カテゴリー「おすすめサイト」の1000件の記事

2021年7月20日 (火)

ゆとりの美瑛・富良野、小旅行(2日目・2021年7月18日)

ゆとりの美瑛・富良野、小旅行、2日目です。

前日は美瑛を中心に巡りました。

旭川に1泊しました。

そして2日目、9時半頃から出発しました。

まず向かうのは、上富良野町の日の出公園

10時半頃着きました。

前日よりは雲がかかり、山はあまりはっきり見えませんでした。

 

日の出公園では、ウェディング用の撮影が何組も行われていました。

顔が写っていないから、一応、景色の一部として、公開します。

Img_20210718_110403

Img_20210718_104027

Img_20210718_104509

Img_20210718_103636

Img_20210718_104444

さて、その後、一度は中富良野町の「ファーム富田」の前を車で通りました・

延々と、2~3Kmの大渋滞なので、一旦富良野市へ向かうことにしました。

こういう場合、考えたのは、富良野市のどこかに駐車し、

JRで、「ラベンダー畑駅」へ行く、ということでした。

しかし、富良野市の中心部も、大混雑・・・

駐車できるところが見当たりませんでした。

駐車できるところがない、ということは、食べることができない、

ということ・・・

仕方なく、富良野プリンスホテルの方面に向かいました。

そこで、適当に店を見つけて、昼食をとることにしました。

なんとなく見つけたのが、「玉屋」というそば店。

すっかり「孤独のグルメ」状態?(「孤独」ではないけれども)

あまり期待していなかったですが、意外とおいしかったです。

(写真はありません。)

 

その後、富良野に来たら毎回寄っている、「フラノデリス」へ行きました。

ここのプリンが大好きです!

今回は、ケーキセットと、LINEの「友だち登録」で貰った、

プリンを頼みました(1000円以上の購入が条件)。

とても美味しかったです!

Img_20210718_131050

Img_20210718_131130

さて、結局、私たちはJRを使わず、渋滞覚悟で、

ファーム富田へ車で向かいました。

時間は14時すぎ。

しかし、意外なことに、渋滞はほとんどありませんでした。

神様に感謝!

 

ファーム富田で、今回一番感動したのは、ラベンダー畑よりも、

ポピー畑でした。

その光景を見て、思わず声が出てしまったほどです・・・

それにしても、圧倒的な美しさ!

この日だけで、200枚以上の写真を撮りました。

午前中に行った日の出公園も美しいですが、

やはりファーム富田の美しさには脱帽です・・・

 

Img_20210718_142510

Img_20210718_143338

Img_20210718_144500

Img_20210718_150028

Img_20210718_144522

Img_20210718_150144

Img_20210718_152906

Img_20210718_152220

Img_20210718_154040

Img_20210718_154919

Img_20210718_153422

Img_20210718_165029

結局、17時近くまでのんびり滞在しました・・・

あとは札幌に戻るだけ。

 

今回は、かなりのんびりした旅となりました。

いつもなら、美瑛と富良野はセットで、しかも日帰りでした。

こういうゆったり旅は、また行ってみたい、やってみたいです。

全てを導いてくださった神様に感謝!

2021年7月19日 (月)

ゆとりの美瑛・富良野、小旅行(1日目・2021年7月17日)

妻と一緒に、1泊2日で、美瑛と富良野に行きました。

宿泊は、旭川でした。

 

朝8時に、札幌駅近辺のレンタカー店で車を借り受け、

8時半頃には、高速道路に入りました。

当日は素晴らしい快晴でした。

 

9時半過ぎに、1度高速道路を降りて、

砂川市内に入りました。

お目当ては、砂川市の北菓楼本店のケーキセットでした。

9時50分頃到着、10時営業開始を少し待ちました。

 

Img_20210717_102155 

 

朝食兼デザート。

好きなケーキ1つと、ソフトクリームと、

シフォンケーキと、好きな飲み物がセット。

この内容で、税込み770円!実にお得!

旭川方面に向かう際には、必ずと言っていいぐらい、

ここに立ち寄るようになりました。

 

10時半ぐらいには、店を出て、店の周りなどを撮影してから、

また出発!

高速道路で、旭川へ向かい、そこから美瑛町に向かいました。

妻が、適当に選んだ、「青い池」の近くの、「歩人(ほびっと)」という、

ソーセージなどが自慢の店へ。

着いたら12時半過ぎでした。

 

店舗内では飲食できず、外のテーブルで食事をしました。

とても良い眺めが広がっていました。

Img_20210717_131524

ランチ。

二人分で3400円ほど。

少し高めでしたが、美味しかったです。

Img_20210717_125311

さて、昼食の後は、本格的な観光開始!

まずは、そこから10Km以上離れた、十勝岳望岳台へ。

十勝岳などの山々には、まだ雪が少しだけ残っていました。

Img_20210717_133619

 

そして、そこから下山して、白金青い池へ。

以前は駐車料金は無料でしたが、数年前から有料になりました。

(1回500円)

エメラルドグリーンの湖面が芸術的に美しかったです・・・

Img_20210717_140604

Img_20210717_141355

Img_20210717_140937

そして、何回見ても素晴らしい、「四季彩の丘」へ!

14時すぎに到着しましたが、実際にここを出たのは、

16時半ぐらいでした。

ここの景色は、いつもはたくさんの花と丘が織りなす景色が主役ですが、

今まで観たことがないぐらい、十勝岳や大雪山方面の山々が、

はっきりと見えました。

20回以上、四季彩の丘には行っていると思いますが、

ここまで見えたのは初めてです。

 

Img_20210717_145824

Img_20210717_145631

Img_20210717_151634

Img_20210717_150115

Img_20210717_152447

Img_20210717_145627

Img_20210717_160421

Img_20210717_154958

Img_20210717_155438

Img_20210717_154438

Img_20210717_154457

その後、一旦富良野市まで行き、夕食をとった後、

上富良野町の日の出公園のライトアップを観に行きました。

富良野市のワインハウスにも寄り道しました。

Img_20210717_171232

また、上富良野町の千望峠にも行きました。

夕映えに染まる十勝の山々が美しかったです。

こちらの写真は、上富良野駅の近くのスーパーの駐車場にて。

Img_20210717_190135

夜7時過ぎても、なかなか暗くならなかったです。

Img_20210717_192815

さて、肝心のライトアップは、近くまで行けると思っていましたが、

声優・牧野由依さんのライブと、花火大会があるので、

日の出公園は立ち入り禁止となっていました。

上富良野町ライトアップ2021

日の出公園で何が行われているか、動画で見て確認するという、

町民置いてけぼりの企画だったかもしれません。

それでも、2年ぶりに見る花火大会は素晴らしかったです。

Img_20210717_201229

 

花火大会は20時半頃で途中で切り上げ、

旭川へ戻りました。

旭川に着いたのは、22時頃。

宿泊は旭川駅近くのビジネスホテル。

素泊まりでした。

2日目に続く

 

2021年6月 1日 (火)

2021年5月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧

2021年5月のページビュー(PV)数ベスト10記事は以下のとおりです:

(※トップページ及びカテゴリを除く)

ベスト3までと、先月書いた記事(があれば)にはリンクを張っています。

 

一位.「カトリック」か「カソリック」か?~誤用に潜む軽蔑と無知

二位.SACDとBlu-ray Audio、どちらが優れているか?〜音響、価格、将来性・・・

三位.「ポリアンナ症候群」と「ポリアンナ効果」~あるスポーツニュースから

四位.NNNドキュメント’13「口は悪いが腕はいい…自閉症の子を救う男わが子に起きた奇跡」

(2013年2月18日放送)

五位.友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。

(ヨハネ15:13)~あるカトリック神父の、愛ゆえの死

六位.「学び合い学習」は日本の義務教育崩壊を招く!

~おすすめ記事『【解答乱麻】 TOSS代表・向山洋一 亡国の教育「学び合い学習」』

(MSN産経ニュース2012年11月24日掲載)

七位.マーラー:交響曲第7番聴き比べ14種類

八位.映画「ウォーリー」(原題: WALL-E)~29世紀のアダムとイヴ&ノアの箱舟

九位.プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番ト短調op.16聴き比べ5盤

十位.グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調op.16 聴き比べ7盤

 

先月の記事数は、7本・・・

当然と言うべきか、ランクインが1本もありませんでした。

一位は前月と同じ。

もう十年以上の前の記事がまだいろいろ読まれています。

(ちょっと複雑な気分・・・)

3位の記事は、9年前の記事で、直接はあるプロ野球選手に関するものですが、

最近、日本政府要人がこの症候群ではないかと思っています。

五位の記事は、昨年3月のイタリアでの美談を取り上げたものです。

 

ちなみに、

最近は言論・主張をツイッターに移してしまっています。

2021年6月1日現在、ツイート数9.8万、

フォロワー数950となっています。

 

なぜか肌寒い北海道の6月。

でも半月もすれば、「暑い、暑い!」と言っているのかもしれません。

今月もご愛読よろしくお願いいたします。

皆様に祝福と平安が豊かにありますように・・・

2021年5月 5日 (水)

5月4日みどりの日なのでひたすらブラームスの交響曲第4番を聴いてみた件(2021年5月4日)

2021年5月4日みどりの日の祝日。

札幌は快晴でした。

 

お昼頃、昼食と散歩に行った以外は、

ひたすらブラームスの交響曲第4番を聴いた1日でした。

聴いた都度ツイッター投稿しました。

今回は少し手抜き記事で、その投稿をまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年5月 4日 (火)

真駒内用水と真駒内公園の桜(2021年5月4日)

2021年5月4日、みどりの日の祝日。

札幌は快晴でした。

お昼頃から、妻と一緒に札幌市南区の真駒内公園周辺を散策しました。

 

真駒内駅から数百メートルのところにある、

真駒内用水(現在、用水としては使われていない)のところの桜が見事でした。

Img_20210504_113027

 

Img_20210504_113034

 

Img_20210504_112534

 

Img_20210504_112659

Img_20210504_112504

 

真駒内公園の桜も見事でした。

Img_20210504_125818

 

Img_20210504_134627

Img_20210504_134909

Img_20210504_130850

Img_20210504_124043

 

 

 

2021年5月 2日 (日)

2021年4月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧

2021年4月のページビュー(PV)数ベスト10記事は以下のとおりです:

(※トップページ及びカテゴリを除く)

ベスト3までと、先月書いた記事(があれば)にはリンクを張っています。

 

一位.「カトリック」か「カソリック」か?~誤用に潜む軽蔑と無知

二位.「そうだったのか!」が「うそだったのか!」になる時~池上彰さんの功罪

三位.SACDとBlu-ray Audio、どちらが優れているか?〜音響、価格、将来性・・・

四位.日本のキリスト教伝道はいつまでも伝統文化否定型でいいのか?

~おすすめWEB記事「伝道の新しい潮流」(久保有政牧師)

五位.「学び合い学習」は日本の義務教育崩壊を招く!

~おすすめ記事『【解答乱麻】 TOSS代表・向山洋一 亡国の教育「学び合い学習」』

(MSN産経ニュース2012年11月24日掲載)

六位.NHK・「永遠のヒロイン その愛と素顔『ビビアン・リーを探して』」(2010年12月4日再放送)

七位.「ポリアンナ症候群」と「ポリアンナ効果」~あるスポーツニュースから

八位.マーラー:交響曲第7番聴き比べ14種類

九位.マーラー:交響曲「大地の歌」名盤追加3盤

十位.宿題を出す先生、出さない先生、どちらがいい先生?〜学力をつけるのは授業か、宿題か?

 

先月の記事数は、2本・・・

当然と言うべきか、ランクインが1本もありませんでした。

一位は前月と同じ。

もう十年以上の前の記事がまだいろいろ読まれています。

(ちょっと複雑な気分・・・)

 

ちなみに、

最近は言論・主張をツイッターに移してしまっています。

2021年5月1日現在、ツイート数8.9万、

フォロワー数898となっています。

 

新緑が美しい五月。

今月もご愛読よろしくお願いいたします。

2021年5月 1日 (土)

中島公園の桜(2021年5月1日)

これほど見事な桜並木は、ここ数年見たことがない・・・

そんな気 がしました。

妻と一緒に、札幌市中央区の中島公園へ桜を見に行きました。

 

地下鉄南北線幌平橋駅で下車、中島体育館、北海道文学館の横を通って、

中島公園駅の近くまで行き、日本庭園、豊平館を経て、

再び幌平橋駅に戻る、というコースでした。

 

幌平橋駅を出てすぐの桜

Img_20210501_155951

 

中島体育館横の桜。意外な穴場。

Img_20210501_160508

Img_20210501_160537

Img_20210501_160248

Img_20210501_160137

Img_20210501_160149

北海道文学館横から続く、桜のトンネル。

あまりにも美しい・・・

桜で札幌パークホテルが隠れてしまっていました。

Img_20210501_161423

Img_20210501_161556

Img_20210501_161651

Img_20210501_161656

Img_20210501_162224

Img_20210501_162048

さらに、日本庭園へ。

Img_20210501_163412

Img_20210501_163452

そして、豊平館前へ。

柳と桜がとても風情があり、まるでヨーロッパの古いお屋敷みたい・・・

その後ろにそびえたつ、現代的な高層ホテルとのミスマッチがまた面白いかも。

Img_20210501_164141

Img_20210501_164245

Img_20210501_164630

昨年(2020年)は札幌市の公園が封鎖され、

こういう景色も見ることができませんでした。

今年は大丈夫でしたが、反面、

去年とは比較にならないほど感染状況が悪化しているのに、

去年よりも軽度な規制でいいのか、と思わずにはいられませんでした。

それはともかく、春の美の恵みを堪能!

神様に感謝!

 

2021年4月 2日 (金)

2021年3月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧

2021年3月のページビュー(PV)数ベスト10記事は以下のとおりです:

(※トップページ及びカテゴリを除く)

ベスト3までと、先月書いた記事(があれば)にはリンクを張っています。

一位.「カトリック」か「カソリック」か?~誤用に潜む軽蔑と無知

二位.SACDとBlu-ray Audio、どちらが優れているか?〜音響、価格、将来性・・・

三位.「そうだったのか!」が「うそだったのか!」になる時~池上彰さんの功罪

四位.「学び合い学習」は日本の義務教育崩壊を招く!

~おすすめ記事『【解答乱麻】 TOSS代表・向山洋一 亡国の教育「学び合い学習」』

(MSN産経ニュース2012年11月24日掲載)

五位.ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第3番聴き比べ4盤

〜マツーエフ、アルゲリッチ、ユジャ・ワン、アシュケナージ・・・

六位.埼玉県の道徳教材掲載「天使の声」は美談・美徳としてはいけないのか?

七位.小学校の卒業式に袴やコスプレは必要なのか?

〜小学校最後の思い出の場が格差を見せつける場になっている現状・・・

八位.インクルーシブ(インクルージョン)教育は子どもにとって本当に幸福なのか?

~おすすめブログ記事「脱インクルージョン教育」(ブログ名:斜に構えてみる)

九位.NNNドキュメント’13

「口は悪いが腕はいい…自閉症の子を救う男わが子に起きた奇跡」

(2013年2月18日放送)

十位.マーラー:交響曲第7番聴き比べ14種類

(次点)

十一位.札幌国際スキー場で、2020-2021シーズン滑り納め?(2021.3.6)

十一位.グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調op.16 聴き比べ7盤

 

先月の記事数は、3本・・・

当然と言うべきか、ランクインが1本もありませんでした。

一位はまた返り咲きですね。

 

ちなみに、

最近は言論・主張をツイッターに移してしまっています。

2021年4月2日現在、ツイート数8.1万、

フォロワー数855となっています。

 

札幌ではようやくフキノトウやクロッカスが土の中から顔を出しました。

もう春ですね。

そして本日は聖金曜日。

 

キリストは

神の形でありながら

神と等しくあることに固執しようとは思わず

かえって自分を無にして

僕の形をとり

人間と同じ者になられました。

人間の姿で現れ

へりくだって、死に至るまで

それも十字架の死に至るまで

従順でした。

このため、神はキリストを高く上げ

あらゆる名にまさる名を

お与えになりました。

それは、イエスの御名によって

天上のもの、地上のもの、地下のものすべてが

膝をかがめ

すべての舌が

「イエス・キリストは主である」と告白して

父なる神が崇められるためです。

(新約聖書フィリピの信徒への手紙2:6~11新共同訳)

 

Img_20210327_104252

Img_20210328_121352

Img_20210331_071753

今月もご愛読よろしくお願いいたします。

2021年3月20日 (土)

メンデルスゾーン:交響曲第5番「宗教改革」4盤~マゼール盤最高!

先日、フランクの交響曲を聴き比べするために、

家にある盤に、追加で、

ロリン・マゼール指揮ベルリン放送交響楽団によるDG盤を入手しました。

 

Franck: Symphonie D-moll; Mendelssohn: Symphony No. 5 / Maazel

 

聴いてみて、フランクも激情型で素晴らしかったですが、

それ以上に魅力に感じたのが、メンデルスゾーンの「宗教改革」でした。

 

メンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」は、

「第5番」となっているものの、実際に作られたのは、

2番目で、21歳の時に完成。

第1楽章に「ドレスデン・アーメン」(讃美歌567Ⅲ)、

第4楽章にルターの有名な讃美歌「神はわがやぐら」(讃美歌267)が使われています。

ルーテル教会300周年を記念するために作られた、とのこと。

 

そんな肩書や作曲の経緯はさておいて、

曲として、今まで魅力を感じたか、というと、

はっきり言ってNo!でした。

第3番「スコットランド」、第4番「イタリア」に比べると、

かなり落ちる印象しか受けませんでした。

それを見事に覆したのが、マゼール盤でした。

まさに怒涛の演奏!

 

今回、家にある「宗教改革」の盤を全部引っ張り出して聴いてみました。

全部、といっても、いろいろ探して結局4盤(マゼール盤含む)。

結論から言えば、マゼール盤を正真正銘のビールとすれば、

一番最善のカラヤン盤でさえ、せいぜい発泡酒、

あとはビール風味のノンアルコールビールみたいなものでした。

それでも、一応紹介しておきましょう。

 

点数評価の低⇒高の順に紹介します。

〇トスカニーニ指揮NBC交響楽団(PLAGA※原版RCA)

1953年12月

SACDハイブリッド盤

カップリング:メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」、

ワーグナー:「パルジファル」より「聖金曜日の音楽」

 

Mendelssohn: Symphonies 4 & 5

 

こちらはXRCD。こちらの方が入手しやすいようです。

以前所有していましたが、上記SACDを入手したので売却処分。

メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」&第5番「宗教改革」[XRCD]

 

☆3.0

第1楽章 10:37

第2楽章 05:31

第3楽章 03:08

第4楽章 10:18

 

録音はモノラルですが、あまり気になりません。

トスカニーニの超名盤「イタリア」のおまけ、という扱いでしょう。

これでステレオ録音だったら、もう少し評価が変わるかもしれません。

 

〇サー・ジョン・エリオット・ガーディナー指揮ロンドン交響楽団(LSO)

2014年10月

SACDハイブリッド盤(※ブルーレイ・オーディオ盤も付属)

メンデルスゾーン:交響曲全集(+夏の夜の夢、序曲2曲)

 

Symphonies No.1-5 -Sacd-

 

☆3.0

第1楽章 11:00

第2楽章 04:46

第3楽章 03:36

第4楽章 08:43

 

録音は優秀ですが、やはり「宗教改革」という理念に対して、

現代的な、冷めた態度で客観的に俯瞰している、という感じを受けます。

 

〇カラヤン指揮ベルリン・フィル(DG)

1972年2月

SACDシングルレイヤー

メンデルスゾーン:交響曲全集

 

メンデルスゾーン:交響曲全集

(Amazonで2021年3月20日現在、新品が28343円!)

ちなみに、ジャケットの絵は、実はメンデルスゾーンが描いたものです。

フィレンツェの街並み。

絵でも天才的!

 

こちらは通常CD(でも高値がついています。)。

メンデルスゾーン:交響曲第1番&第5番「宗教改革」

 

☆3.5

第1楽章 12:56

第2楽章 06:56

第3楽章 04:24

第4楽章 08:51

 

とても雄大で立派な演奏です。

しかし、マゼール盤と比較すると、

やはり「宗教改革」という理念への共感の薄さが否めません。

純粋な演奏としてはこれで十分なのでしょうが・・・

 

〇マゼール指揮ベルリン放送交響楽団(DG)

1961年

通常CD

カップリング フランク:交響曲

(※オリジナルは、メンデルスゾーンの「イタリア」だったそうです。)

 

Franck: Symphonie D-moll; Mendelssohn: Symphony No. 5 / Maazel

 

☆4.5

第1楽章 10:34

第2楽章 05:22

第3楽章 03:00

第4楽章 07:55

 

第1楽章から、パワフルさ、彫りの深さに圧倒されます。

前述の3盤と同じ曲なのに、まるで違うかのように聴こえてくるほどです。

第2楽章、第3楽章も同様。

この曲の魅力を十二分に引き出した、超弩級名演です!

そして、第4楽章!

オールド・プロテスタントの人なら感涙しそうな、

宗教改革の理念(「神はわがやぐら」)の勝利が、

高らかに奏でられます。

私はこの演奏でようやく、この曲の素晴らしさに開眼させられました。

 

かなり前の一時期、日本ナザレン教団の夕礼拝に出席していたことがあります。

当時の主任牧師が、

宗教改革のことを興奮気味に大声で語るのをなんとなく思い出しました。

 

ちなみに、私にとっての、歴史的・宗教的視点での「宗教改革」はというと・・・

長くて、批判的になりそうなので、割愛します。

10月31日の宗教改革記念日は、すっかりハロウィンに覆われて、

目立たなくなってしまった、というのが実感です。

当のルーテル教会ですら、

今やカトリック教会と、宗教改革について共同で記念するほどになっています(2017年)

ローマ・カトリックと宗教改革500年

 

もはや、カトリックがプロテスタントを異端呼ばわりしたり、

その逆に、プロテスタントがカトリック教会を非難したりするのは、

時代錯誤も甚だしい、と言わざるを得ないのです。

 

そういう意味では、現代的な観点で、

メンデルスゾーンの「宗教改革」を価値づけてみれば、

もしかすると、ガーディナー盤が、

「政治的に正しい」(ポリティカル・コレクトネス )のかもしれません。

マゼール盤は、西部劇やディズニー・プリンセスの時代の産物なのかも・・・

 

ちょうどこの記事を書こうとしていたら、

本日(2021年3月20日)のBSテレ東「エンター・ザ・ミュージック」では、

メンデルスゾーンの「宗教改革」特集でした。

メンデルスゾーン:交響曲第5番「宗教改革」

実にグッドタイミング!

演奏も素晴らしかったです。

讃美歌の事にも言及してくれていました。

2021年3月 7日 (日)

札幌国際スキー場で、2020-2021シーズン滑り納め?(2021.3.6)

3週連続で、妻と一緒に、

スキーに行く事になりました。

(2021.2.20⇒サッポロテイネ、2.27&28⇒トマム

 

今回は、当初旭川市のカムイスキーリンクスへ初めて行く予定でしたが、

3月6日当日になって、吹雪がひどいのと、

カムイスキーリンクスでスキー大会が行われるので、何コースか使えない、

というのを知り(混雑が見込まれるので)、

急遽、札幌国際スキー場に行き先を変更しました。

前日晩から、レンタカーを借りておきました。

 

札幌市中心部を午前9時半頃出て、

11時前には札幌国際スキー場へ到着しました。

道中、ホワイトアウトっぽい瞬間が何回かありました。

 

スキーのスタートは11時10分。

現地の気温はー10℃前後(ほぼ変わらなかったです。)。

最初は初級の「メルヘンコース」から。

当日の積雪量は330cmとのこと。

この日の初滑りは、まるでベビーパウダーの上を滑っているかのようで、

ふわふわの雪に感動しました。

 

今回は、上級者コース(ダウンヒルコース)にも何回か行きました。

午前中~13時くらいまでは、風雪が酷かったですが、

14時頃からは、時折青空が出てきました。

さすがにスキーが終わる頃には上半身や手足指が冷え切っていました。

でも、最高~!!!

 

スキー終了は15時50分頃。

リフト1日券+温泉の「温泉入浴パック」(4800円)だったので、

いざ、定山渓の温泉街へ!

温泉は、いくつかの選択肢があり、定山渓温泉の他、

豊平峡温泉や小金湯温泉、小樽の朝里川温泉も選べます。

今回は、定山渓の「定山渓温泉ホテル鹿の湯」を選びました。

1927年創業とのこと。

 

普段はあまりゆったり湯船につからない方なのですが、

今回は疲れていたのと、体が冷え切っていたせいか、

いつもの何倍もの時間、湯船につかっていました。

ほんのりと硫黄の匂い・・・

 

今回は、あまり写真を撮っていません(ずっと吹雪続きだったので・・・)が、

何枚か紹介します。

 

Img_20210306_120218

Img_20210306_135250

 

さて、2020-2021シーズンのスキーも、

もしかすると今回で滑り納めかもしれません。

というのも、北海道では、

今週から最高気温がプラスになる日が続くようになるらしいからです。

 

最高気温がマイナスに戻って、なおかつ積雪が10~20cmあれば、

ラストチャンスで、3月下旬にもう1度行ってみたいとは思っていますが、

どうなのでしょうか・・・

なにはともあれ、神様に感謝!

 

ちなみに、今シーズン、

札幌国際に2回、サッポロテイネに2回、トマムに2回(日帰り+1泊2日)の、

計6回スキーに行くことができました。

これも感謝!

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHK おすすめサイト お知らせ らららクラシック アニメ・コミック カトリック的作品 クラシック音楽・エルガー クラシック音楽・ガーシュウィン クラシック音楽・サン=サーンス クラシック音楽・シベリウス クラシック音楽・シュトラウス(R) クラシック音楽・シューベルト クラシック音楽・シューマン クラシック音楽・ショスタコーヴィチ クラシック音楽・ショパン クラシック音楽・チャイコフスキー クラシック音楽・ドビュッシー クラシック音楽・ドヴォルザーク クラシック音楽・バッハ(J・S) クラシック音楽・フォーレ クラシック音楽・フランク クラシック音楽・ブラームス クラシック音楽・ブルックナー クラシック音楽・プロコフィエフ クラシック音楽・ヘンデル クラシック音楽・ベートーヴェン クラシック音楽・マーラー クラシック音楽・メンデルスゾーン クラシック音楽・モーツァルト クラシック音楽・レスピーギ クラシック音楽:ラヴェル クローズアップ現代 グルメ・クッキング スポーツ ツイッター ニュース 世界名作劇場 主の祈り 名曲探偵アマデウス 季節の話題 教会学校関係 教育 文化・芸術 新約の歌 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 旧約の歌(詩篇以外) 映画・テレビ 書籍・雑誌 短歌・川柳・俳句 立ち読み日記 経済・政治・国際 聖なる言葉 自作曲・楽譜 詩篇(詩篇117以外) 詩篇117 詩篇23シリーズ 音楽

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ