カテゴリー「おすすめサイト」の1000件の記事

2020年3月27日 (金)

東京都公式発表の新型コロナウイルス検査の異常さ~小学生でもわかる不自然さ!(2020.3.27)

東京オリンピック延期発表以降、

連日、東京都の新型コロナ陽性患者数の増加が報道されています。

ところで、NHKニュースなどでの報道で、いつも疑問なのは、

どれだけの検査数、相談数があったのか、という、

いわば「分母」がわからない、報道されない、ということです。

今回は、憶測とかではなく、東京都の公式HPから、

小学生でもわかる「割合」を算出しながら、考察します。

 

データはいずれも、2020年3月27日11時更新の、

都の最新データに基づいています。

 

たとえば、直近のデータで。

3月26日の陽性患者数は、今のところ最多の47人です。

では、何件(何人)検査したのでしょうか?

データによると、87人です。

つまり、陽性と判定された人の率は、54.6%!

前日の3月25日であれば、陽性患者41人、検査実施件数95件。

ということは、陽性と判定された人の率は、43.1%!

かなりの高い率です。

そして、一番問題なのは、「新型コロナ受診相談窓口相談件数」の相談件数に対する、

検査件数です。

NHKなどの宣伝通りに、

37.5℃の高熱に4日以上も苦しんでいるか、強いだるさや息苦しさを感じる人が、

ようやく電話をかけても、断られる人がほとんどであることが、

公式統計が認めています。

ちょうど、3月25日までしか出ていなかったので、

3月25日の例で算出してみましょう。

 

相談件数は、1064件。

そして、そこでPCR検査が必要と判断されたのは、

わずか95件。

(電話をしてすぐ検査してくれるのかどうかさえ不明ですが・・・)

ということは、苦しんで苦しんでやっとの思いで電話して、

検査されるのは、わずか8.9%・・・

91.1%の人は門前払いというわけです!

 

れいわ新選組代表、山本太郎氏のツイートによると、

2週間体がだるい状態(もしかするとコロナ疑い?)にも関わらず、

病院をたらい回しにされて、未だに検査は受けられない、とのこと。

つまり、死にそうな人(か、「上級国民」!)でないと、

検査は受けられない、というのが、実態のようです。

「重篤肺炎じゃないと検査は受けられない」とタライ回しにされたコロナ疑惑者の2週間の記録

 

 

ところで、昨日(3月26日)、

阪神タイガースの藤浪投手が、新型コロナ陽性と判定された、という報道がありました。

阪神・藤浪投手と食事した2人も陽性…「みそ汁の味がしない」と受診 2020/03/27 11:33読売新聞

阪神の藤浪晋太郎投手、新型コロナ陽性…プロ野球選手で初 2020/03/27 01:01読売新聞

「もしかして新型コロナかも?」と気づけたところは素晴らしいし、

早く回復してほしいと願っています。

一方で、リンク先下の方の記事によると、

球団によると、藤浪投手は数日前から「においを感じない」と嗅覚の異常を訴え、医師からPCR検査をすすめられた。嗅覚異常は感染者の一部に見られる症状だが、藤浪投手はせきや発熱などは訴えていないという。球団が他の選手らに聞き取りをしたところ、選手2人から味覚に異常があるとの申し出があったという。(下線は筆者)

 

「藤浪投手はせきや発熱などは訴えていないという」

ということは、

NHKなどで盛んに呼びかけられている、

  • かぜの症状や37度5分以上の発熱が4日以上続いている人
  • 解熱剤を飲み続けなければならない人
  • 強いだるさや息苦しさがある

相談・受診の目安は?(NHK)

に該当しない訳です。

それでも、検査があっさり受けられるというのは、

「上級国民」だからなのでしょうか?

イタリアやスペインでは、トリアージが行われています。

トリアージ(triage)とは、医療資源(医療スタッフや医薬品等)が制約される中で、一人でも多くの傷病者に対して最善の治療を行うため、傷病者の緊急度に応じて、搬送や治療の優先順位を決めることをいいます。

トリアージとは(神奈川県HP)

そこでは、高齢者よりも若者を生かす方を選ぶようです。

しかし、日本では、もしかすると、

「検査の沙汰もカネ次第」(または死にそうな場合)ということなのでしょうか?

 

いずれにせよ、東京都は潜在的に、

たくさんの無自覚感染者と、検査拒否された新型コロナ疑いの人が相当な数存在する、

ということが統計から判断できます。

 

ところで、先ほどの、東京都の検査実施日数を見ると、

3月8日(日)、3月15日(日)のところは、0人です。

3月22日(日)は1人でした。

新型コロナ患者は日曜日に発生しないように「忖度」しているのでしょうか?

 

ツイッターとかでいろいろな憶測が出ていますが、

こういう公式情報からわかることもいっぱいあります。

まずは、東京都とその周辺の地域の方々は、

2月末~3月中旬までの北海道のように、

行動自粛するしか、自分や家族・同僚の命を守れないのかもしれません・・・

(だからこそ、政府の「補償」がぜひとも必要なのです!)

 

藤浪選手のように、自覚症状及び、熱や咳などの症状があり、

医師の要請があれば誰でも検査が受けられるようにしなければ、

いつまでたっても新型コロナの蔓延は日本から去らないでしょう・・・

 

隔離病棟がないなら、今旅行客減少で苦しんでいる、

大型のホテルを政府が借り切ればいいのでは?

それこそ、政権に近い、「真の近現代史観」とかやっている、

アパホテルとか?

(五輪需要が無くなって大変とか・・・)

※今回の記事は、このツイートを参考にしました。

4月6日からの、大都市での学校再開は無理・無謀!~マスクと消毒薬を政府が強力サポートしてくれたとしても・・・

オリンピック延期が決定してから、

まるで図ったかのように(いやいや、「タイミングを見計らって」!)、

東京では新型コロナの感染者数が一気に増加し、

「ロックダウン(都市封鎖)」もありえるかも・・・というここ数日。

「感染爆発の重大局面。“ノー3密”、平日はできるだけ自宅で仕事を、夜間外出も控えて」小池都知事が緊急会見で呼びかけ 3/25(水) 20:24配信(Abema Times/Yahoo!ニュース)

 

菅官房長官(そういえば、マスク6億枚はどうなったの?)は、

4月からの全国一斉の学校休校措置の解除方針を変更するつもりはない、と発言した。

学校再開方針に変更なし 菅官房長官 2020年03月26日18時06分 時事ドットコムニュース

確かに、過疎の町村まで一律に休校する措置をとったのは、大変バカげたことではあったが、

都市部では、ある程度は効果があったと私も認めている。

(保護者の休業補償とか、その他の施策はともかくとして・・・)

 

ところで、学校再開ガイドラインの骨子とは、


・毎朝の検温(登校前にできなければ保健室などで)

・手洗い、せきエチケットの徹底

・「密閉」「密集」「密着」が同時に重なる場を徹底的に避ける

・教室などのこまめな換気

・授業中などはマスクを着用

・部活動で部室を使うときは短時間にして一斉に利用しない

・給食は机を向かい合わせにせず、会話を控える

毎朝の検温、授業中のマスク促す 教室のこまめな換気も 学校再開ガイドライン 3/25(水) 0:00配信 毎日新聞

 

まず、この骨子で気になるのは、「授業中などはマスクを着用」だ。

政府が(それこそ大好きな数字の)「100%」マスクを全児童・生徒分、日々用意します、

と保証してくれるなら、大賛成だ。

しかし現実は・・・

 

出勤途中の朝8時前、

職場近くの某ドラッグストア(北海道では有名なサ〇ドラ)の前を通ると、

火曜日と木曜日には、既に20人近く並ぶ光景が珍しくない。

たぶん、開店前には、50~100人ぐらいは並ぶのだと予想できる。

(平日のそれ以外の曜日は、ダメモトで数人が並んでいたが。)

しまいには、マスクの行列中のトラブルで、逮捕者が出るほど・・・

マスク求める行列で口論…「1度抜けたのに割り込み」女性の腕引っぱり体当たり!? 79歳無職の男逮捕 3/25(水) 20:00配信(UHBニュース/Yahoo!ニュース)

これは、北海道旭川市の話だが、似たような話は、全国いたるところで起きているし、

これからも起きるはずだ。

政府が増産を口約束したが、

どこのドラッグストアでも、自由に手に入る状況からはほど遠い。

多くの人が、マスクを手に入れるために、相当無駄な時間を費やしている。

しまいには、マスクは手作りせよ!と丸投げ!

手作りマスク積極使用を 学校再開へ準備促す 文科省 3/26(木) 18:08配信(時事通信社/Yahoo!ニュース)

 

 

そもそも、マスクの医学的な予防の根拠はどうなのか、といった問題を抜きに、

子どもにマスクをさせる(予防というよりは、安心のために)ことにより、

本当に緊急に必要な医療機関へのマスクの供給が遅れることにならないだろうか。

教育はもちろん大事だが、命さえあれば、遅れは取り戻せる。

今は、命を守ることが、この新型コロナ戦争に打ち勝つ最優先事項だ。

まずは、医療・介護機関に、優先的にマスクが配られるようにすべきだろう。

また、子どもたちにたとえマスクを配ったとしても、

子どもたち自身が、正しくマスクを着用し続けられない、という問題がある。

特に、特別支援を要する子どもたちにははっきり言って無理だ。

(たとえ先生が口を酸っぱくして何百回言ったとしても・・・)

そういう子は衛生観念が低いし、必要性を理解できない場合がほとんどだ。

特別支援の子だけでなく、1、2年生の子だって、

マスクをしていたら、頻繁につけたり外したり、マスクの表面を触ってしまい、

かえって不衛生だ。

それなら、最初からマスクをせず、咳が出る子や風邪症状がある子は、

学校に来なくていい(出席停止措置の緩和)、早退対応できる、

といった方がよほど現実的だ。

(皆勤賞を尊ぶ風潮があるから、休めなくなってしまう。)

 

その他に、消毒薬の不足も深刻だ。

これも、どうやって学校全部に行きわたらせるのか?

命の最前線である医療機関にこそ、優先供給をはかるべきで、

学校は二の次、三の次と考えていい。

 

東京都の小池知事は、ノー壇蜜ではなくて(失礼!)、

ノー3密」を要請していた。

すなわち、

換気の悪い閉空間、

多くの人の集する場所、

近距離での接な会話

 

これって、学校という空間に全部当てはまる!

たとえ1番目の「換気の悪い密閉空間」を、授業中窓全開にしたとしても、

残り2つは避けられない。

文部科学大臣は、子どもたちの実態を知っているのだろうか?

子どもたちは群れたがるし、触れ合う遊びが大好きだ。

距離感を考えないでおしゃべりするのも普通だ。

どこかの付属小学校みたいな、エリートのお行儀良い子たちが集まる小学校を見て、

それが全国すべてに当てはまると考えるのは短絡的すぎる。

 

北海道では、臨時休校期間中に、北海道知事の要請により、

分散登校というのを実施した。

たとえば、札幌市の例でいえば、

ほとんどの小学校が、3月16日~25日(ただし23日は卒業式)に、

3月16日(月)・18日(水)、24日は1・3・5年生、

17日(火)、19日(木)は2・4・6年生、といった形で、

分けて登校させていた。

本来は、分散登校の趣旨からいえば、一つのクラスを半分分けにして、

別日で登校させた方が効果的だ。

(そういう学校もあったようだが・・・)

 

新型コロナの猛威は収束どころか、さらに拡大しているのに、

通常通り1学期を再開したら、学校で蔓延し、

無症状・軽度の感染者の子どもたちがウイルスを媒介して、

愛するおじいちゃん、おばあちゃんたちの命を奪ってしまう、

という悲劇がたくさん起こりえる・・・

さらには、子どもは新型コロナで(絶対)死なない、ということはないらしい。

(中国等で死亡例が報告されているとのこと。)

 

だから、学校も含めて、社会全体をある程度封鎖しない限り、

新型コロナに打ち勝つことはできない。

 

それにしても、現場(というよりは、「下々の」生活・・・)をよく知らない大臣が、

机上の空論の思い付きでモノを言い、現場が混乱することが多すぎる。

たとえば・・・

加藤厚労相「通勤電車乗ってない」答弁が大炎上…政府のコロナ対策迷走の根本的原因か

(通勤電車のギュウギュウ詰めを全然知らない大臣が、

「あの、ちょっと、わ、私は、あの通勤電車に乗っていないんでわかりませんが、聞く限りでは一定程度、通勤電車は空いているという話を聞くこともあります」と発言・・・)

あるいは、

拝啓 麻生太郎財務大臣様 「みんな銀行にお金が余っている」いえいえ。みんな銀行にお金がありません

(麻生大臣の発言「みんな銀行にお金が余っているじゃん。だから、お金があるんですよ。要はそのお金が動かない、回らないのが問題なんだから。(24日、記者会見で))

 

市民感覚とかけ離れたボンボンが、政治の中枢にいるという日本の不幸・・・

だめだこりゃ・・・

 

それでも、あの腐りきった沼のような自民党にも、蓮の花が咲くこともあるようです。

2020年3月26日の、自民党の安藤裕(ひろし)議員による、

Youtube生放送を見ました。

これは素晴らしい提言です。

自民党内でこういう意見が多数派になることが、

希望の光になることでしょう。

1時間以上の番組ですが、絶望的な日本に希望をもたらすこの提言、

ぜひ多くの人に広がってほしいものです!

 

【令和2年3月26日緊急生放送:見逃し配信中】

「消費税0%」実現で日本を救う!

2020年3月26日 (木)

ドラマ「ホームルーム」と、安倍政権と国民(特に自公支持者)のいびつな関係?~」日本は国全体がブラック企業化することで国民総ストックホルム症候群化?

北海道では放映しておらず、

私もまだ見たことがないドラマですが、

内容が気になる2020年冬ドラマがあります。

ホームルーム」という作品です。

マンガ原作です。

 

ホームルーム(1) (ヤンマガKCスペシャル)


 

MBSと関東周辺の局で放映中で、

放送後1週間以内なら、Tverなどで観ることができるそうです。

 

それはさておき、このドラマのあらすじ(見どころ)を公式HPから紹介します。

爽やかイケメン教師・愛田凛太郎が担任するクラスでは、女子生徒の桜井幸子に対して毎日不快なイジメが続いていた。
犯人は不明。しかし、幸子はそんな日々もあまり苦ではない。
なぜならいつだって憧れの愛田先生が助けてくれるから…!
皆の人気者で、正義感の強い先生は、イジメられっ子の幸子にとって特別なヒーロー。でも実は、そんな愛田先生がイタズラを仕掛けた張本人で…。

 

ところで、最近のオリンピック、新型コロナ関連の報道を読むと、

安倍政権は、自分で危機を招きながら、

その危機から日本を救うヒーローを演じたいのかな、なんて考えてしまいます。

そして、これほどひどい(もはや人道上の危機を招いている!)政権なのに、

(世論操作がかなりありそうですが、)支持率が40%以上もある、というのは、

日本人(特に自公支持者)はマゾ野郎なのか、と勘繰ってしまいます・・・

 

ちょうど、安倍政権と、国民(自公支持者)との関係って、

「ホームルーム」の先生と生徒とのいびつな愛情のようなものに感じませんか?

 

もっとわかりやすく言えば、

正義のスーパーヒーローがモンスターや凶悪宇宙人をやっつける。

でも実は、そのスーパーヒーローが称賛を浴びたいがために、

密かにモンスターや凶悪宇宙人を呼び寄せて、

わざわざ危機を作っているとしたら?

 

つくづく日本はおめでたい国なのでしょう。

しまいには、NHKニュースに、あの北朝鮮の女子アナみたいな存在の人が、

安倍首相の英断をたたえるために登場するようになりました・・・

日本の北朝鮮化・ナチス化まであと僅かなのでしょうか?

それにしても、新型コロナの不況対策として、

現金支給(全国民)→商品券支給(富裕層を除く)・・・ときて、

ついに、「和牛商品券」???

[新型コロナ] 和牛消費へ商品券 経済対策自民が検討 2020年03月25日(日本農業新聞)

不況対策で旅行券とか、和牛商品券とか、まったく噴飯モノの、経済オンチ丸出しの、

世界に恥ずかしい”Fool Japan"の施策です!

景気刺激なのではなく、恐慌対策は、すみやかな現金支給(20~30万円)、

消費税0化、各種税金の支払い猶予措置、

家賃及び水道光熱費の3か月分程度政府立て替えといった、

各国でやっている経済政策をすぐにでも決断すべきなのです!

 

東京五輪延期と恐慌のメカニズム(三橋貴明氏のブログ「新世紀のビッグブラザーへ2020.3.25記事)

 

金を刷れ、皆に配れ! 山本太郎とネットでおしゃべり会 2020年3月25日

 

山本太郎氏の解説及び提言は明確かつ的確かつ痛快です!

なんで日本国民は自分を虐げる人を選び続け、

自分を解放してくれる人に目を向けないのでしょうか?

日本は格差拡大、国全体がブラック企業化していくうちに、

国民総ストックホルム症候群化してしまったのかもしれません・・・

2020年3月25日 (水)

友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。(ヨハネ15:13)~あるカトリック神父の、愛ゆえの死

ツイッターで知った美談。

 

新型コロナウイルスによる感染被害が厳しいイタリアで、自分より若い患者にと人工呼吸器を譲った72歳の神父が15日に亡くなり、その犠牲と訃報がソーシャルメディアなどで広く共有されている。

ジュゼッペ・ベラルデッリ神父は、イタリア北部ロンバルディア州ベルガモ司教区にあるカスニーゴの町で司祭長を務めていた。以前から呼吸器系の病気を患っていたため、信者たちが購入した人工呼吸器を、自分よりも若い人に使って欲しいと譲った後、ローヴェレの病院で亡くなったという。

翌日には、神父の棺が埋葬に運ばれる際、地元の人たちが窓から拍手したという。感染拡大を防ぐため集会や外出が厳しく制限されているイタリアでは現在、葬式を開くことができない。

イタリアでは少なくとも50人の司祭が、新型コロナウイルスによって死亡したとされる。

ローマ教皇庁の教皇フランシスコは24日、亡くなった医師や司祭のための祈りを先導し、「病める者に尽くすことで英雄的な手本となったことを神に感謝」すると述べた。

カトリック教会イエズス会のアメリカ人神父ジェイムズ・マーティン司祭はツイッターで、「(信者たちが自分のために買ってくれた)人工呼吸器を自分より若い患者に(知らない相手に)譲った72歳のベラルデッリ神父が、亡くなった」と書き、「友のために命を投げ出すほど大きい愛はない」という新約聖書のヨハネによる福音書の言葉を引用した。

(引用:BBCニュース・ジャパン

 

元ツイートはこちら。

Fr. Giuseppe Berardelli, a 72-year-old priest who gave a respirator (that his parishioners had purchased for him), to a younger patient (whom he did not know), has died from #coronavirus.

"Greater love has no person..." (Jn 15:13)

 

芥川龍之介の『蜘蛛の糸』の主人公、カンダタのような人が増えているような世の中、

(マスクを大量買い占めして転売したり、デマに踊らされてトイレットペーパーを買い占めたり・・・

あるいは、自分だけよかれと思って、風邪状態でも大規模イベントに参加したり・・・)

このニュースで取り上げられた、

ジュゼッペ・ベラルデッリ神父のような愛を示せる人がいるのは、

まさに人類の希望の灯、愛の勝利です。

 

記事とツイッターの中でも引用されているのが

(そしてこの記事の題名にも引用しましたが)、

新約聖書ヨハネによる福音書15:13にあるイエス・キリストの言葉。

友のために自分の命を捨てること、

これ以上に大きな愛はない。
(新約聖書ヨハネによる福音書15:13聖書協会共同訳)

 

その神父は、人工呼吸器を、普通の意味での「友」のために譲ったのではありません。

どんな人に使われるか、そんなことは関係なかったのでしょう。

もしかすると、神を信じない人、神を信じることを嘲る人に使われるのかもしれません。

たとえそうだとしても、本望だったのでしょう。

ちょうど、アウシュヴィッツ収容所で見せしめのために処刑される人の身代わりに、

自分の命を差し出した聖コルベ神父の殉教の話を想起しました。

コルベ神父について(聖コルベ館)

(聖コルベ神父は日本とも縁が深く、長崎で「聖母の騎士社」を設立し、

カトリックの布教活動をしていました。)

 

ところで、キリストご自身は、「友」どころか、

神の「敵」、神にとっての「罪人」であった我々のためにさえ、

命を惜しまず、私たちを救うために十字架で死んでくださった、と聖書に書かれています。

 

キリストは、私たちがまだ弱かった頃、定められた時に、不敬虔な者のために死んでくださいました。正しい人のために死ぬ者はほとんどいません。善い人のためなら、死ぬ者もいるかもしれません。 しかし、私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対する愛を示されました。 それで今や、私たちはキリストの血によって義とされたのですから、キリストによって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。 であったときでさえ、御子の死によって神と和解させていただいたのであれば、和解させていただいた今は、御子の命によって救われるのはなおさらです。それだけでなく、私たちの主イエス・キリストによって、私たちは神を誇りとしています。このキリストを通して、今や和解させていただいたからです。(新約聖書ローマの信徒への手紙5:6~11聖書協会共同訳)

キリストもあなたがたのために苦しみを受け、その足跡に続くようにと、模範を残されたからです。「この方は罪を犯さず/その口には偽りがなかった。」罵られても、罵り返さず、苦しめられても脅すことをせず、正しく裁かれる方に委ねておられました。そして(キリスト)自ら、私たちの罪を十字架の上で、その身に負ってくださいました。私たちが罪に死に、義に生きるためです。この方の打ち傷によって、あなたがたは癒やされたのです。(新約聖書ペトロの手紙Ⅰ2:21~24聖書協会共同訳)

※( )内は筆者の補足。

 

それにしても、新型コロナの猛威は凄まじいですね・・・

イタリアでは、今や葬儀さえできない状況だそうです。

医師の死者数よりも、カトリック神父の死者数の方が多いそうです。

これは、臨終前に、カトリックの司祭が秘跡(告解、塗油、聖体拝領)を授けに行くのと、

葬儀に携わったからなのでしょう。

(死を目の前にすると、牧師の説教よりは、神父が授ける秘跡の方が、

より深い安心感を得られるからなのでしょう・・・)

 

日本は、「イタリアや中国、アメリカはひどい状況だが、日本は幸いにも、

それほど感染者も死者も出ていない」とテレビ・新聞での報道を真に受けて、

安心している人が多いのではないでしょうか?

ただ単に、アベ首相が五輪を予定通り行いために、

意図的に検査数を減らし、死因も一般的な「肺炎」扱いにしているから、

統計に表れていないだけです。

(もう延期は決まったので、検査しないという足枷はとれて、

突然ものすごい数の陽性判定者が出てくることでしょう・・・)

モリカケ桜と同じ、「隠蔽・改竄」の「賜物?」です。

報道を疑う、というニュースリテラシーを持たないと、

いつの間にか大本営発表をそのまま信じる愚かな民になるだけなのです!

石巻市・大川小の悲劇は、新型コロナ禍の日本の縮図!

2020年3月24日、最近では、NHK総合の朝のニュースは見たくなくなった。

(夜のニュースも同様。NHKニュースはすっかり政府広報に成り下がっている・・・)

同じNHKでも、BS1の世界のニュースの方が、

よほど世界情勢がわかるので、こちらにチャンネルを変えた。

憲法にまでプライマリー・バランス(均衡財政)が明記されている、

あのドイツが、緊急事態の例外規定を行使して、

新規国債発行に踏み切り、18兆円の追加予算を計上すると報じていた。

ドイツ、追加予算18兆円規模に 借金ゼロは棚上げ 2020/3/22 5:47日経新聞

ドイツにせよ、アメリカにせよ、中国にせよ、こういう対応は実に素早い。

たとえば中国は、武漢に10日間で巨大な病院を作ってしまったのは有名だ。

武漢にできた新型肺炎「コンテナ病院」の全容 写真で追跡 国際会議場が2日間で大変身(2020/02/10 5:20 東洋経済)




フランスの経済対策も実に素晴らしい。

翻って、「美しい国」(のはず・・・)日本は?・・・

 

現金給付「早くて5月末」 西村再生相、緊急経済対策3/24(火) 0:18配信(共同通信)

何これ?

あるいは、

コロナ対策で現金給付、政府が検討 低所得者に限定案も 3/18(水) 21:09配信(朝日新聞/Yahoo!ニュース)

中国の習近平国家主席が国民への渡航制限を出したのが1月下旬。

それからもう2か月も経っているのに、まだ検討、検討、検討・・・

遅すぎる!

 

かなり前置きが長くなってしまったが、本題に入ろう。

東日本大震災の中でも、たくさんの子どもたちが犠牲になったことで知られる、

大川小の悲劇。

ふとこの悲劇が思い浮かんでしまった。

 

この事件は、東日本大震災が発生して、小学校がある地区まで、

津波が到達するまで約50分あったにも関わらず、

議論にかなりの時間を費やし、避難のための移動を開始したのが、

地震発生から40分後で、しかもすぐ近くの山には逃げず、

わざわざ川の方へ移動し、そのまま津波に巻き込まれて、

児童74名、教員10名が死亡する、という痛ましいものである。

この記録を読むたびに、教師に従順に従って、命を奪われた子どもたちの苦しみを思い、

涙が出てくるほど・・・

大川小学校を襲った津波の悲劇・石巻

 

この悲劇を、かなり強引だが、日本の新型コロナ対策に当てはめてみよう。

(なお、私は死者を冒とくする意図はない。日本の硬直した官僚思考を批判したいだけである。)

大地震発生は、新型コロナ感染者の蔓延と、死亡者の増加、そして経済不況である。

これに対して、「避難」は、諸外国に倣った、

PCR検査の拡大と、消費税0、納税猶予、現金10万円以上の国民一律給付などの、

大胆な財政出動である。

しかし、日本政府(安倍内閣)は、目先の五輪開催、

及び財政健全化の名目で(お役人のプライドに関わるので)、

ひたすら思い付きをなんとなく「やってる感」を出して、しかも議論ばかりで実行が遅い!

結局、日本国民を、避難してはいけない、「津波」の来る川の方へ導こうとしている。

動き出すのが非常に遅いし、向かう先は、

未曾有の大恐慌という「大津波」だ!

小手先でただ人気取りのための少額バラマキなど、

無意味に吹っ飛ぶばかりだ。

 

たくさんの人々、特に自営業やフリーランスといった方々が、

絶望のあまり、死を選ぶのは目に見えている。

新型コロナで死ぬ何倍、何十倍、何百倍の人が、死を選ぶかもしれない。

それにも関わらず、政府の対応は緩慢で

(まったくやる気を見せない。関心があるのは、利害関係がある「お友達」のために、

株価を守ること。そのために国民の年金を湯水のごとく投入する!)

早くて5月末に、収入の少ない世帯に、2~3万円程度の商品券が、

「お恵みで」配られる・・・なんとアリガタヤ!アリガタヤ!

なにせ、日本国民はサル並みにおバカさんだから・・・

 

これでも、アベ先生やアソウ先生の言うことを従順に聞いて、

「先生」についていく?

 

沈黙しているのは、賛成しているのと同じだ。

だから私は声をあげるようになった。

普段は政治論争を避けていたが・・・

 

(いつもの私は、記事を「ですます調」で書いているが、

今回は「だ・である調」で書いてみることにした。)

2020年3月24日 (火)

当たってほしくないけどたぶん当たりそうな近未来予言~翔んで東京か、レインボーブリッジその他を封鎖せよか・・・

東京五輪の延期される公算が極めて高くなりましたね。

そうすると、急にこの方が、不穏な発言をし始めました・・・

新型コロナ、小池都知事「首都の封鎖あり得る」(2020.3.23 TBSニュース)

(ちょっと余談ですが、「オーバーシュート」とか、「ロックダウン」とか、

こういう唐突なカタカナ英語の多用はやめてほしいです。あなた方は何人ですか?

聞いたことのないカタカナ英語を使って庶民を煙に巻くのはやめてほしい!)

これに呼応してか、たまたまか、それはわかりませんが、

今までぽろぽろとしか出ていなかった新型コロナの陽性患者が、

(東京都の公式HP「都内の最新感染動向」によると、3月22日は2人だそうです・・・)

3月23日になると、突然跳ね上がって16人・・・

都16人感染確認5人海外感染か 

この記事中でも触れられていますが、

都によりますと、一度に16人の感染を発表するのはこれまでで最も多いということです。
これで都内で感染が確認されたのは154人となりました。

とのことです。

おそらく、東京都の感染者数は、

数日中に、北海道を抜いて、ダントツで患者数が多くなります。予言1)。

(むしろ、今までがあまりにも少なすぎたのです!それもアリエナイぐらいに!)

 

そういえば、中国の習近平国家主席の訪日が延期になった途端、

同じ日に、中国、韓国からの入国規制を表明しましたね。

習近平氏の来日延期、政府が発表(2020.3.5 日経新聞)

<新型コロナ>中韓からの入国規制 首相表明 ビザも停止 指定場所で2週間待機へ(2020.3.6 東京新聞)

(※記事は3月6日付ですが、発表は3月5日でした。)

 

ここから類推すると、水面下では、かなりヤバイデータを、

既に都知事及び首相官邸ではつかんでいるのではないでしょうか。

(だからこその、突然の都知事の不穏発言なのでしょう。)

しかし、オリンピックを予定通りの日程で実施したいから、

検査をさせないようにあの手この手の水際対策及びマスコミを通じての洗脳を行って、

正確な実態をつかめないようにしていました。

(国際ニュースを見て思いますが、アメリカや中国、フランスなどは、「できる」理由を探し、

すぐさま行動しますが、日本は「できない理由」をあれこれ作り出すのが上手すぎて・・・

ひどすぎ!)

だからこそ、東京五輪延期がほぼ決定的になりつつ今、

打って変わって、「諸外国と同様に積極的に検査しましょう!」という風潮にし、

全国で相当な数の陽性患者が一気に出てきます。予言2)。

たぶん、ニューヨーク市であっという間に1万人だから、

東京だけでも4~5万人は最低でも潜在的にいるのでは、と予想できます。

まして全国なら・・・

考えたくないぐらいです。

特に東京都と、よく中国人観光客が来ていた、大阪市、京都市あたりは、

ものすごいことになるかもしれません(私の住んでいる札幌市も例外ではありませんが・・・)。

そして、冒頭の「首都封鎖」発言につながる、という訳です。

その前に、アベ首相が、森友学園や桜を見る会、そして新型コロナの検査制限という、

数々の悪事の隠蔽をはかるのと、

オリンピックが延期になったこと及び倒産や失業の増加への不満爆発を封じる、

ちょうどいい名目として、「緊急事態宣言」を発動、

パリやニューヨーク、イタリア全土のように、

ついには東京や主な大都市を封鎖してしまう・・・これがおそらく4~5月頃予言3

自分で社会不安を起こして、自分がヒーローになろうとする自作自演です。

感染拡大なんてそっちのけ、ひたすら反政府デモを防ぐ、

保身のための「緊急事態宣言」なのでしょう・・・

 

ツイッター上では、3月23日に「首都封鎖」が5万ツイート以上のトレンドになっています。

昨年2019年には、映画「翔んで埼玉」が大ヒットしましたが、

その映画では、埼玉県民が東京に入るには、「通行手形」がないとダメとか、

相当ヒドイネタが出ていましたが、

これを揶揄したツイートも見られました。

「翔んで東京」、「レインボーブリッジ(その他)を封鎖せよ」を考えて、

アハハ・・・と笑っていられるのも、あとわずかかもしれません。

 

そういえば、ツイッター上で、こんな画像を見かけました。

Etp_p2fwoaaqwj2

 

このポスターは辛辣だけど、正しいと思う。ジャパンデミック:テストしなければ、ウィルスはいない(JAPANDEMIC: No Test, No Virus.)。日本ももっと、コロナ検査をしよう。何よりも国民の(そして世界の人々の)命を守るために。

 

日本の隠蔽工作はもうたくさんです。

東京五輪なんて、正直に言えば、もう中止にしてほしいくらいですが、

延期が決まりそうなら、世界のためにも、

新型コロナの拡大及び重症者が出るのを一人でも多く防ぐため、

積極的な検査が必要だというのが、世界の常識なのです!

ついでに、世界の恥さらしである、現首相を権力の座から引きずりおろすのが、

根本的な新型コロナ対策といえます。

(医療も、経済も・・・)

 

ちなみに、当然ですが、私は別に超能力者でも、霊能者でもありません。

3つの「予言」を出しましたが、これは、

いろいろな情報を整理集約すると当然出てくる結論にすぎません。

まぁ、予言3なんて、そうなってほしくない最たるものですが・・・

(注:私の「予言」は当たらない方がいいシロモノです。判断はご自由に・・・

また、当たっても、当たらなくても、何の保証もありません。悪しからず・・・)

 

(おまけ)

子どもがネグレクトされていると、児童相談所へ通報!

では、国民が政府から虐待(必要な治療を受けられない、

必要なモノがお金なくて買えない・・・)されていたら、どこに通報すればいいのでしょうか?

国連?アメリカ政府?(なんで?)

同じ国民に連帯を呼びかけるしかないのです・・・

2020年3月23日 (月)

エソテリックから、デュメイ&ピリスによる、フランクのヴァイオリン・ソナタ他のSACD化

東京五輪の聖火が日本に到着するちょうど前日(2020年3月19日)に、

北海道知事による、緊急事態宣言が解除されました。

一応、3月20日からは、通常生活に戻っていい感じのようだったので、

約1か月ぶりに、札幌中心部である、大通駅や札幌駅の方へ行ってきました。

いろいろ買うものがありましたが、既に予約していた、

エソテリックのSACD、デュメイ&ピリスによる、

フランクのヴァイオリン・ソナタ他(後述)もようやく入手することができました。

 

モーツァルト、フランク&ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ集

 

収録曲は、

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第28番、

フランク:ヴァイオリン・ソナタ

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番

の3曲です。

 

(以下は、通常CDです。)

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集

 

フランク/ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ 他 

 

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集

 

この3曲のうち、当然お目当ては、

フランクのヴァイオリン・ソナタです。

たぶん、あらゆるヴァイオリン・ソナタの演奏の録音の中で、

最も好きなのが、このデュメイ&ピリス盤です。

 

SACD化されて、気のせいか、CDよりも少し音が引っ込んだ感じがしましたが、

やはり何度聴いても感動する、非の打ちどころがない名演奏です!

 

意外にも、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ第1番の演奏も素晴らしかったです。

(CDで聴いた時はさほど感銘を受けなかったのですが・・・)

3種の盤からの抜粋ではなく、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ全集だけで、

1枚モノにした方がよかったのでは、とも考えましたが・・・

ともあれ、少し値は張りましたが、買ってよかったと思った1枚でした!

 

ちなみに、自分のブログ内で、フランクのヴァイオリン・ソナタについて書いた記事が、

何と4つもありましたので、一応紹介しておきます。

フランクのヴァイオリン・ソナタ(2009.10.27)

NHKBSプレミアム「名曲探偵アマデウス」・フランク「ヴァイオリン・ソナタ」(2012.2.22)

デュメイ&ピリスのフランク:ヴァイオリン・ソナタ〜やっぱりこの盤が一番!(2013.6.12)

NHKBSプレミアム・クラシック倶楽部 「堤&萩原デュオ」(2018年3月14日放送)(2018.3.18)

2020年3月22日 (日)

日本が世界に誇る新型コロナ制御法?~そもそも検査をしなければ公式の感染者数は増えない、肺炎で死去はさっさと火葬・・・

2020年3月22日現在、

新型コロナウイルスは世界中で次々と感染者と死者を増やしています。

イタリアやアメリカ、フランスでさえ、中国のように、

都市を丸ごと封鎖して人々の移動を厳しく制限する措置が取られています。

それでも、ここ数日のイタリアのように、1日800人近くの方が亡くなっています。

一方、日本では、ろくな検査もしない中、

「感染者も死者も日本は少ないな、イタリアは大変だ・・・、日本に生まれてよかった・・・」

と他人事のようです。

それどころか、全国の卒業式を台無しにし、センバツも中止に追い込んでおきながら、

五輪関係イベントと防衛大学校は別だと言わんばかりに、

仙台では5万人が訪れる聖火見学が行われ

防衛大学校では安倍首相臨席で600人出席の卒業式が行われました

 

新型コロナ検査で保険適用になったとはいえ、実態は2月とたいして変わらない状況が続いています。

東京都の最新感染動向を日々チェックして見ると、

あれだけの人口と2月までにたくさんの訪日外国人がいたにも関わらず、

検査数、感染者数、死亡者数、いずれも低い状態です。

極めて楽天的に考える人なら、「日本は恵まれている」「衛生状態がいいから」

いや、「むしろ検査を積極的にしなかったのが、結果的に良かったんだよ。」

日本は新型コロナに勝ってるぞ!アベ万歳!・・・というわけです。

 

しかし、ちょっと待ってください・・・

東京都の正確なデータはわかりませんが、

横浜市の共産党の市議、古谷やすひこ氏のブログによると、

横浜市で、

帰国者接触者相談センターへの相談件数が4194件。そして結果的にPCR検査につながったのが560件。率としては、13%程度!!

とのこと。

東京都のデータを見ると、

たとえば3月18日の新型コロナ受診相談窓口相談件数1648件のうち、

実際に検査をしたのが、118件。

10%以下です!

 

そもそも、検査をしなければ、感染者数は増えない・・・

つまり、日本は安全!

という歪んだレトリックです!

そして、明らかに新型コロナが疑われるような症状で亡くなっても、

死因は「肺炎」という括りにして、

なおかつ遺族に、「検査しますか?」と問う。

もし陽性だったとしたら、大変な騒ぎになるので、

闇から闇へ葬ることができる、というわけです・・・

今や、新型コロナで亡くなる(検査で陽性が出る、も含めて)のが、

まるで犯罪者扱いで、不名誉なことになっています。

日本人の恥の意識につけこんだ、極めて巧妙な隠蔽工作がなされていると思われます。

法律に従い、24時間も経たずに火葬できるそうです。

ご遺体を灰にしてしまえば、もう検証しようがない、死人に口なし・・・

ツイッター投稿から。

新型コロナで死亡した場合、「遺体は防疫のため専用の袋に包まれ、顔は見られない。霊きゅう車も使えない」となり、満足な見送りも出来なくなります。
もし検査せずに(肺炎などで)亡くなり、「陽性だったら普通の葬式は出来ないですが、検査しますか?」と聞かれたら、遺族はためらうと思います。

 

これは推測ですが、おそらく、今年の死因順位が発表されたら、

高齢者の死因として「肺炎」が多くなっているでしょう。

そして、新型コロナによる実際の死者数は、

3月22日正午時点で41人、とのことですが、

おそらく最低でもその10~100倍はある、と考えた方が、

他国の状況と比べて自然ではないでしょうか?

 

日本は世界でおそらく2番目にひどい新型コロナ対策なのでしょう・・・

(某、北〇〇では、新型コロナ感染者をすぐ処刑するらしい、とのことですが・・・)

世界に誇る隠蔽工作!

(森友学園の自死者1名なんてかすんでしまうほどの人道上の危機!)

すべては東京オリンピックのため!

(ついでにその利権のため!)

病弱者や高齢者がどれだけ死のうと知ったことではない!

役立たずのWHOには160億円をポンと出すけど、

下々の庶民に1万円さえ恵んでやるのは実にカネの無駄・・・

消費税下げるのは事務処理がメンドウだからイヤ!

 

どれだけ我々一般国民が踏みにじられているか、

考えれば考えるほど情けなくなります。

特に、お年寄りなど、社会的弱者が切り捨てられていくことに、

強い憤りを覚えるばかりです・・・

 

(参考)

国民殺しの緊縮財政路線との決別を!

2020年3月18日 (水)

「美しい国」から「おぞましい国」へ~新型コロナ対応、東京五輪で国民は・・・

Img_20200315_204154

2020年3月15日(日)の北海道新聞2面(総合面)の写真です。

アメリカのトランプ大統領の、自信と具体性に満ちた「非常事態宣言」と、

日本の安倍首相の頼りない記者会見との対比が、記事の扱いに表れています。

トランプ大統領の方の見出しは、「検査や治療5.4兆円

安倍首相の方は、「批判回避へ低姿勢 経済対策 具体案なし

まさに、「美しい」大言壮語、美辞麗句が使われていましたが、

中身はスカスカで、まさに「ポエム」!

国民が知りたい、聞きたいのは、具体的な補償、経済対策です。

総理大臣から、「卒業おめでとう!」なんて聞きたいとも思わないのです。

まさに、全国の卒業式から親を排除した、卒業式をぶち壊した張本人から・・・

 

世界中がパンデミックの中、まさに「鎖国」状態になりつつあるのに、

まだ東京五輪を「予定通り」行おうとする発言・・・

IOCも莫大な収入を失いたくないから、安易に「中止」または「延期」と言えないのでしょうが、

安倍首相がG7電話会議で東京五輪を無理にでも実施したいとゴネていたようです。

緊急G7で支持された東京五輪「完全な形で実現」の解釈巡って米CNNは「安倍首相は延期、中止に強く抵抗」と暴露 3/17(火) 7:00配信(THE PAGE/Yahoo!ニュース)

その夢と野望を実現するために、招致活動では福島原発を「アンダーコントロール」と世界を騙し、

あげくの果ては、「日本では新型コロナはそれほど蔓延していない」と、

数字に表れてこない、検査をしないことによる、感染者数の矮小化・・・

明らかに新型コロナによる肺炎が少ない、という背後には、

お年寄りの「肺炎」による死がかなり隠されているのでは、と思われます。

真の死因が隠されているケースはおそらくかなりあると思われます。

 

実際、こんなニュース記事を見つけました。

新型コロナウイルス病原体検査、実施ゼロの日も - 東京都が公表、相談件数は33日間で2万8千件超 3/12(木) 20:20配信(医療介護CBnews/Yahoo!ニュース)

(記事から引用)

1月24日から3月10日までの検査実施数(検体数)は2491検体だった。4日から10日までの1週間の検査実施数は前週比6検体減の615検体。8日は実施数がゼロだった。(中略)

都は、2月7日に開設した新型コロナ受診相談窓口(帰国者・接触者電話相談センター)の受付状況も公表した。2月7日から3月10日までの33日間の相談対応件数は2万8485件。10日までに364人を新型コロナ外来(帰国者・接触者外来)に紹介した。

つまり、相談件数2万8485件のうち、

検査したのは約2500件、2万5千人以上は検査拒否された、と考えていいのでしょう。

たくさん検査したら韓国やイタリアのように医療崩壊する!」と、

厚生労働省のデマの片棒を担ぐ人が多いですが(イタリアは確かにそうですが・・・)、

韓国は医療崩壊などしていない、むしろ、世界へのモデルケースになる、

というのが実情です。

【襲来!新型コロナウイルス】「医療崩壊」は真実か? 海外メディアは「韓国がモデルケース」と大注目!(井津川倫子)2020/3/14 17:45

韓国が医療崩壊を回避できた理由 →軽症者・無症状者を隔離ケアをする「生活治療センター」が大きな役割

新型コロナ「あらゆる疑い検査を」 WHO、子供の死亡例も 2020年03月17日07時07分

「パンデミックも金次第」の権威が地に堕ちたWHOですが、

日本政府からたっぷりカネをもらっても、日本のやり方を暗に批判しています。

ところで、日本政府はなぜこんな時期に、WHOへ166億円もの資金拠出をしたのでしょうか?

もちろん、東京五輪を実施したいがための、いわば「口封じ、買収」です。

WHOトップ、安倍首相を称賛 資金拠出に謝意

 

WHOへはポンと166億円ものお金を気前よく出す一方、

肝心の日本国民には、一人12000円程度(リーマンショック時の金額以上)

の現金給付でお茶を濁そうとしているようです。

5万円という説もありますが、

アメリカのバラマキがとりあえず一人1000ドル、しかも可能な限りすぐ、

というのに比べると、スピードが遅く、しかもショボイ額です。

(子育て世帯、貧困世帯しかあたらない、という可能性もあるようです。)

これなら、どんな人にも対応する、消費税0の方がよっぽどインパクトがあります!

 

→これは令和恐慌か?消費税ゼロ提言の安藤議員に直撃インタビューしてみた

 

自民党内でこういう意見を出してくれる方がいるのはオドロキでした!

コロナショックから日本経済を救うのは利下げではなく「安心」 その後1人22万円のバラマキ 3/18(水) 18:06配信

 

チマチマとした新型コロナ対策(感染拡大阻止よりも、経済対策の方が優先です!)で、

「やっている感」を出したい、東京五輪もやりたい・・・

ついでに、「桜を見る会」と「モリカケ」もゴマカシたい・・・

国民は朝三暮四のサルに過ぎない・・・

 

こんなウソツキ、薄情で、お友達と金持ち、大企業は優遇するが、

お年寄りや貧しい人は容赦なく切り捨てるような人が政権のトップに立っている自体、

最悪の新型コロナ対策ではありませんか?

国民は東京五輪のために死を強いられる訳です!

NHKとかツイッターとか、いろんな形で問題を感じさせないような、

実に見事な洗脳工作をしています。

 

何が「美しい国」だ!

美しい国」どころか、

おぞましい国」へ!

考えれば考えるほど、情けなくなるのが、我が国の新型コロナ対策なのです・・・

倒閣運動こそ、最高の新型コロナ対策なのでは、と考えたくなります。

どうか、国会議事堂前で、感染症対策をしつつ、大規模デモがなされ、

世界に安倍政権の非道を知らしめてくださいませ・・・

2020年3月15日 (日)

北海道 緊急事態宣言の第3週の中、札幌国際スキー場+定山渓温泉へ!~何でも自粛なら、経済が破綻し、心も破綻しますよ・・・

北海道知事による緊急事態宣言が出されてから3回目の週末を迎えました。

戸外での運動や混まない時間帯での買い物など、かなり緩和された内容になっていますので、

私ども夫婦は、2020年3月14日(土)に、

札幌国際スキー場へスキーを楽しもうと思い立ちました。

いつもなら、

路線バス+リフト券のバスパック(通常、バス往復+リフト1日券で5500円)で行くのですが、

感染リスク(バスに1時間以上乗り合わせることになるので)を考え、

レンタカーで行くことにしました。

朝9時前に、徒歩でレンタカー店に行き、家に戻ってスキー道具と入浴セットを詰め込み、

まずはロイヤルホストに行き、朝食を食べました。

それから、札幌国際スキー場へ向かいました。

ドライブのお供の音楽は、先日紹介した、カラヤン指揮ベルリン・フィル他による、

ベートーヴェンのミサ・ソレムニスの通常CDでした。

(CD+Blu-ray Audioなので)

ゆったりと朝食兼昼食を楽しんでいたので、札幌国際スキー場に着いたら、

もう11時半過ぎでした。

今回は、リフト1日券+温泉入浴券の「温泉入浴セット」(1人4800円)を購入しました。

定山渓温泉、小金湯温泉、豊平峡温泉(札幌市)と朝里川温泉、小樽市内の温泉、

合わせて9施設から選ぶことができます(詳しくはスキー場のHPで)。

 

実際に滑り始めたのはちょうど12時頃でした。

それから途中、トイレ休憩以外は、

15時30分までずっと滑って降りてリフトに乗って・・・を繰り返しました。

1月、2月に比べたらかなり人は少なかったですが、それなりにはいました。

 

うっすらと小樽市内が見えました。

Img_20200314_141419

雪の状態は結構よかったです。

(実は3月に入ってから、札幌市内の藻岩山スキー場にも行きましたが、

そこと比べると雪の質は雲泥の差でした。)

Img_20200314_131639

 

15時半にスキーを終え、車の傍で道具の片づけ等を行い、

16時に札幌国際スキー場を後にしました。

 

そして20分程度で定山渓温泉街へ到着。

すぐに温泉には行かず、

何度か行ったことのある、アップルパイで有名な、

J・glacee (ジェイ・グラッセ)という店に行きました。

ラストオーダーが16時半だったので、ちょうどギリギリ店内飲食が間に合いました。

(16時半以降はテイクアウトのみ)

やはり何度食べてもおいしかったです。

 

それから、温泉施設の選択肢の一つである、

定山渓万世閣ホテルミリオーネに行きました。

ここは、日帰り入浴なら、一人1500円するのですが、

セットで入浴できてお得でした。

人もそれほどいませんでした。

私が入浴したときは、私を含めておそらく大浴場全体で10人程度の人しかいませんでした。

 

ただし、ここでも、サウナには一切入らず、あまり他の人の近くに寄らない、

なるべく人が入っていない浴槽に入る、ということを徹底しました。

 

その後、南平岸駅近辺の外食店に行って夕食を食べました。

とても気分が良い1日で、まさに神様の御恵みに感謝!

というところに、あの某首相の空辣な記者会見・・・

(別に記事を書こうかな、と思っています。)

あまりに空虚で具体性に乏しいので、がっかりしました。

トランプ大統領の演説とは大違いですね・・・

 

まぁ、何はともあれ、たくさん楽しむことができて、

事故なくケガなく守られましたことに、

神様に感謝の1日でした!

 

何でもかんでも自粛、自粛、自粛・・・は、

企業や地域経済を崩壊させます。

感染予防に気をつけつつ、戸外での活動や、

あまり混んでいない店での飲食や買い物は、ぜひ続けていきたいと考えています。

「自粛しないと不謹慎!」という正義マニアが、経済崩壊を産み、

ひいては倒産、失業者、果ては自殺・・・を生み出すのです。

北海道知事さんの「外出自粛」を優等生的に守る気はありません。

(法的根拠はないですし・・・)

自分も守るが、経済も守る!

これこそ、新型コロナ蔓延時代の、「愛」なのではないでしょうか?

 

まことに主はあなたを救い出してくださる。

鳥を捕る者の網から

死に至る疫病から。

主は羽であなたを覆う。

あなたはその翼のもとに逃れる。

主のまことは大盾、小盾。

夜、脅かすものも

昼、飛び来る矢も

あなたは恐れることはない。

闇に忍び寄る疫病も

真昼に襲う病魔も。

(旧約聖書 詩編91:3~6聖書協会共同訳)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHK おすすめサイト お知らせ らららクラシック アニメ・コミック カトリック的作品 クラシック音楽・エルガー クラシック音楽・ガーシュウィン クラシック音楽・サン=サーンス クラシック音楽・シベリウス クラシック音楽・シュトラウス(R) クラシック音楽・シューベルト クラシック音楽・シューマン クラシック音楽・ショスタコーヴィチ クラシック音楽・ショパン クラシック音楽・チャイコフスキー クラシック音楽・ドビュッシー クラシック音楽・ドヴォルザーク クラシック音楽・バッハ(J・S) クラシック音楽・フォーレ クラシック音楽・フランク クラシック音楽・ブラームス クラシック音楽・ブルックナー クラシック音楽・プロコフィエフ クラシック音楽・ヘンデル クラシック音楽・ベートーヴェン クラシック音楽・マーラー クラシック音楽・モーツァルト クラシック音楽・レスピーギ クラシック音楽:ラヴェル クローズアップ現代 グルメ・クッキング スポーツ ニュース 世界名作劇場 主の祈り 名曲探偵アマデウス 季節の話題 教会学校関係 教育 文化・芸術 新約の歌 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 旧約の歌(詩篇以外) 映画・テレビ 書籍・雑誌 短歌・川柳・俳句 立ち読み日記 経済・政治・国際 聖なる言葉 自作曲・楽譜 詩篇(詩篇117以外) 詩篇117 詩篇23シリーズ 音楽

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

カテゴリー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ