« ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲RV271《恋人》~カラヤン盤でキマリ! | トップページ | 2021年11月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

2021年11月16日 (火)

サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ3盤

サン=サーンスの音楽は、私にとっては、

長い間、「交響曲第3番《オルガン付》」と、

組曲「動物の謝肉祭」だけの作曲家でした。

(オマケで「サムソンとデリラ」のアリア「あなたの声に私の心は開く」と、

交響詩「死の舞踏」・・・)

しかし近年になって、ようやく他のジャンル、

ピアノ協奏曲の価値にも開眼できました。

サン=サーンス:ピアノ協奏曲第5番「エジプト風」 Op.103聴き比べ4盤

※2018年の記事です。

 

そして最近になって、やっと「ヴァイオリン協奏曲第3番」と、

「序奏とロンド・カプリチオーソ」の価値に開眼されました。

今回は、「序奏とロンド・カプリチオーソ」について書きます。

この曲は9分程度の演奏時間です。

何かの曲のオマケ収録的存在です。

 

我が家には、3盤ありました。

低⇒高の順に書きます。

 

〇アラベラ・シュタインバッハー(Vn)、

ローレンス・フォスター指揮モンテカルロフィルハーモニー管(PENTATONE)

2014年10月録音

SACDハイブリッド盤

☆3.0

9:51

か細い印象です。

 

〇グリュミオー(Vn)、

マニュエル・ロザンタール指揮コンセール・ラムルー菅(DECCA)

1963年4月録音

通常CD

☆3.5

9:04

おおむね合格点ですが、何か品が良すぎる印象でした。

洗練されすぎているのがマイナスかも・・・

なお、タワレコから、同一演奏がSACDハイブリッド盤で出ています。

ラロ:スペイン交響曲、サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ、ショーソン:詩曲、ラヴェル:ツィガーヌ<タワーレコード限定>

実は、SACD盤と聴き比べたのですが、

なんと、通常CDの方がハリのある音響でした・・・

 

〇ダヴィッド・オイストラフ(Vn)、

シャルル・ミュンシュ指揮ボストン響(SONY)

1955年12月録音(MONO)

通常CD

☆4.0

8:58

モノラル録音というのは、言われないとわからないぐらいです。

この曲が求める「野性味」のようなものが十分感じられる、

ソロ、オケともにパワフルな演奏です。

このアルバムは、モントゥーの指揮による、

ハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲のために買ったものです。

そちらもオススメです。

« ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲RV271《恋人》~カラヤン盤でキマリ! | トップページ | 2021年11月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

クラシック音楽・サン=サーンス」カテゴリの記事

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ