゲンダイに取り上げられたり、

テレビで告発する教授まで現れたので、

慌てて感染研が声明発表しました。

 

元ネタ→厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害” 公開日: 更新日:

関連ネタ→少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳 公開日: 更新日:

感染研による反論→「検査妨害」報道は誤認、感染研が声明…「発言趣旨誤解された」 2020/03/02 19:40(読売新聞)

感染研所長がキレた!PCR検査を巡る非難報道に猛反論(アゴラ)

 

とにかく、1日3800件検査できる、と厚労相答弁があったにも関わらず、

せいぜい500~1000件しか検査していない、という実態があるのです。

そこには、国民の命を犠牲にしてでも、五輪開催を成し遂げたい、という思惑があるはずです。

黒幕はどこかは、今は問わないとしても・・・

 

ここで、どうしてそんなに少ない検査数に制限するのだろう?

と考えていたところ、ついつい、「映像研」と「感染研」を重ねてしまいました・・・

 

(ここからはパロディです。もしかするとフィクションです?)

最強の「検査」(と利権)を守るため、

感染研は、「民間なんかに任せてられない(俺たちの研究費を奪うな!)」と、

下請けになりえる民間会社には任せず、自前の検査に日夜こだわります!

とことん「質」と「日本」にこだわります!

(そんなに検査能力はないけど・・・)

だから・・・

感染研には手を出すな!(記者クラブ出禁にするぞ!)

 

(ここから通常モードで)

感染症部会「感染研が検査会社に墜ちている」との指摘も 「肺炎なのにPCR検査ができなかった」など不満も多々 2020年2月19日 高橋直純(m3.com編集部)(医療維新)

→検査の実施状況 地域によって大きな開き 新型コロナウイルス 

新型コロナウイルスの検査を受けたくても受けられないといったケースが相次ぎ、国は検査体制の拡充を図っていますが、検査を担っている研究所からは、質を保つのが難しいため、簡単には検査数を増やせないという声が出ています。

全国に83か所ある地方衛生研究所の1つ、川崎市健康安全研究所には新型コロナウイルスの疑いがある検体が連日、およそ20件届けられ、5人の専門の職員が交代で週末も検査にあたっています。

研究所では、検体が届けられると、職員が2人1組で、検体の番号などを記録したあと、二重扉で隔離し、室内の気圧を低く保って、ウイルスが漏れ出さないようにした特別な検査室に持ち込みます。

検体に試薬を入れて、ウイルスを抽出する作業は、新型コロナウイルス専用にしている検査室1室だけでしかできません。続いて、遺伝子の断片を大量に増やして検出する「リアルタイムPCR」と呼ばれる装置に入れて分析しますが、全体の検査の過程でおよそ5時間かかるということです。

研究所では最大で1日40の検体を検査できますが、となりあった穴に少しでも液が混入すると結果を誤るおそれがあるため、穴を1つずつ空けて液を入れることにしていて、実際に検査できるのは半数の20件程度だということです。

川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は、「限られたスタッフで、休みなく検査をしている状況だ。検査の正確性や安全性が損なわれるリスクがあり、簡単に数を増やすことは難しい」と話しています。

 

このNHKのニュース記事、すっかりNHKも厚労省に忖度しちゃっています。

中国や韓国、イタリアなどのやり方よりも、やたら手間暇かけています、

という感じですが、それでも陰性・陽性の判断がつかないケースが、

ダイヤモンド・プリンセス号の件で既に明らかになっているのだから、

正確性という質の担保よりも、量で勝負の迅速性を求めるべきではないでしょうか。

新型コロナ感染、検査体制に懸念の声-能力不足で実態つかめず 黄恂恂、延広絵美、竹沢紫帆、Isabel Reynolds 

 

一応、こういう記事を見つけましたので、紹介しておきます。

[新型肺炎FactCheck] 「スイス製検査キットを日本政府は頑なに導入しない」は誤り

 

能力がないなら、能力があるところにさっさと任せる。

重篤になってからようやく検査、治療では遅すぎるのです!

サンデーモーニングで国立感染症研究所の闇を問題提起 2020年3月1日

国民を見捨てる政府、韓国よりも低いPCR検査、厚生労働省の利権。 2020年2月26日 

(いずれもBookservice.JP -Rinkaku-

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHK おすすめサイト お知らせ らららクラシック アニメ・コミック カトリック的作品 クラシック音楽・エルガー クラシック音楽・ガーシュウィン クラシック音楽・サン=サーンス クラシック音楽・シベリウス クラシック音楽・シュトラウス(R) クラシック音楽・シューベルト クラシック音楽・シューマン クラシック音楽・ショスタコーヴィチ クラシック音楽・ショパン クラシック音楽・チャイコフスキー クラシック音楽・ドビュッシー クラシック音楽・ドヴォルザーク クラシック音楽・バッハ(J・S) クラシック音楽・フォーレ クラシック音楽・フランク クラシック音楽・ブラームス クラシック音楽・ブルックナー クラシック音楽・プロコフィエフ クラシック音楽・ヘンデル クラシック音楽・ベートーヴェン クラシック音楽・マーラー クラシック音楽・モーツァルト クラシック音楽・レスピーギ クラシック音楽:ラヴェル クローズアップ現代 グルメ・クッキング スポーツ ニュース 世界名作劇場 主の祈り 名曲探偵アマデウス 季節の話題 教会学校関係 教育 文化・芸術 新約の歌 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 旧約の歌(詩篇以外) 映画・テレビ 書籍・雑誌 短歌・川柳・俳句 立ち読み日記 経済・政治・国際 聖なる言葉 自作曲・楽譜 詩篇(詩篇117以外) 詩篇117 詩篇23シリーズ 音楽

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

カテゴリー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ