カテゴリー「映画・テレビ」の969件の記事

2020年11月10日 (火)

映画「ボウリング・フォー・コロンバイン」(原題: Bowling for Columbine)~アメリカという狂気の国・・・

2020年11月9日に、NHKBSプレミアムで、

映画「ボウリング・フォー・コロンバイン」(原題: Bowling for Columbine)が放映されました。

録画して視聴しました。

有名な映画ですが、実は今回観るのが初めてでした。

録画して正解!

何度も一時停止ボタンを押し、時には妻と論じ合いながら、

2時間の映画を3時間ぐらいかけて視聴しました。

 

アメリカは銃社会。

まるでスーパーやコンビニでタバコを買うぐらいお手軽に、

銃と銃弾が買えてしまう・・・

この映画は2002年制作ですが、

残念ながら、もう少しで20年近くたっても、

状況はあまり変わっていないようですね。

 

いくつか強烈なシーンをあげるとしたら・・・

アメリカの海外への内政干渉及び戦争と、

そのバックで流れる”What a wonderful world”!

アメリカは、イランや北朝鮮などを「テロ支援国家」と名指しで非難していますが、

アメリカこそ世界最大・最悪の「テロ実行国家」なのでは?と痛感しました。

また、アニメを使っての、アメリカ建国からその当時の現代に至るまでの、

銃社会を強化する動きのところも実に痛烈でした!

(あと、ベートーヴェンの「第9」第4楽章の一部も、異化された形で使われていました。)

それと、銃乱射の原因では、と名指しで非難された、

マリリン・マンソンへのインタビューのところも心に残りました。

ある意味、目玉と言える、当時の全米ライフル協会会長、

チャールトン・ヘストンへの突撃インタビューよりも・・・

 

アメリカだけでなく、他国との比較、特にカナダとの比較も興味深かったです。

カナダも実は銃社会!アメリカ並みに銃は身近な存在のようです。

しかし、銃による死者はアメリカとは比べ物にならない・・・

では、アメリカとカナダやその他の国との違いとは?

そういう論点で、「銃から見えるアメリカ社会」を、

いろいろな角度で考えさせられる作品となりました。

 

 

2020年11月 9日 (月)

テレビ朝日系・テレメンタリー2020「介護崩壊 ~救えなかったクラスター~」(HTB制作)(2020年11月8日放送)

観ていて、辛く、悲しく、怒りをおぼえました。

こんな悲劇が、コロナ禍の札幌で起きていたなんて・・・

 

「水曜どうでしょう」で全国的に知られるようになった、

北海道のローカルTV局、HTBが制作した、

テレメンタリー2020「介護崩壊 ~救えなかったクラスター~」を観ました。

 

札幌市北区の介護老人保健施設「茨戸アカシアハイツ」で、

今年4月~5月に起きた、クラスター。

92人が感染、17人が亡くなるという大惨事。

なぜ、多くの人を救えなかったのか・・・

施設側の問題というより、札幌市の対応のマズさが浮き彫りにされていました。

どうして、感染者を施設内にとどめたままにしておいたのか?

施設内に医師がいる、といっても、

病気を治療するより、入居者を管理して専門の治療は外部で、

という感じの医師しかいないのに、

施設内にとどめられ、死を迎えてしまった入居者たち。

2~3月のイタリアのように、医療が完全崩壊しているわけではなかったのに、

病院搬送をしなかったのは行政の失態です。

遺族の方々は行政訴訟を起こさないのでしょうか・・・

 

本来は、諸外国の事例からもっと賢く学んで、

対応すべきだったのでしょうが、

日本は諸外国の取組などまったく無視の感じが、

未だに続いているのが残念です。

日本でも、クルーズ船の例とかあったのに、

そういう過去の失敗事例から学ぼうとしないのは、

とても愚かなことです。

 

未だに、PCR検査なんかするな、すればするほど陽性者が増えるからだ、

なんていう幼稚なツイートがあるのはとても残念です。

「健康診断なんてしたら、病気が見つかるじゃないか。

そうしたら、働けなくなる。

だから、健康診断反対!」

こんな論理と同じです。

 

日本独自の解決なんてありえません。それはただのゴマカシ、隠蔽です。

検査→隔離⇒治療。

検査はいつでも、だれでも、何度でも!

そして、休校や外出制限と、

それに対する行政による補償。

まだワクチンのない今現在、これしか決定的な対策はないのです!

 

2020年11月 8日 (日)

BSテレ東 エンター・ザ・ミュージック「シベリウス「交響曲第3番」」(2020年11月7日放送)

シベリウスの交響曲第3番。

私にとっては、シベリウスの交響曲の中で、

最も理解が遅かった作品です。

私の記事によると、ようやく理解ができて、

「ステキ!」と思えたのが、つい最近。

シベリウス:交響曲第3番Op.52聴き比べ(SACD&Blu-ray Audio編)

※2019年1月25日の記事。

 

それから約2年。

さらに聴き方が変わる体験がありました。

BSテレ東で2020年11月7日放送の、

「エンター・ザ・ミュージック」。

取り上げられたのは、そのシベリウスの交響曲第3番です。

演奏は、司会者の藤岡幸夫氏指揮による山形交響楽団

#山響ライブ(第285回定期演奏会代替公演)
日時:2020年8月6日
会場:山形テルサホール

(視聴には「カーテンコール」への無料登録が必要です。)
指揮者の藤岡幸夫氏の解説が、
今までの禁欲的で仙人みたいな印象のシベリウスのイメージを、
見事に打ち破ってくれました。
特に、第3楽章終盤のコラール風のテーマ。
その背景について、「なるほど!」と思わされました。
そこで、視聴後にこんなツイートをしてみました。

 

すると、なんと藤岡幸夫しから、嬉しい返信がありました!

 

 

二重のうれしさ!

 

この曲の名盤と言えば、

ベルグルントなどの北欧系の指揮者の盤をオススメするのでしょうが、

最近、バルビローリの指揮が好きなので、

こちらをオススメします。

 

シベリウス:交響曲第3番 第6番

 

私はタワレコの限定盤SACDハイブリッド盤で所有しています。

(現在廃盤・・・)

買っててよかった・・・

シベリウス: 交響曲全集(1-7番)、管弦楽曲集<タワーレコード限定>

2020年11月 3日 (火)

2020年10月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧

2020年10月のページビュー(PV)数ベスト10記事は以下のとおりです:

(※トップページ及びカテゴリを除く)

ベスト3までと、先月書いた記事(があれば)にはリンクを張っています。

 

一位.「カトリック」か「カソリック」か?~誤用に潜む軽蔑と無知

二位.SACDとBlu-ray Audio、どちらが優れているか?〜音響、価格、将来性・・・

三位.「学び合い学習」は日本の義務教育崩壊を招く!

~おすすめ記事『【解答乱麻】 TOSS代表・向山洋一 亡国の教育「学び合い学習」』

(MSN産経ニュース2012年11月24日掲載)

四位.レスピーギ:交響詩「ローマの松」(Pini di Roma)聴き比べ

五位.マーラー:交響曲第7番聴き比べ14種類

六位.プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番ト短調op.16聴き比べ5盤

七位.NHKBSプレミアム・伝説のコンサート“山口百恵 1980.10.5 日本武道館”(2020年10月3日放送)

八位.秋の百合が原公園(2020年10月11日)

九位.秋の日に、バルビローリ指揮VPOによる、ブラームスの交響曲第2番を聴く(附:秋の中島公園2020)

十位.映画「ピノキオ」に隠された神学~附:ヨナ書からの教会学校説教案

次点.『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』~極上の映像美と音楽!

 

先月の記事数は、ようやく九本・・・

それでも、3つの記事がランクインしました!

ちなみに、

最近は言論・主張をツイッターに移してしまっています。

2020年11月2日現在、ツイート数4.8万、フォロワー数539となっています。

あと、1位の記事、従来からトップ3の常連記事なのですが、

突然、とんでもない数のアクセスが来てしまいました・・・

(2位~4位までのアクセス数を足したものよりも多い!)

原因は何なのでしょうか・・・

 

札幌も、もう秋が終わり、日に日に冬が近づいてきています。

そして、新型コロナの不気味な足音も・・・

 

ところで、札幌市は東京都の7分の1の人口です。

(札幌市約197万人、東京都1398万人)

そして本日、2020年11月2日の新型コロナ感染者数は、

札幌市だけでも83人とのこと。

1か月の感染者前月の"3倍規模"…北海道過去最多96人 止まらない感染拡大 札幌40代以上も増加傾向

配信 北海道ニュースUHB)

ということは、東京の人口と比較換算してみると、

581人(感染者数×7で単純計算)となります・・・

札幌駅や大通駅など、人の出入りが激しいところは、

可能な限り避けるなど、自衛策しかない、と痛感しています。

(本来は、困っている市民を救うのが、政治の役目なのに、

日本の自民党政治家は、庶民を切り捨てています!)

自分でできることをしつつ、政治を変えていくしかない、と思う日々この頃です。

だからこそ、日々政治ツイートのRT、いいねをいっぱいやっています。

 

皆様に神様の祝福と平安が豊かにありますように。

今月もご愛読よろしくお願いいたします。

2020年11月 2日 (月)

晩秋の真駒内駅周辺と石山緑地(2020年11月1日)

2020年10月31日のお昼頃、ふとテレビを観ていると、

HBCテレビ(北海道のローカル局。TBS系)で、

ブラキタ」という番組を放送していました。

そこで、石山緑地について取り上げていました。

ぜひ行ってみたいな、と思い、11月1日の午後から、

妻と一緒に行ってみました。

行きは、真駒内駅から北海道中央バスに乗りました。

2番乗り場からスタート!

その前に・・・

真駒内駅周辺の紅葉が実に美しい!!!

思わず見とれる光景です。

イチョウ並木も、もしかすると先日訪れた北大よりも美しいのでは?

(規模は違いますが・・・)

Img_20201101_105237

Img_20201101_105044

バスで5分ぐらい。バス停「石山東3丁目」から徒歩数分。

いよいよ到着!

白樺と紅葉が待ち受けていました。

Img_20201101_142620

Img_20201101_143331

Img_20201101_143521

Img_20201101_142930

Img_20201101_142654

古代の遺跡みたいなところがステキでした。

写真撮影会みたいのをやっている方がいました。

Img_20201101_144515

Img_20201101_144457

Img_20201101_144209

Img_20201101_143932

Img_20201101_144118

Img_20201101_144356

Img_20201101_143617

Img_20201101_143525

ちょうど雨がぽつぽつ降ってきたところで、

石山緑地を後にしました。

帰りは、真駒内駅方面まで歩きました。

その前に・・・

花論珈琲茶房 柏丘店」にぶらっと立ち寄りました。

フレンチトーストと珈琲をいただきました。

Img_20201101_193439

また行ってみたいなぁ・・・

2020年10月 4日 (日)

NHKBSプレミアム・伝説のコンサート“山口百恵 1980.10.5 日本武道館”(2020年10月3日放送)

NHKBSプレミアムで、2020年10月3日に、

伝説のコンサート“山口百恵 1980.10.5 日本武道館”」が放送されました。

録画して、かなり早送りして観ました。

山口百恵さんのラストコンサートをそのまま放送し、

最後にNHKのアナウンサーがコメントを付け加える、という構成でした。

2020年10月5日(月)には、BS4Kで、

ちょうどその40年後の同じスタート時間(午後8時)から、このコンサートを放送する、

とのことです。(たぶん観ないと思いますが・・・)

 

やはり、コンサートの最後、「さよならの向う側」を歌うためだけに、

白い衣装に着替え、涙ながらに歌い、

歌い終わった後、歓声にこたえて何度もお辞儀をした後、

マイクを置いてステージを去るシーンは感動的でした。

 

 

おまけで・・・

「♪これっきりこれっきりもう・・・」の有名なフレーズを聴いて、

なぜか妻は、「♪プリキュアプリキュア・・・」と聞こえる・・・と言っていました。

 

私が山口百恵さんの歌で好きな歌ベスト3をあげると、

「いい日旅立ち」「秋桜」「さよならの向う側」です。

それにしても、改めて映像を観ると、当時21歳という若さなのに、

そう見えない圧倒的な存在感(ルックスも歌声も・・・)でした。

2020年10月 2日 (金)

2020年9月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧

2020年9月のページビュー(PV)数ベスト10記事は以下のとおりです:

(※トップページ及びカテゴリを除く)

ベスト3までと、先月書いた記事(があれば)にはリンクを張っています。

 

一位.SACDとBlu-ray Audio、どちらが優れているか?〜音響、価格、将来性・・・

二位.「カトリック」か「カソリック」か?~誤用に潜む軽蔑と無知

三位.マーラー:交響曲第7番聴き比べ14種類

四位.NHKBSプレミアム・旅のチカラ「宇津井健80歳 馬上人生を過ぐ」(2011年11月22日放送)

五位.インクルーシブ(インクルージョン)教育は子どもにとって本当に幸福なのか?

~おすすめブログ記事「脱インクルージョン教育」(ブログ名:斜に構えてみる)

六位.「学び合い学習」は日本の義務教育崩壊を招く!

~おすすめ記事『【解答乱麻】 TOSS代表・向山洋一 亡国の教育「学び合い学習」』

(MSN産経ニュース2012年11月24日掲載)

七位.グレン・グールドの”THE BACH BOX”、ただいま全盤制覇中!(2)CD6~10

八位.レスピーギ:交響詩「ローマの松」(Pini di Roma)聴き比べ

九位.2020年夏ドラマ~「おじさんはカワイイものがお好き。」と

「妖怪シェアハウス」、「40万キロかなたの恋」

十位.上西充子著『呪いの言葉の解きかた』(晶文社)

 

先月の記事数は、わずか六本・・・

それでも、3つの記事がランクインしました!

ちなみに、

最近は言論・主張をツイッターに移してしまっています。

2020年10月2日現在、ツイート数4.3万、フォロワー数465となっています。

 

朝晩めっきり冷えてきました。

長袖が必須になっています。

皆様に神様の祝福と平安が豊かにありますように。

今月もご愛読よろしくお願いいたします。

2020年10月 1日 (木)

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』~極上の映像美と音楽!

2020年10月1日(木)、映画の日であり、中秋節の日。

(中国では国慶節ですね)

久々に平日休みが取れたので、妻と一緒に、映画を観に行きました。

コロナ禍の中、映画館に行くのはかなり久しぶりです。

(ブログの記録を見ると、2019年8月に、映画「天気の子」を観に行った以来です。)

観た作品は、『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』です。

京都アニメーション(以下「京アニ」と略記)のあの悲惨な事件以来、

何度も上映が延期になった作品です。

 

TVアニメ版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、

放送当時(2018年1~4月)、第1話を録画で観て、

「なんとなく入りづらいなぁ・・・」とパスしてしまいました。

その後、今年になってから、Netflixで改めてNetflixで視聴して、

すっかりハマってしまいました。

第1話~第3話をなんとかクリアさえすれば、

あとは感動と美の世界が待っています・・・

第4話以降は毎回涙ウルウルで観てしまいました。

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン1

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン2

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン3

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン4

 

TV版の中で最も感動したのが、

第10話「愛する人は ずっと見守っている」。

病気のため死期が迫っている母親が、

幼い娘のために、毎年の誕生日に手紙が届けられるよう、

50通もの手紙(=50年分)の代筆をヴァイオレットに頼む、という話でした。

この回の最後はまさにボロ泣きものでした・・・

 

そのエピソードのおそらく60~70年後、

(通常の歴史で言えば、1970年~80年頃?

※この作品は、架空の国と架空の歴史、架空の文字(ロシア語っぽい字)、

そしてオーバーテクノロジーの義手、というフィクションの仕掛けがあります。

舞台は、通常の歴史で言えば、1920年頃と思われますが、

作品の中の歴史と現実の歴史は違うので、あまり細かいことは・・・)

第10話で毎年亡き母からの手紙が届けられた少女が成長して、

大人になり、母となり、祖母となって、亡くなったところに、

その孫が親と一緒に来るところから始まります。

(そのエピソードを思い出しただけで、開始5分ほどでもう涙が・・・)

 

祖母が大切にしていた手紙。その手紙を代筆した、

ヴァイオレット・エヴァーガーデンに興味を抱き、

テレビ版の舞台となったライデンの街を訪れ、

ヴァイオレットの足跡をたどることで物語は進みます。

 

テレビ版ではもやもやで終わった、最愛の少佐の生死。

劇場版では見事な結末を迎えます。

(ネタバレは書きませんが・・・)

 

それにしても、なんという映像美と、音楽の美しさでしょう!

途中の、曇り空からの雨の描写が、すごく美しい!

ここの映像表現の緻密さと美しさには驚嘆しました。

あの「天気の子」よりも美しいのでは?

 

そして、今時これほどベタな、甘美な音楽・・・

アニメを超えて、メロドラマの世界です。

途中の、すごく悲しいエピソードを見事に彩っていました。

(途中の悲しいエピソードのところは泣いてしまいました・・・)

 

また、この作品では、あえて「余白」を作ったところが見事でした。

あえて、セリフをカットして、話している様子だけ流し、

音楽で代弁させるとか、

顔の表情よりも、握った拳の震えとか、そういうので描写するとか・・・

ラスト手前の歓喜の瞬間は、あえて直接描写せず、

ライデンでの花火で代弁させていました。

 

妻は、テレビ版にも興味を示さず、まったくの「一言さん」状態でしたが、

「ドール=自動手記人形」といった用語の説明が劇場版できちんとあったので、

なんとか話に入っていくことができたそうです。

妻は泣くまで至りませんでしたが、私はノックアウト・・・

TV版のエンディングテーマ「みちしるべ」が流れるところは特に・・・

 

欲を言えば、途中の回想シーン(特に戦闘シーン)や、

幾つかのエピソードをカットして、

現在の150分から、120分ぐらいにした方がよかったのでは、

とも思いましたが・・・

 

それでも、京アニのこの作品が無事に劇場公開されたことに感謝!

観る価値のある素晴らしい作品です。

 

主人公、ヴァイオレット・エヴァーガーデン役の石川由依さんの演技が実に素晴らしい!

無感情なところから、愛を抱く女としての声までの幅が見事でした。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの生涯を一言で表すと、

「孤児から殺人兵器になり、戦争が終わって手紙を書く仕事を通して人間となり、

『あいしてる』を知って『女』になり、ついには記念切手にまでなった女性」でしょうか・・・

 

私はアニメスタッフの事までは詳しくない、そこそこアニメファンなので、

エンドロールで流れる制作スタッフを眺めても、

特に感慨がありませんでしたが、

詳しい人が見たら、「あの人も、この人も・・・」と思うと、

胸が詰まるのでしょうね・・・

2020年9月21日 (月)

上西充子著『呪いの言葉の解きかた』(晶文社)

上西充子著『呪いの言葉の解きかた』(晶文社)を読み終わりました。

 

 

タイトルからすると、最初はオカルト系の本なのかと思いました。

しかし、ここで言う「呪いの言葉」とは、たとえば、こういう類です。

本文から引用します。

 

(引用)

 私たちの思考と行動は、無意識のうちに「呪いの言葉に縛られている。

 そのことに気づき、意識的に「呪いの言葉」の呪縛の外に出よう。思考の枠組みを縛ろうとする、そのような呪縛の外に出よう。のびやかに呼吸ができる場所に、たどりつこう。

 それが、本書で伝えたいことだ。

 

 何のための言葉か

 

 たとえば「嫌なら辞めればいい」という言葉。これは、典型的な呪いの言葉だ。

 長時間労働や不払い残業、パワハラ、セクハラ、無理な納期、無理な要求―ーーそういう問題に声をあげる者に対して、「嫌なら辞めればいい」という言葉が、決まって投げつけられる。

(同著P.014から引用終)

 

ちなみに、同著によると、この言葉に対して返す言葉(呪いを解く言葉)は、

「どうせ辞められないんだろ?だったら、理不尽にも耐えろ」というわけですね。(P.270から)

 

まず、第1章で「呪いの言葉」とその解き方について概論を述べ、

続いて、ケーススタディとして、

第2章「労働をめぐる呪いの言葉」

第3章「ジェンダーをめぐる呪いの言葉」

第4章「政治をめぐる呪いの言葉」

が取り上げられます。

といっても、堅苦しいものではなく、「逃げ恥」などの大ヒットドラマや、

映画の分析などもあります。

とても興味深かったのは、著者の政治活動として有名な、

「国会パブリックビューイング」に関するとことでした。

政治に関する報道は、Youtubeでの国会中継を除けば、

政権に忖度して都合の良いところしかテレビで報道されません。

そういう中で、公の場で国会のありのままを見てもらうという働きは、

場所が限定はされますが、

とても効果的だと思いました。

ツイッターで著者の活動を知り、今回本を買ってみました。

一読に値する本だと思います。

2020年9月13日 (日)

2020年夏ドラマ~「おじさんはカワイイものがお好き。」と「妖怪シェアハウス」、「40万キロかなたの恋」

2020年の夏ドラマ、話題は「半沢直樹」ですが、私は観ていません。

今期観ていた(観ている)のは、

おじさんはカワイイものがお好き。」と「妖怪シェアハウス

それと、「40万キロかなたの恋」でした。

 

一番面白かったのは、「おじさんはカワイイものがお好き。」でした。

私も実はカワイイもの好きだったり、スイーツ好きだったり、

いろいろ人にはヒミツにしていることがあるので、

結構共感できました。

脚本は、坪田文さん。

HUGっと!プリキュア」などでも有名です。

 

妖怪シェアハウス」は、小芝風花さんの演技が魅力でした。

また、妖怪を通して、世相を風刺しているところは、

ゲゲゲの鬼太郎に通じるところがありました。

最初は「必殺仕事人」の妖怪版みたいな感じかな、と思いましたが、

そこにとどまらない展開がステキでした。

 

40万キロかなたの恋」は、

コロナ禍だからこその逆転のアイデアで作られた作品で、

まぁまぁ面白かったですが、なにせ4話しかなかったので・・・

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHK おすすめサイト お知らせ らららクラシック アニメ・コミック カトリック的作品 クラシック音楽・エルガー クラシック音楽・ガーシュウィン クラシック音楽・サン=サーンス クラシック音楽・シベリウス クラシック音楽・シュトラウス(R) クラシック音楽・シューベルト クラシック音楽・シューマン クラシック音楽・ショスタコーヴィチ クラシック音楽・ショパン クラシック音楽・チャイコフスキー クラシック音楽・ドビュッシー クラシック音楽・ドヴォルザーク クラシック音楽・バッハ(J・S) クラシック音楽・フォーレ クラシック音楽・フランク クラシック音楽・ブラームス クラシック音楽・ブルックナー クラシック音楽・プロコフィエフ クラシック音楽・ヘンデル クラシック音楽・ベートーヴェン クラシック音楽・マーラー クラシック音楽・モーツァルト クラシック音楽・レスピーギ クラシック音楽:ラヴェル クローズアップ現代 グルメ・クッキング スポーツ ツイッター ニュース 世界名作劇場 主の祈り 名曲探偵アマデウス 季節の話題 教会学校関係 教育 文化・芸術 新約の歌 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 旧約の歌(詩篇以外) 映画・テレビ 書籍・雑誌 短歌・川柳・俳句 立ち読み日記 経済・政治・国際 聖なる言葉 自作曲・楽譜 詩篇(詩篇117以外) 詩篇117 詩篇23シリーズ 音楽

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ