« バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番オススメ3盤 | トップページ | 秋深まる石山緑地へ(2021年9月25日) »

2021年9月23日 (木)

「スイートプリキュア」とシェーンベルクの「浄夜」

dアニメストアで、「スイートプリキュア」を観終わりました。

(以下「スイプリ」)

※2021年9月23日現在、Amazonプライムでも視聴できます。

 

プリキュアシリーズ制覇は、これで12本目です。

(初代&スイプリ以降すべて)

dアニメストアで、「ハートキャッチプリキュア」、

「Yes!プリキュア5」も先に観ていたのですが、

それらは40話付近で停滞中・・・

かなり後から観た、「スイプリ」が先にゴールしてしまいました・・・

 

実は、キャラクターデザインと、「音楽(と友情)」がテーマ、ということで、

何年か前に、一度DVDを借りて視聴挑戦したのですが、

第1話で、早くも躓いてしまいました。

物語同様、ささいなきっかけでした。

「音楽」がテーマなのに、音楽演奏がかなりテキトーなのが目につきました。

⇒メイジャーランドでは、ヴァイオリンやチェロが、自分で自分を弾いている、など・・・

そして、作品の本質にかかわる、主役二人の仲たがい・・・

そう、音楽で言えば、不協和音の連続のような感じです。

 

実際、本当に面白いなぁ・・・と思えるようになったのは、

様々な誤解や騙し合いがあっても、主役の響と奏(ひびかな)が、

お互いを信頼し続けるのが強固になる、20話近くあたりからでした。

断然面白くなるのが、追加戦士のキュアビート=黒川エレン加入からです。

一番楽しかったのは、30話のクイズ回!

キュアミューズ加入からは、奏の存在感が薄くなってしまったのは少し残念でした。

 

スイプリは、ストーリー展開がなかなかテンポ良く進みます。

(1話ずつ見れば面白い、「スマイルプリキュア」や、

現在まだ完走していない、「ハートキャッチプリキュア」などは、

先を観たい、という感じではないので、少し停滞中なのです・・・)

 

終盤の展開、特に46~48話は、とても感動しました。

涙をこらえるのに必死・・・

ラストの感銘で言えば、今までで観たシリーズ中ベスト3に入るかもしれません。

(ベスト1はやはり「Goプリンセスプリキュア」)

東日本大震災の年のプリキュアとして、

悲しみを見ないふりをするのが幸せとは言えないもの 」(第48話)というメッセージは、

とても深いものがあります。

後年の、「Goプリンセスプリキュア」の最終話の結論と並ぶものかもしれません。

 

ところで、この作品を観終わって、ふと思い浮かんだのが、

この「スイプリ」をクラシック音楽で例えたら、何になるだろうか、

ということです。

そこで閃いたのが、シェーンベルクの「浄夜」でした。

 

 

「浄夜」は、とても重苦しい展開から始まります。

世界が崩れ落ちるような苦悩・・・

そこから、和解と赦しのメロディへと変容していきます。

「スイプリ」のストーリー展開のような感じがしました。

「浄夜」は、R・シュトラウスの「変容(メタモルフォーゼン)」と並んで、

暗いけど時々聴きたくなる曲の一つです。

もちろんベストはカラヤン盤!

あのカラヤンが、新ウィーン学派の作品を取り上げて録音、というのは、

実に画期的なことでした。

ちなみに、ベルクの「3つの管弦楽曲 作品6」と、

ウェーベルンの「交響曲 作品21」を超久しぶりに聴いてみました。

前者はホラー映画の世界、後者はよくわからないけど、

実は笑える曲なのかもしれない、なんて思ってしまいました・・・

(ベルクとウェーベルンのファンの方、ゴメンナサイ・・・)

« バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番オススメ3盤 | トップページ | 秋深まる石山緑地へ(2021年9月25日) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番オススメ3盤 | トップページ | 秋深まる石山緑地へ(2021年9月25日) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ