« 日帰り・砂川、美瑛、旭川の旅(2020年9月26日) | トップページ | 2020年9月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

2020年10月 1日 (木)

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』~極上の映像美と音楽!

2020年10月1日(木)、映画の日であり、中秋節の日。

(中国では国慶節ですね)

久々に平日休みが取れたので、妻と一緒に、映画を観に行きました。

コロナ禍の中、映画館に行くのはかなり久しぶりです。

(ブログの記録を見ると、2019年8月に、映画「天気の子」を観に行った以来です。)

観た作品は、『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』です。

京都アニメーション(以下「京アニ」と略記)のあの悲惨な事件以来、

何度も上映が延期になった作品です。

 

TVアニメ版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、

放送当時(2018年1~4月)、第1話を録画で観て、

「なんとなく入りづらいなぁ・・・」とパスしてしまいました。

その後、今年になってから、Netflixで改めてNetflixで視聴して、

すっかりハマってしまいました。

第1話~第3話をなんとかクリアさえすれば、

あとは感動と美の世界が待っています・・・

第4話以降は毎回涙ウルウルで観てしまいました。

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン1

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン2

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン3

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン4

 

TV版の中で最も感動したのが、

第10話「愛する人は ずっと見守っている」。

病気のため死期が迫っている母親が、

幼い娘のために、毎年の誕生日に手紙が届けられるよう、

50通もの手紙(=50年分)の代筆をヴァイオレットに頼む、という話でした。

この回の最後はまさにボロ泣きものでした・・・

 

そのエピソードのおそらく60~70年後、

(通常の歴史で言えば、1970年~80年頃?

※この作品は、架空の国と架空の歴史、架空の文字(ロシア語っぽい字)、

そしてオーバーテクノロジーの義手、というフィクションの仕掛けがあります。

舞台は、通常の歴史で言えば、1920年頃と思われますが、

作品の中の歴史と現実の歴史は違うので、あまり細かいことは・・・)

第10話で毎年亡き母からの手紙が届けられた少女が成長して、

大人になり、母となり、祖母となって、亡くなったところに、

その孫が親と一緒に来るところから始まります。

(そのエピソードを思い出しただけで、開始5分ほどでもう涙が・・・)

 

祖母が大切にしていた手紙。その手紙を代筆した、

ヴァイオレット・エヴァーガーデンに興味を抱き、

テレビ版の舞台となったライデンの街を訪れ、

ヴァイオレットの足跡をたどることで物語は進みます。

 

テレビ版ではもやもやで終わった、最愛の少佐の生死。

劇場版では見事な結末を迎えます。

(ネタバレは書きませんが・・・)

 

それにしても、なんという映像美と、音楽の美しさでしょう!

途中の、曇り空からの雨の描写が、すごく美しい!

ここの映像表現の緻密さと美しさには驚嘆しました。

あの「天気の子」よりも美しいのでは?

 

そして、今時これほどベタな、甘美な音楽・・・

アニメを超えて、メロドラマの世界です。

途中の、すごく悲しいエピソードを見事に彩っていました。

(途中の悲しいエピソードのところは泣いてしまいました・・・)

 

また、この作品では、あえて「余白」を作ったところが見事でした。

あえて、セリフをカットして、話している様子だけ流し、

音楽で代弁させるとか、

顔の表情よりも、握った拳の震えとか、そういうので描写するとか・・・

ラスト手前の歓喜の瞬間は、あえて直接描写せず、

ライデンでの花火で代弁させていました。

 

妻は、テレビ版にも興味を示さず、まったくの「一言さん」状態でしたが、

「ドール=自動手記人形」といった用語の説明が劇場版できちんとあったので、

なんとか話に入っていくことができたそうです。

妻は泣くまで至りませんでしたが、私はノックアウト・・・

TV版のエンディングテーマ「みちしるべ」が流れるところは特に・・・

 

欲を言えば、途中の回想シーン(特に戦闘シーン)や、

幾つかのエピソードをカットして、

現在の150分から、120分ぐらいにした方がよかったのでは、

とも思いましたが・・・

 

それでも、京アニのこの作品が無事に劇場公開されたことに感謝!

観る価値のある素晴らしい作品です。

 

主人公、ヴァイオレット・エヴァーガーデン役の石川由依さんの演技が実に素晴らしい!

無感情なところから、愛を抱く女としての声までの幅が見事でした。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの生涯を一言で表すと、

「孤児から殺人兵器になり、戦争が終わって手紙を書く仕事を通して人間となり、

『あいしてる』を知って『女』になり、ついには記念切手にまでなった女性」でしょうか・・・

 

私はアニメスタッフの事までは詳しくない、そこそこアニメファンなので、

エンドロールで流れる制作スタッフを眺めても、

特に感慨がありませんでしたが、

詳しい人が見たら、「あの人も、この人も・・・」と思うと、

胸が詰まるのでしょうね・・・

« 日帰り・砂川、美瑛、旭川の旅(2020年9月26日) | トップページ | 2020年9月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

季節の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日帰り・砂川、美瑛、旭川の旅(2020年9月26日) | トップページ | 2020年9月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ