« BS12・CHINA HOUR 特別編 ザ・ロックダウン-武漢闘病記-(2020年4月22日放送) | トップページ | バッハ・マラソン実施中! »

2020年4月24日 (金)

NHKEテレ・バリバラ「バリバラ桜を見る会~バリアフリーと多様性の宴~ 第1部」(2020年4月23日放送)~王様を裸だと笑い飛ばせる自由!

最近、NHK総合のニュース番組を観ないようにしています。

(例外として、NHKBS1の「ワールドニュース」と、

10分間の「BSニュース」は観るようにしていますが・・・)

政府報道を垂れ流す、大本営発表の巣窟と化しているからです。

観るテレビの大半がNHKだった我が家(というよりは、私)では、

ついでにNHKの番組そのものを観ることがかなり減りました。

 

そんな中で、政権べったりのNHKから、まさかこんな番組が放送されるとは、

実にオドロキでした!

2020年4月23日に放送された、

NHKEテレ・バリバラ「バリバラ桜を見る会~バリアフリーと多様性の宴~ 第1部」です。

何せ、「桜を見る会」ですよ!

2019年度、多様性に「功労があった」方を「招待して」、

一応、密にならないような配慮をしていました。

招待者リスト」は、早速「シュレッダー処理」(手動)されてしまいました・・・

全体的に、実に「攻めた」内容だと思いました。

ツイッターで正論を言うのを読むのが好きですが、

こういう風に、クスっと笑える、しかも毒が強いのも大好きです。

(結構、ブラックユーモアが好きな方なので・・・)

 

招待客として、性暴力被害者の環境づくりに尽力する伊藤詩織さん、

人種・民族差別撤廃に声をあげてきた崔江以子さんなどが出ていました。

伊藤詩織さんの「勝訴」になぜ世界は騒ぐのか 日本人に感じる当事者意識の低さ(東洋経済オンライン 2019/12/27 5:50)

 

何かよくわからないコントもありましたが、私にとってウケたのは、

某国の「国会中継」みたいなものです。

(「日本」ではないですよ・・・一応。)

副首相の「不愛想太郎」氏の答弁とか、首相の「アブ ナイゾウ」氏とか・・・

ちゃんと答弁ペーパーがありました!

(ついでなら、プロンプターも用意しておけばよかったのに?)

 

おふざけの中で、伊藤詩織さん、崔江以子さん自らが、

自身へのヘイト攻撃の恐怖感を、実際のツイート映像を交えて語っているのも、

見事でした。

 

 

 

さっそく、ツイッター上では、「NHKひどい!」とか、「NHKが反日!」とか、

伊藤詩織さんらへの誹謗中傷のツイートが溢れていました。

しかし、こういう世の中だからこそ、裸の王様を裸だと笑い飛ばせるのは、

むしろ健全なことではないでしょうか?

(そんなに疚しいことがないなら、

さっさとリストなり証拠書類を出せばいいだけなのに・・・)

 

裸の王様を裸だ、と事実を言うだけで逮捕されたり、

迫害されるのは、もはやファシズム・全体主義の国なのです。

ネト〇ヨの連中は、そんなに日本を北朝鮮や、

自分たちが忌み嫌い、その言論弾圧を非難している、中国のようにしたいのですか?

 

この番組内容について、賛否があって当然ですし、

美しい国」をお題目にする、アベ真理教の方々にとっては、怒り心頭なところでしょう。

しかし、リスクを恐れず番組を放送することを決断したのは素晴らしいです!

とにかく、制作・企画したスタッフの勇気に大金星!

 

 

 

 

 

« BS12・CHINA HOUR 特別編 ザ・ロックダウン-武漢闘病記-(2020年4月22日放送) | トップページ | バッハ・マラソン実施中! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

NHK」カテゴリの記事

ツイッター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BS12・CHINA HOUR 特別編 ザ・ロックダウン-武漢闘病記-(2020年4月22日放送) | トップページ | バッハ・マラソン実施中! »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ