« プリキュアシリーズ全話見終えて | トップページ | 2022年7月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

2022年7月29日 (金)

グリーグ:「ペール・ギュント」聴き比べ~第1組曲を中心に

グリーグの「ペール・ギュント」組曲といえば、

第1組曲の「朝」が最も有名ですね。

爽やかで清々しい朝の光景が思い浮かびます。

続いて、同じ第1組曲の「山の魔王の宮殿にて」。

私は最近この曲を聴くと、ついドラマ「家政夫のミタゾノ」を思い出してしまいます(笑)

ある意味、中毒性の高い音楽とも言えます。

それはさておき、最近、ようやくこれら個別の曲だけでなく、

組曲全体の流れがとても好きになりました。

家にもともとあったのが2盤(カラヤン新盤とセル盤)。

その上に3盤買い足して、第1組曲を中心に聴き比べてみました。

ただし、厳密な比較をできるのは、

後述のカラヤン盤2種類の間だけです。

 

録音の古→新の順で紹介します。

なお、トラック名については、各CDのジャケット・解説書通りの記述とします。

(たとえば「オーの死」と「オーの死」、

「山の魔王の広間にて」と「山の魔王の宮殿にて」など・・・)

 

サー・トーマス・ビーチャム指揮ロイヤル・フィルハーモニー管(WARNER/タワレコ限定)

1956~1957年録音

SACDハイブリッド盤

収録曲(組曲版ではありません)

※第1、第2組曲に含まれるもののみ収録時間を記載。

 

☆3.5

1.結婚行進曲

2.第2幕への前奏曲 花嫁の略奪とイングリッドの嘆き 4:27

3.山の魔王の広間にて(※声楽入り) 2:16

4.朝  4:10

5.オーゼの死 5:56

6.アラビアの踊り(※声楽入り)4:44

7.ソルヴェイグの歌(※声楽入り)5:20

8.アニトラの踊り 4:03

9.ペール・ギュントの帰還~嵐の情景 3:04

10.ソルヴェイグの子守唄(※声楽入り)

 

全曲盤は結局私は持っていませんが、これぐらいで十分かも。

歌詞対訳がついていないので、何を歌っているのかわかりませんが、

「山の魔王の~」は迫力十分です。

なお、カップリングは、

グリーグの「4つの交響的舞曲 第2曲」と、

「演奏会用序曲『秋に』」、「古いノルウェーの民謡による変奏曲」です。

なかなかツウな選曲・・・

 

〇カラヤン指揮ウィーン・フィル(DECCA)

1961年9月録音

SACDシングルレイヤー

カップリング:アダン:バレエ「ジゼル」全曲

 

☆4.0

収録曲

1.朝 4:04

2.オーセの死 4:47

3.アニトラの踊り 3:36

4.山の魔王の宮殿にて 2:29

5.イングリッドの嘆き 4:22

6.ソルヴェイグの歌 5:50

 

第1組曲に第2組曲から2曲を足したものと解釈できます。

この盤と、後述のベルリン・フィル盤(1971年録音)が、

最も「山の魔王の~」の迫力がスゴイです。

演奏、録音ともに「素晴らしい!」の一言に尽きます。

 

〇ジョージ・セル指揮クリーヴランド管(SONY)

1966年1月録音

SACDシングルレイヤー

カップリング:ビゼー:「アルルの女」第1・第2組曲、

ムソルグスキー/ラヴェル:組曲「展覧会の絵」、

ムソルグスキー:歌劇「ホヴァンシチナ」より前奏曲「モスクワ河の夜明け」

 

☆4.0

収録曲 第1組曲+ソルヴェイグの歌

1.朝の気分 4:12

2.オーセの死 5:03

3.アニトラの踊り 2:32

4.ソルヴェイグの歌(第2組曲より)

5.山の魔王の広間にて 2:24

 

こういう作品でも決して妥協しないセルの指揮が、

凛とした魅力を醸し出しています。

「山の魔王~」はカラヤンほどの迫力には至っていませんが、

「朝」はカラヤン盤以上かもしれません。

 

〇カラヤン指揮ベルリン・フィル(DG)

1971年9月録音

通常CD

カップリング

シベリウス:「フィンランディア」、「悲しきワルツ」、「トゥオネラの白鳥」

☆4.0

第1組曲

1.朝 4:01

2.オーセの死 4:46

3.アニトラの踊り 3:44

4.山の魔王の宮殿にて 2:07

第2組曲

1.花嫁の略奪~イングリッドの嘆き 4:53

2.アラビアの踊り 4:38

3.ペール・ギュントの帰郷 2:42

4.ソルヴェイグの歌 6:15

 

全盛期のカラヤンのパワフルな演奏です。

「山の魔王~」は、ウィーン・フィル盤とこの盤があれば十分かもしれません。

 

〇カラヤン指揮ベルリン・フィル(DG)

1982年1~2月録音

SACDシングルレイヤー

カップリング シベリウス:組曲「ペレアスとメリザンド」

 

※既にSACDシングルレイヤー盤は廃盤のようなので、

通常CDを紹介します。

☆3.5

第1組曲

1.朝 4:03

2.オーセの死 4:37

3.アニトラの踊り 3:17

4.山の魔王の宮殿にて 2:15

第2組曲 

1.花嫁の略奪~イングリッドの嘆き 4:54

2.アラビアの踊り 4:51

3.ペール・ギュントの帰還 2:55

4.ソルヴェイグの歌 6:09

 

力が抜けた、少しおとなしめの演奏。

これでは物足りないと思って、買い足しに走ってしまいました・・・

でもこれだけ聴けば、結構良い演奏だと思います。

« プリキュアシリーズ全話見終えて | トップページ | 2022年7月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

クラシック音楽・グリーグ」カテゴリの記事

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ