« マスク雑感(2020年3月9日) | トップページ | 雪まつりが新型コロナ蔓延の原因なのか?~真犯人は、言うまでもなく・・・ »

2020年3月10日 (火)

カラヤン指揮ベルリン・フィルによる、ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス(1966年録音)CD+Blu-ray Audio

カラヤン指揮ベルリン・フィルによる、

ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス(1966年録音)のCD+Blu-ray Audioが発売されました。

実はこの録音、私が初めてベートーヴェンのミサ・ソレムニスを聴いた盤です。

今から何十年も前のことです・・・

 

【CD】ベートーヴェン: 荘厳ミサ曲 [CD+Blu-ray Audio](タワーレコード)

 

カラヤン盤(通常CD)※Blu-ray Audioはついていません。

 

ベートーヴェンのミサ・ソレムニスの名盤といえば、クレンペラー盤が定番ですね。

確かに、何度聴いても巨大で感動的な演奏です。

この盤があれば、他は要らないと思っていたほどです。

ですから、カラヤン盤は、とうの昔に売却処分の憂き目にあっていました・・・

(当時は、カラヤン=軽薄、なんて勝手にイメージしていたのデス・・・)

 

クレンペラー盤(SACDハイブリッド盤)

 

クレンペラー盤(通常CD)

 

一方、改めて、カラヤン盤をBlu-ray Audioで聴いてみました。

クレンペラー盤のような巨大さ、大伽藍を思わせるようなものはないですが、

とにかく、ソリストが素晴らしい!

ソプラノのグンドラ・ヤノヴィッツ

(カラヤン指揮ベルリン・フィルで、R・シュトラウスの「四つの最後の歌」の究極の名演奏を残しています。)の、

まさに天上的な声!

比較のために、家にある他の盤(クレンペラー盤、ガーディナー盤)も聴いてみましたが、

ヤノヴィッツの声に比するものはやはりありませんでした。

 

カラヤン盤では、アルトがクリスタ・ルードヴィヒ、

テノールがフリッツ・ヴンダーリヒ、

バスがヴァルター・ベリーです。

何という豪華さ!

ソリストとオケの充実だけで選ぶなら、迷わずこのカラヤン盤でしょう。

ただ・・・

合唱がイマイチ、団子状態な感じなのです。

一方、シンフォニックな響きの充実感は格別です。

 

全体的な印象で言えば、クレンペラー盤、

ソリストとオケだけなら(つまり合唱以外なら)カラヤン盤、

合唱を重視するなら、ガーディナー盤をオススメします。

(合唱だけなら、鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパンの演奏も素晴らしいですが・・・

鈴木盤は、一度買いましたが、売却しました。)

 

 

ガーディナー盤(ベートーヴェン:交響曲全集他に含まれます。)

 

 

鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン盤

 

最近、ミサ・ソレムニスの最後、
Dona nobis pacem."(我らに平安を与えたまえ)が繰り返し頭の中に響いています。
神の子羊、世の罪を除きたもう主よ
我らに平安を与えたまえ(カトリックの典礼文)

アーメン!

« マスク雑感(2020年3月9日) | トップページ | 雪まつりが新型コロナ蔓延の原因なのか?~真犯人は、言うまでもなく・・・ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

聖なる言葉」カテゴリの記事

クラシック音楽・ベートーヴェン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マスク雑感(2020年3月9日) | トップページ | 雪まつりが新型コロナ蔓延の原因なのか?~真犯人は、言うまでもなく・・・ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ