カテゴリー「季節の話題」の186件の記事

2022年5月 1日 (日)

2022年4月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧

Img_20220430_144521

Img_20220430_145605

 

2022年4月のページビュー(PV)数ベスト10記事は以下のとおりです:

(※トップページ及びカテゴリを除く)

ベスト3までと、先月書いた記事(があれば)にはリンクを張っています。

 

一位.「カトリック」か「カソリック」か?~誤用に潜む軽蔑と無知

二位.「ポリアンナ症候群」と「ポリアンナ効果」~あるスポーツニュースから

三位.NNNドキュメント’13

「口は悪いが腕はいい…自閉症の子を救う男わが子に起きた奇跡」(2013年2月18日放送)

四位.宗論はどちら負けても釈迦の恥~街角で一般人を巻き込む宗教論争の愚

五位.マーラー:交響曲第7番聴き比べ14種類

六位.マーラー:交響曲「大地の歌」名盤追加3盤

七位.ブラームス:二重協奏曲(Double Concerto)聴き比べ7盤

八位.シューマンのピアノ協奏曲イ短調Op.54聴き比べ〜本命はグリモー旧盤とリパッティ盤・・・

九位.SACDとBlu-ray Audio、どちらが優れているか?〜音響、価格、将来性・・・

十位.友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。

(ヨハネ15:13)~あるカトリック神父の、愛ゆえの死

 

先月の記事数は、4本。

ランクインは当然0本でした。

一位の記事は返り咲き。

 

ちなみに、

最近は言論・主張をツイッターで行っています。

2022年5月1日現在、ツイート数約18.7万、

フォロワー数4987となっています。

前回(4月2日)の記事から、なんと133人もフォロワー様が増えています。

感謝!

(フォロー数はかなり減らしています)

 

当記事の3枚の写真は、

昨日(2022年4月30日)訪れた小樽で撮影したものです。

桜が満開の幸せな春をようやく迎えることができました!

今月もご愛読よろしくお願いいたします。

皆様に祝福と平安が豊かにありますように・・・

Img_20220430_153827

2022年4月30日 (土)

手宮公園の桜と花々(2022.4.30)

Img_20220430_134215

妻と一緒に、列車で小樽へ行きました。

今回の目的は、欲張らずに、手宮公園の桜を愛でることでした。

朝9時50分の普通列車で、札幌駅を出発しました。

着いてすぐに、小樽の寿司の名店、「おたる千成」へ予約の電話を入れ、

すぐさまバスで「手宮」まで行って下車しました。

ちょうど11時の開店と同時に入店となりました。

久しぶりの「おたる千成」。

小樽でランチといえば、ここか、「庄坊番屋」くらいしか行きません。

じっくり味わっていただきました。

写真は2500円の「宗谷」コース。

Img_20220430_111742

店を出てすぐのところに、たまたまお餅屋さんを見つけました。

Img_20220430_114937

開福餅」という、地元の人に人気の店なようです。

ここで、こしあんの「しそ大福」と「草大福」を買いました。

あとで、手宮公園でいただきました。

しそ大福は柔らかくて絶品でした!

 

さて、「おたる千成」及び「開福餅」から、手宮公園はすぐ近くです。

その近くになったマックスバリュで飲み物を買いました。

そこの駐車場は、「小樽総合博物館」に面しているので、

敷地内の様子がよく見えました。

Img_20220430_115745

いよいよ手宮公園へ!

階段を登ってすぐに、もう満開の桜と美しい青空が広がっていました。

Img_20220430_135737

普段通る道は車で混雑していたので、

道なき丘を登っていくと、陸上競技場がありました。

そこを抜けると、手宮公園に通じていました。

手宮公園は絶景に次ぐ絶景!

今日だけで合わせて200枚くらい写真を撮ってしまいました・・・

 

Img_20220430_140243

Img_20220430_132615

Img_20220430_130708

Img_20220430_125307

Img_20220430_133836

 

手宮公園で、お餅とお茶をいただいたので、

ようやく本格的な花見ができました。

2~3時間滞在しました。

帰りは、手宮公園から小樽運河経由で小樽駅まで歩いて帰りました。

途中、「アルチザン」というカフェで休憩。

小樽からは、17時発の快速エアポートで札幌に戻りました。

本当に、素晴らしい1日でした!

神様に感謝!

 

以下はツイッター投稿のもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年4月24日 (日)

真駒内公園で春の花探し(2022年4月24日)

Img_20220424_132215

妻と一緒に、札幌市南区の真駒内公園へ行き、

写真をたくさん撮りながら2時間近く散策しました。

桜は満開ではありませんでしたが、咲き始めていました。

コブシ、カタクリ、エゾエンゴサク、福寿草、ツツジなどの花々がたくさん咲いていました。

たぶん、4月末~5月上旬に、桜とカタクリは満開を迎えることでしょう。

水芭蕉と福寿草はたぶん終わりでしょうか・・・

幸せな日曜日となりました。

Img_20220424_134742

Img_20220424_135853

Img_20220424_141520

Img_20220424_144630

Img_20220424_144710

Img_20220424_144644

Img_20220424_141257

Img_20220424_153434

 

 

2022年4月17日 (日)

十数年ぶりに豊平公園再訪(2022.4.16)

札幌市豊平区にある、豊平公園

以前、この近辺に短期間住んでいたことがあるので、

その時は何度も行ったことがありますが、

地下鉄で簡単に行ける割には、最近は全然行っていませんでした。

地下鉄東豊線の豊平公園駅で下車して、1番出口すぐに、

もう公園は広がっていました。

温室の位置が、全然違っていました。

HPで調べてみると、2012年9月に今の温室になった、とのこと。

ということは、少なくとも2011年頃から全然、

豊平公園に行っていなかったのだな、と思いました。

 

一面のクロッカス、咲き始めたエゾエンゴサクとカタクリ、

温室の花など、たくさん写真を撮って楽しみました。

特にクロッカス!

公園に行った後に、近くの宮田屋珈琲豊平店にも十数年ぶりに行きました。

フードメニューが充実していました。

また行ってみたいなぁ・・・

 

温室にて

Img_20220416_151642

Img_20220416_152230

Img_20220416_151939

Img_20220416_151455

Img_20220416_151516

戸外にて

Img_20220416_154425

Img_20220416_154616

Img_20220416_154232

Img_20220416_154142

Img_20220416_152741

 

 

2022年4月 2日 (土)

2022年3月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧

Img_20220330_122154_1

 

2022年3月のページビュー(PV)数ベスト10記事は以下のとおりです:

(※トップページ及びカテゴリを除く)

ベスト3までと、先月書いた記事(があれば)にはリンクを張っています。

 

一位.サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン」聴き比べ5種

二位.「カトリック」か「カソリック」か?~誤用に潜む軽蔑と無知

三位.友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。

(ヨハネ15:13)~あるカトリック神父の、愛ゆえの死

四位.エルガー・エニグマ変奏曲op.36聴き比べ4盤

五位.SACDとBlu-ray Audio、どちらが優れているか?〜音響、価格、将来性・・・

六位.マーラー:交響曲第7番聴き比べ14種類

七位.マーラー:交響曲「大地の歌」名盤追加3盤

八位.劇場版「フランダースの犬」とテレビ版「フランダースの犬」~軍配は劇場版の方!

九位.グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調op.16 聴き比べ7盤

十位.ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第2番聴き比べ3盤〜圧倒的なGiltburg盤!

 

先月の記事数は、1本。

ほぼ休眠状態でした・・・

ランクインは当然0本でした。

1位が意外な記事。

リンク先も消えているような記事になってしまっていてゴメンナサイ・・・

音楽関係がよく読まれていました。

 

ちなみに、

最近は言論・主張をツイッターで行っています。

2022年4月2日現在、ツイート数約18.1万、

フォロワー数4854となっています。

前回(3月1日)の記事から、なんと164人もフォロワー様が増えています。

感謝!

(フォロー数はかなり減らしています)

 

札幌にもようやく春の訪れ。

今月もご愛読よろしくお願いいたします。

皆様に祝福と平安が豊かにありますように・・・

Img_20220330_122130

2022年1月13日 (木)

グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲2盤~ユリア・フィッシャー盤とハイフェッツ盤

グラズノフ(1865~1936)のヴァイオリン協奏曲。

第1楽章冒頭こそ、形が定まらないカオス的な響きがしますが、

その後、純白の世界が広がっていきます。

冬になると聴きたくなる、とてもロマンティックで美しい曲です。

 

以前、この曲の美しさに惚れて、いろいろな盤を買ってみましたが、

(ヴェンゲーロフ盤、パールマン盤、ムター盤など・・・)

結局、手元に残っているのは、他の曲のカップリングで生き残った、

ユリア・フィッシャー盤と、ハイフェッツ盤だけでした(後述)。

どちらの演奏も素晴らしいですが、どちらか選べと言われたら、

ユリア・フィッシャー盤の方を選びます。

 

〇ヤッシャ・ハイフェッツ(Vn)、

ワルター・ヘンドル指揮RCAビクター交響楽団(RCA)

1963年6月録音

SACDハイブリッド盤(3chマルチチャンネル)

カップリング曲

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番

☆4.0

録音優秀。ロシアというよりはアメリカ的ですが、

美しい白銀の世界が広がります。

 

シベリウス、プロコフィエフ&グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲

※SACDハイブリッド盤は廃盤なので、通常CDの紹介です。

所有盤のジャケット。

 

〇ユリア・フィッシャー(Vn)、

ヤコフ・クライツベルク指揮ロシア・ナショナル管弦楽団(PENTATONE)

2004年5月録音

SACDハイブリッド盤(5chマルチチャンネル)

カップリング曲

ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲、プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番

☆4.5

理想的な演奏と録音と言えます。

雪の世界がキラキラ輝いて見える・・・

そんな風景を思い描くことができます。

 

Russian Violin Concertos

所有盤のジャケット。

このジャケットは廃盤です。

上記の写真に変わっていますが、中身は同一です。

 

ちなみに、2022年1月12日の朝一番で頭に思い浮かんだのが、

この曲の第3楽章のファンファーレのところでした。

 

2022年1月12日 (水)

大雪の札幌、雪景色(2022年1月12日)

2022年1月11日~12日に、湿った大雪が全道各地で降りました。

朝起きて窓の外を見ると、まるで蔵王の樹氷みたいな光景がひろがっていたのと、

それにも関わらず、きちんと道路が除雪されていたことに感動しました。

 

日中に、札幌市南区の真駒内駅周辺を歩きました。

あちこちに、滅多に見られない雪の驚くべき光景がひろがっており、

とても美しくて感動しました。

除雪している人にとっては大変ですが、

ただ見て通り過ぎる分には、とても美しい光景でした。

感謝!

なお、あちこちで、雪の重みで枝が折れていました。

枝を回収するトラックが出ていたほど・・・

 

真駒内駅を出るとすぐ目につくのが、

1972年の札幌五輪の時に建てられた選手村を利用した団地。

近未来的な雰囲気です。

Img_20220112_143808

Img_20220112_143130

雪があたかも桜が満開の時のように、

枝についているところから、

「桜雪のトンネル」と命名してみました。

Img_20220112_124342

 

 

Img_20220112_125202

エドウィン・ダン記念公園のあたりです。

Img_20220112_125358

Img_20220112_125353

Img_20220112_141520

厳冬の真駒内川。

厳しくも美しい。

あるいは、峻厳な美しさ・・・

Img_20220112_125558

2022年1月 5日 (水)

道東旅行記2021年12月30日~2022年1月3日(帯広市、釧路市、鶴居村)

妻と一緒に、年末年始を道東で過ごすことにしました。

メインは、道東の釧路市滞在です。

レンタカーを借りて、4泊5日の旅。

2021年12月30日は、帯広で1泊。

2021年12月31日~2022年1月2日は、釧路で2泊3日。

2022年1月2日は、帯広で1泊。

本来なら、車でまっすぐ目的地の釧路市まで行けばいいのですが、

冬の道路事情を考え、上記の日程としました。

行きは、雪で困ることはありませんでした。

帯広からの帰りは、雪や凍結で運転が難しいところがありましたが、

旭川~札幌のような交通マヒまでは成りませんでした。

 

今回は、CDを12枚も持っていったのですが、

もっぱら、賛美の歌のCDと、ヘンデルのメサイア抜粋版と、

たまにグールドによるバッハのゴルトベルク変奏曲を聴いていました。

 

ヘンデル:メサイア(ハイライト) [Import]

※現在廃盤。

全曲版はまだ現役。

全曲盤

さて、1日目から。

札幌を11時頃出発して、途中由仁PAで休憩しましたが、

まっすぐ帯広へ向かいました。

15時前には、帯広中心部に到着しました。

泊まった宿は、六花亭本店にすぐ近くのところでした。

(2人で1部屋5000円程度でした。)

朝食付きプラン。

着いて早々、六花亭本店でおやつをいただきました。

 

泊まった場所が、札幌で言えばススキノみたいな飲み屋街にあたるところだったのと、

おそらくこの年末年始に、帯広へ帰省する若者が多いから、同窓会を開いていたのか、

夜中や早朝まで、酔った人たちの大声が何度も聞こえてきました・・・

 

晩御飯を食べるところを車で探していると(当初、「美珍楼」の本店で、と思っていたのですが、

まさかの閉店・・・仕方なく、「美珍楼 西店」へ行ってみると、年末年始の休業・・・)、

ばんえい競馬のライトアップがキレイだったので、駐車して中へ行ってみました。

なんと、ちょうどレースをやっているところでした!

馬券は買いませんでしたが、何年かぶりで、ばんばレースを見ることができました。

Img_20211230_181136

Img_20211230_180552

 

帯広での夕食は、「食べログ」で「帯広 中華」で検索するとランキング1位だった、

春香楼」で食べました。

結構本格的な感じでした。

あまり食べないつもりだったのですが、

追加で「薬膳ラーメン」というのまで注文してしまいました。

この店は機会があればまた行ってみたいです。

Img_20211230_190250

 

帯広の朝。

ホテルからの夜明けと、帯広駅前のオブジェ。

Img_20211231_062652

Img_20211231_090337

 

さて、12月31日。

帯広から釧路へ向かいました。

帯広~釧路はずっと天気に恵まれました。

 

31日の釧路では、春採湖畔からの2021年最後の日没を見ることができました。

14時すぎから、雪が降ってきたので、今回は夕陽を眺めるのは無理かと思いましたが、

奇跡的に、15時半ころから光が射し始め、夕陽を見ることができました。

Img_20211231_153326 

春採湖畔の絶景ポイント、釧路市立博物館横の駐車場は、

なぜかカラスが大量にいました。さながらカラスの楽園・・・

それでも、襲い掛かってくることもなく、なんとか平和に過ごせました(笑)

 

Img_20211231_154922

Img_20211231_154612

Img_20211231_154042

Img_20211231_154915

Img_20211231_155322

12月31日の夜は、N響の第9と、テレビ東京の東急ジルベスターコンサートを視聴して、

年越しをしました。

泊まったのは、幣舞橋のすぐ近く、

釧路センチュリーキャッスルホテルでした。

温泉や大浴場こそありませんが、とてもステキなホテルでした。

また利用したいと強く思いました。

今回は朝食付きのプランでした。

朝食はコース+一部バイキングでした。

とてもおいしかったです!!!

私は車を運転するので飲めませんでしたが、

スパークリングワインまでサービス(追加料金なし)がありました!

 

1月1日の朝。初日の出を見るために、

車で千代ノ浦海岸(ホテルから車で5分程度)に行ってみましたが、

方角的に見ることができず、

急遽、再び春採湖畔のあの駐車場へ向かいました。

初日の出を見ることができました。

Img_20220101_070649

Img_20220101_071041

 

1月1日の日中には、鶴居村へ行きました。

午後からだったので、鶴は数が少なめでした。

鶴居・伊藤サンクチュアリはそれなりにいましたが、

鶴見台は、2羽しかおらず、しかも飛んでいってしまいました。

真冬で、鶴がいない鶴見台というのは、初めて見ました・・・

少しあきらめきれなかったので、真冬の早朝の撮影スポットとして知られる、

音羽橋へ行きました。

早朝ではなく、日没間近だったので、それほど人も鶴もいませんでした。

(翌日のNHKの全国ニュースで、早朝の様子が放映されていました。)

新年に朝日受け羽ばたくタンチョウ 愛好家ら撮影 北海道鶴居村

 

1月1日の夜は、恒例の、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートを観た後、

幣舞橋付近を散歩しました。

夜景がとても美しかったです。

Img_20211231_214508

Img_20220101_220323

 

1月2日の早朝。初日の出ではないですが、

幣舞橋付近で朝日を見るため、

早朝6時50分ぐらいから散歩しました。

1月1日の時は、幣舞橋から初日の出を見ようとする観光客がちらほらいたのですが、

1月2日になると、人もいないし、車もほとんど来ないような閑散とした感じでした。

(幣舞橋から釧路駅の方まで見渡しても、車も人もほとんどいない状況・・・)

その代わり、美しい景色を独占して観ることができました。

Img_20220102_070103

Img_20220102_070431

 

1月2日は、午後から帯広へ向かいました。

日没前に、市内に着くのは、車での道東旅行では必須だと思います。

なぜかというと、野生動物の飛び出しが頻繁だからです。

冬なら、凍結も考えると、やはり目視がよく効く間の移動が無難です。

 

1月2日の午後7時頃、中心街を歩いていると、

花火の音だけが聞こえました。

ばんえい競馬場で10分間程度、花火大会をやっていたようです。

「ばんえい花火」予告なく大輪 最終レース後に初開催

 

1月3日の朝、帯広は晴れていましたが、

そこから先は吹雪や凍結が待っていました・・・

下の写真は十勝平原SAにて。

強風が吹き荒れていました・・・

Img_20220103_101655

帯広を9時半頃出発し、カーナビの札幌到着予定時刻は、

当初12時半頃でしたが、順調に遅れて(笑)、

札幌市中央区付近に到着したのは、午後2時過ぎでした。

それでも、無事に帰ってくることができて、感謝、感謝のすばらしい旅でした!

総走行距離は、886Km。

神様に感謝!

2022年1月 4日 (火)

2021年12月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 ※謹賀新年2022

1641088951446

鶴居村にて

 

謹賀新年2022

新年あけましておめでとうございます。

今年もご愛読よろしくお願いいたします。

 

さて、2021年12月のページビュー(PV)数ベスト10記事は以下のとおりです:

(※トップページ及びカテゴリを除く)

ベスト3までと、先月書いた記事(があれば)にはリンクを張っています。

 

一位.「カトリック」か「カソリック」か?~誤用に潜む軽蔑と無知

二位.アンパンマンとイエス・キリスト

〜友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。(ヨハネ15:13)

三位.無いものねだり~NHK・「シャキーン!」の「お星さまは知っている」から考える

四位.NHKBSプレミアム・旅のチカラ「宇津井健80歳 馬上人生を過ぐ」(2011年11月22日放送)

五位.SACDとBlu-ray Audio、どちらが優れているか?〜音響、価格、将来性・・・

六位.ブラームス:交響曲第1番聴き比べ12種〜カラヤン盤5種を中心に・・・

七位.マーラー:交響曲第7番聴き比べ14種類

八位.NHKBS1・BS1スペシャル

「憎しみとゆるし~マニラ市街戦 その後~」(2014年8月29日放送)

九位.劇場版「フランダースの犬」とテレビ版「フランダースの犬」~軍配は劇場版の方!

十位.クリスマスの讃美歌 The snow lay on the ground/雪はつもり(讃美歌第二編127)

※私訳とmidi付

 

先月の記事数は、5本。

ランクインは0でした。

1位~3位の記事はかなり昔の記事です。

 

ちなみに、

最近は言論・主張をツイッターで行っています。

2022年1月4日現在、ツイート数約16.1万、

フォロワー数3505となっています。

前回(12月1日)の記事から、なんと550人もフォロワー様が増えています。

8月15日以降の加速度的フォロワー様増が今も続いています。

感謝!

 

札幌は大雪の中・・・

今年も、今月も、ご愛読よろしくお願いいたします。

皆様に祝福と平安が豊かにありますように・・・

Img_20220101_070706

釧路市にて初日の出。2022年1月1日午前7時10分頃。

2021年12月19日 (日)

中島公園の冬景色(2021年12月19日)

妻と一緒に、札幌市中央区の中島公園へ散歩に行きました。

中島公園の池が凍りついていました。

それにしても、雪景色はキレイですね・・・

 

Img_20211219_143047

Img_20211219_142126

Img_20211219_142204

Img_20211219_142606

Img_20211219_141207

Img_20211219_141458

Img_20211219_143727

Img_20211219_154610

Img_20211219_154714

Img_20211219_141814

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHK おすすめサイト お知らせ らららクラシック アニメ・コミック カトリック的作品 クラシック音楽・エルガー クラシック音楽・ガーシュウィン クラシック音楽・サン=サーンス クラシック音楽・シベリウス クラシック音楽・シュトラウス(R) クラシック音楽・シューベルト クラシック音楽・シューマン クラシック音楽・ショスタコーヴィチ クラシック音楽・ショパン クラシック音楽・チャイコフスキー クラシック音楽・ドビュッシー クラシック音楽・ドヴォルザーク クラシック音楽・バッハ(J・S) クラシック音楽・フォーレ クラシック音楽・フランク クラシック音楽・ブラームス クラシック音楽・ブルックナー クラシック音楽・プロコフィエフ クラシック音楽・ヘンデル クラシック音楽・ベートーヴェン クラシック音楽・マーラー クラシック音楽・メンデルスゾーン クラシック音楽・モーツァルト クラシック音楽・リムスキー=コルサコフ クラシック音楽・レスピーギ クラシック音楽・ヴィヴァルディ クラシック音楽:ラヴェル クローズアップ現代 グルメ・クッキング スポーツ ツイッター ニュース 世界名作劇場 主の祈り 名曲探偵アマデウス 季節の話題 教会学校関係 教育 文化・芸術 新約の歌 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 旧約の歌(詩篇以外) 映画・テレビ 書籍・雑誌 短歌・川柳・俳句 立ち読み日記 経済・政治・国際 聖なる言葉 自作曲・楽譜 詩篇(詩篇117以外) 詩篇117 詩篇23シリーズ 音楽

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ