カテゴリー「クラシック音楽・リムスキー=コルサコフ」の1件の記事

2021年12月12日 (日)

リムスキー=コルサコフ:交響組曲《シェエラザード》おすすめ5盤

リムスキー=コルサコフの交響組曲《シェエラザード》。

有名な曲ですが、実のところ、

つい最近まで、好きではありませんでした。

R・シュトラウスの交響詩と同様、音楽で物語を紡ぐ、というのが、

どうも苦手だからです。

歌付きの曲や、映画音楽の類を除いて、

音楽は、何かを描写するのではなく、聴き手の自由な想像に委ねる方が好きです。

そういう意味で、《シェエラザード》のような物語付きの作品は、

敬遠していました。

(今では、R・シュトラウスの交響詩も、ある程度好きになりましたが・・・

少し年をとったから、許容範囲が広くなったのでしょうね。)

何年か前、1度何盤か集めて聴いてみようとしたのですが、

結局、たいして聴かないで、売り飛ばしてしまいました。

 

そんな私が、《シェエラザード》を好きになったきっかけは・・・

たまたま、家に残っていた最後の《シェエラザード》、

フリッツ・ライナー指揮シカゴ響のSACDで、

カップリングの「ナイチンゲールの歌」ってどんな作品だったかを確認するために聴きました。

ついでだから、《シェエラザード》も聴いてみよう、ということになりました。

すると・・・

壮絶な音響に圧倒されてしまいました!!!

それから、「これはスゴイ作品だ!」ということで、

あっと言う間に、さらに8盤集めて、現在9盤所有となりました。

今回は、その全盤を紹介しますが、9盤のうち、おすすめは5盤です。

 

曲の構成は、以下の通りです。

CDによって、第〇楽章となっていたり、第〇曲となっていたりします。

第1楽章(第1曲):海とシンドバッドの船

第2楽章(第2曲):カランダール王子の物語

第3楽章(第3曲):若い王子と王女

第4楽章(第4曲):バグダッドの祭り。海。船は青銅の騎士のある岩で難破。終曲。

便宜上、以下では、第〇曲・・・で表記します。

 

まずは低評価(おすすめなし)から。

 

〇サー・トーマス・ビーチャム指揮

ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(WARNER※タワレコ限定)

ヴァイオリン独奏:スティーヴン・スターリク

1957年3月録音

SACDハイブリッド盤

 

リムスキー=コルサコフ: シェエラザード、ボロディン: だったん人の踊り<タワーレコード限定>

4943674345489

☆3.0

第1曲 10:02

第2曲 12:01

第3曲 10:41

第4曲 12:55

 

標準的な演奏。

 

〇シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団(DECCA)

ヴァイオリン独奏:リチャード・ロバーツ

1983年5月録音

通常CD

 

R=コルサコフ:交響組曲《シェエラザード》、スペイン奇想曲 (SHM-CD)

R=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」、スペイン奇想曲

 

☆3.0

第1曲 10:32

第2曲 11:31

第3曲 10:33

第4曲 12:24

 

繊細な演奏ですが、音圧が弱いのが残念です。

淡い水彩画のような印象・・・

 

〇キリル・コンドラシン指揮

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(DECCA※タワレコ限定)

ヴァイオリン独奏:ヘルマン・クレバース

1979年6月録音

SACDハイブリッド盤

 

リムスキー・コルサコフ: 交響組曲「シェエラザード」; チャイコフスキー: ピアノ協奏曲第1番<タワーレコード限定>

 

☆3.0

第1曲 10:10

第2曲 12:09

第3曲 09:36

第4曲 12:31

 

名盤として知られていますが、音圧が弱いのが残念でした。

 

〇ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ指揮

パリ管弦楽団(WARNER※タワレコ限定)

ヴァイオリン独奏:ルーベン・ヨルダノフ

1974年7月録音

SACDハイブリッド盤

 

リムスキー=コルサコフ: シェエラザード, スペイン奇想曲; ムソルグスキー: はげ山の一夜; グリンカ: 「ルスランとリュドミラ」序曲<タワーレコード限定>

 

☆3.5

第1曲 11:27

第2曲 12:54

第3曲 10:28

第4曲 12:55

 

宇野センセイ推薦の、重量級の演奏。

後述の演奏群と比べると、超厚塗りの油彩か、

マジックで描いたような絵のような感じです。

実はこの盤、1度買って聴いたのですが、

全然ピンと来ないので、売却の憂き目にあいました。

今回改めて買いなおして聴いてみることになりました。

相当この曲を聴いた上で、この演奏を聴いてみると、

それなりの価値を感じることができますが、

やはりそれほどオススメできる盤ではないな、というのが実感です。

ただし、やりすぎ系(後述のストコフスキー盤など)が好きなら、

揃えておいて損はないと思います。

 

さて、ここからはオススメ盤の紹介です。

(=☆4.0以上)

 

〇レオポルド・ストコフスキー指揮ロンドン交響楽団(DECCA)

独奏ヴァイオリン:エーリヒ・グルーエンバーグ

1964年9月録音

通常CD

 

 

☆4.0

第1曲 10:03

第2曲 11:40

第3曲 11:52

第4曲 12:06

 

ロストロポーヴィチと同じくやりすぎ系の代表的な演奏ですが、

こちらは成功した例といえます。

ロストロポーヴィチ盤はくどさを感じますが、

こちらはそういうのを感じさせないのがプラスです。

 

〇ズデニェク・マーツァル指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(EXTON)

ヴァイオリン独奏:ボフミル・コトメル

2005年4月録音

SACDハイブリッド盤

 

リムスキー=コルサコフ:「シェエラザード」ムソルグスキー:「展覧会の絵」

 

☆4.0

第1曲 09:55

第2曲 12:09

第3曲 11:26

第4曲 12:50

 

繊細な演奏で、絵画に例えると、

緻密な色鉛筆画のようです。

繊細さを求めるのなら、この演奏はオススメです。

録音優秀です。

 

〇カラヤン指揮ベルリン・フィル(DG)

ヴァイオリン独奏:ミシェル・シュヴァルベ

1967年1月録音

通常CD

 

R.コルサコフ:シェエラザード、他

 

☆4.0

第1曲 10:01

第2曲 12:51

第3曲 10:41

第4曲 12:56

 

マーツァル盤と同じく、緻密な演奏でありながら、

ここぞ!というところの迫力は素晴らしいです。

特筆すべきは、シュヴァルベのヴァイオリンソロです。

全9盤のうち、最も優美です。

カラヤンはこの曲をコンサートで取り上げることなく、

この録音以外は指揮しなかったそうですが・・・

これはSACD化を望みたい盤です。

 

〇フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団(BMG)

ヴァイオリン独奏:シドニー・ハース

1960年2月録音

SACDハイブリッド盤

 

Scheherazade / Song of the Nightingale (Hybr)

 

 

☆4.0

第1曲 09:06

第2曲 11:35

第3曲 12:02

第4曲 11:47

 

私が《シェエラザード》を好きになったきっかけの盤です。

1960年録音なのに、とにかく音響がスゴイ!!!

音の迫力では、この盤が断トツでしょう。

迫力ある油彩画のようです。

 

〇ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団(DECCA)

ヴァイオリン独奏:セルゲイ・レヴィーチン

2001年11月録音

通常CD

 

リムスキー=コルサコフ: 交響組曲《シェエラザード》(SHM-CD)

 

☆4.5

第1曲 10:27

第2曲 12:31

第3曲 10:55

第4曲 12:13

 

トータルと、入手しやすさを考慮すると、

この盤がファースト・チョイスと言えます。

惜しむらくは通常CDだ、ということぐらいですが、

SACDに劣らぬ迫力の音響を楽しめます。

繊細さとダイナミックさを合わせもつところが素晴らしいです。

その他のカテゴリー

NHK おすすめサイト お知らせ らららクラシック アニメ・コミック カトリック的作品 クラシック音楽・エルガー クラシック音楽・ガーシュウィン クラシック音楽・グリーグ クラシック音楽・サン=サーンス クラシック音楽・シベリウス クラシック音楽・シュトラウス(R) クラシック音楽・シューベルト クラシック音楽・シューマン クラシック音楽・ショスタコーヴィチ クラシック音楽・ショパン クラシック音楽・チャイコフスキー クラシック音楽・ドビュッシー クラシック音楽・ドヴォルザーク クラシック音楽・バッハ(J・S) クラシック音楽・フォーレ クラシック音楽・フランク クラシック音楽・ブラームス クラシック音楽・ブルックナー クラシック音楽・プロコフィエフ クラシック音楽・ヘンデル クラシック音楽・ベートーヴェン クラシック音楽・マーラー クラシック音楽・メンデルスゾーン クラシック音楽・モーツァルト クラシック音楽・リムスキー=コルサコフ クラシック音楽・レスピーギ クラシック音楽・ヴィヴァルディ クラシック音楽:ラヴェル クローズアップ現代 グルメ・クッキング スポーツ ツイッター ニュース 世界名作劇場 主の祈り 名曲探偵アマデウス 季節の話題 教会学校関係 教育 文化・芸術 新約の歌 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 旧約の歌(詩篇以外) 映画・テレビ 書籍・雑誌 短歌・川柳・俳句 立ち読み日記 経済・政治・国際 聖なる言葉 自作曲・楽譜 詩篇(詩篇117以外) 詩篇117 詩篇23シリーズ 音楽

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ