« 映画「天気の子」〜本当の主役は「東京」? | トップページ | 道東旅行記2019年夏(その1)〜旅の始まりと1日目・襟裳岬など »

2019年8月 5日 (月)

札幌文化芸術劇場hitaru・オペラ「トゥーランドット」(2019年8月4日)〜最後の最後の余計な演出で、全部台無しに・・・

人生初の生オペラ鑑賞!

(妻は実は2回目とのこと・・・)

札幌に昨年(2018年10月)出来た、

札幌文化芸術劇場hitaru。

本格的なオペラも上演できます。

今年(2019年)の1月に、

ここでオペラ「トゥーランドット」が8月上旬に上演されるのを知り、

かなり早い段階でチケットを取りました。

オペラのチケットは高いですね・・・

一番安いチケット(学生除く)で、6000円のを、

私と妻の分、2枚取りました。

 

さて、連日の猛暑の中、舞台の幕は上がりました。

エッシャーのだまし絵に出てきそうな、

不思議な階段がある建物が左右にあり、その間の空間が主な舞台でした。

"Popolo di Pekino..."(北京の民よ・・・)で始まるオペラの第一声。

どうみても、北京には見えず、なんだか『北斗の拳』の舞台である、

世紀末の荒廃した都市にも見えてきました。

 

(参考)メトロポリタン歌劇場での「トゥーランドット」DVD

→これ、オススメです!

 

役人ピン・ポン・パンも、なんだか公園のホームレスみたいな姿でした。

ついにトゥーランドット登場!

と思いきや、一瞬、トゥーランドットのお母さんかな、と思ってしまいました・・・(失礼!)

真っ白いピエロのような衣装・・・

マツコ・デラックスさんが白い服を着ているような感じでした。

 

ちなみに、演出や衣装にはケチをつけたいですが、

「声」、「オケ」だけなら、十分に満足がいきました。

特にトゥーランドット役のジェニファー・ウィルソンさん、

リュー役の砂川涼子さん、そして、合唱!

非常に満足がいく内容でした。

 

さて、第2幕も、得体のしれない構造物はそのままでした。

残念ながら、第3幕も同じでした。

第2幕に至って、これはモダン演出だったんだ・・・と気づきました。

 

色彩感に乏しい抽象的な演出にはがっかりしました。

極めつけは、第3幕・・・

リューのアリア「氷のように冷たいあなた Tu che di gel sei cinta」が終わった後、

リューが自害して、その遺体が、舞台の真ん中に置き去りにされたまま・・・

そんな中で、カラフは姫への求愛の歌を恥ずかしげも後悔もなく、

朗々と歌い上げる訳です。

これは、過去の「トゥーランドット」上演を見て、観客が思った素朴な疑問を、

映像化したものなのかもしれません。

(リューが死んだのに、よくこんなセリフを言えるもんだよ!)

また、なぜか先日観た映画「天気の子」のラストを思い出してしまいました。

北京の民がどうなろうと、自分の父や父を世話した女奴隷リューが死のうと、

自分の愛の方が優先される超身勝手なカラフの愛に・・・

(こういう意味では、愛の王子カラフも、「蝶々夫人」のピンカートンと同じ系譜なのでしょう。)

 

配付されたブックレットに、この舞台の演出家、アレックス・オリエの言葉が書かれていました。

(引用)

トゥーランドットのトラウマの糸をたどっていくと、別の結末に到達した。プッチーニが満足できたであろう結末だと思いたい。プッチーニは全ての作品において、それぞれの悲劇のヒロインの物語を論理的に書き上げている。我々は始めからこのプロダクションでその論理性を再現することを目的としてきた。これがその結果である。

(引用終)

 

完全なネタバレになりますが、あえて書きます。

オペラの最後で、トゥーランドットが、カラフの名を民に紹介します。

「その名は愛」

輝かしい音楽と、ハッピーエンドが訪れたと思った最後の最後、

カラフがトゥーランドットの手をとって舞台中央に来た途端に、

なんと、トゥーランドットは自刃して果てます・・・

なんというバッドエンド!!!!!

思わず「なんじゃこりゃー!」となりました!

何だか、「6000円返せ!」と叫びたくなりそうでした。

 

普通なら、幕が降りて、キャストに惜しげもなく拍手するところですが、

私はこの終わり方に全然納得が行きませんでした。

思いっきり冷水を浴びせられたような・・・

 

この終わり方、考えれば考えるほど、演出家の術中にハマるだけの感じがします。

ただ、もしかすると、「姫」の立場からすれば、

悲劇的に見えるけど、実はハッピーエンドだったのでは、などとも考えました。

どんなにカラフが愛を叫ぼうとも、

所詮彼は、リューの死や民衆、そして姫自身の内面など、

何とも思わないような自己中心的な化け物なのかもしれません。

(結局、作品上では、姫の容姿に惹かれただけだから・・・)

そんな存在に陵辱されるよりは、名誉の死を選んだ・・・

 

確かに、プッチーニのヒロインはみんな死んでいます。

「トゥーランドット」では、第2ヒロインのリューが死んだから、

それで満足・・・ではなく、

やはりヒロインのトゥーランドットも死ぬ必要があったのでしょうか?

(音楽的な展開からすると無理ですが、「いや、あれは作曲家の死後、

補作されたものだから、実は違うんだ・・・という言い訳もできる訳です。)

 

とにかく、演出家の横暴に頭に来た、人生初の生オペラとなってしまいました・・・

 

死んだ蠅は香料作りの香油を腐らせ、臭くする。僅かな愚行は知恵や名誉より高くつく。 

(旧約聖書 コヘレトの言葉10:1新共同訳)

 

たとえて言えば、何十万円もするワインを飲もうとしていたら、

ワイングラスの中に、一匹の蝿が入ってしまった・・・

そんな感じの終わり方でした。

 

会場から出る際に、後ろの御婦人方が、こんな会話をしていました。

「主役もCGで置き換えた方がよかったんでは?あるいは初音ミクみたいにするとか・・・」

これまた手厳しいお言葉・・・

ただし、改めて言いますが、

音楽としては最高でした!

オペラってすごい!と思わされましたよ!

« 映画「天気の子」〜本当の主役は「東京」? | トップページ | 道東旅行記2019年夏(その1)〜旅の始まりと1日目・襟裳岬など »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

聖なる言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「天気の子」〜本当の主役は「東京」? | トップページ | 道東旅行記2019年夏(その1)〜旅の始まりと1日目・襟裳岬など »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ