カテゴリー「クラシック音楽・ブルックナー」の5件の記事

2017年6月20日 (火)

NHKEテレ・クラシック音楽館「新日本フィルハーモニー交響楽団演奏会」(2017年6月18日放送)

指揮者の上岡敏之さん登場、ということで録画して視聴しました。
(以下敬称略)
2017年6月18日放送のNHKEテレ・クラシック音楽館で、
2017年5月12日・横浜みなとみらいホールで収録された、
新日本フィルの演奏会を放映していました。
曲目は、
ヴァーグナー:「タンホイザー」序曲、
「ヴェーゼンドンクの五つの詩」(ソプラノ:カトリン・ゲーリング)、
ブルックナー:交響曲第3番」、
アンコールとして、J・S・バッハ:「アリア」(管弦楽組曲第3番より)。

ホールの音響の問題なのか、録音がイマイチなのか、
全体的に音質がパッとしなかった印象を受けました。

この演奏会でのメインプログラムである、
ブルックナーの交響曲第3番についてのみコメントします。
(「ヴェーゼンドンクの五つの詩」での、
ソプラノのカトリン・ゲーリングの声は美しかった、とだけ書いておきます。)

ギュンター・ヴァントや朝比奈隆、
あるいはカール・ベームらが指揮した名盤から、
ブルックナーの交響曲第3番は、
ゴツゴツ、トゲトゲした印象をもっていました。
ブルックナーらしさがついに全開した、記念碑的な作品です。

しかし、上岡敏之指揮新日本フィルの演奏は、
どこもトゲトゲしたところやゴツゴツしたところがなく、
まるで磨いた玉のようでした。
チェリビダッケの指揮ぶりが一番近いかも・・・
それがプラスに作用していればいいのですが、
ブルックナーのこの曲に関しては、マイナスに働いているように思えました。
あと、印象的だったのが、タメすぎるブルックナー休止・・・
(特に第1楽章・・・)
ここまでやり過ぎると、ちょっとなぁ・・・と思いますが、
もし宇野功芳センセイが生きていて、この演奏を聴いたら、
なんとおっしゃるのだろう、と思わず考えてしまいました。
「ブルックナーの本質を外している」というのか、
それとも、「クナやチェリビダッケ、シューリヒト以来の凄演!」とベタ褒めするのか・・・
今時の指揮者としては、相当に個性的な演奏であったのは確かです。
そういう意味では、次に何をやってくれるか、ワクワクすることができる、
日本人指揮者の中では稀有な存在ではあります。

上岡敏之指揮の演奏では、シューマンやベートーヴェンの「第9」、
マーラーの第1、第5などの盤を持っていますが、
いずれも名演です。
しかし、ブルックナーはどうなのでしょう?
史上最遅のブル7と言われた盤、私は未だに手を出していませんし、
たぶんパスかもしれませんね・・・
上岡敏之指揮では、ブルックナー以外に期待した方がいいかも・・・

ブルックナー:交響曲第7番(2枚組!収録時間92分!)

ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」(ハース版)

以前ブルックナーの交響曲第3番について記事を幾つか書いていますので、
よろしければお読みください。

シモーネ・ヤング(Simone Young)指揮ハンブルク・フィル(Philharmoniker Hamburg)による、ブルックナー:交響曲第3番(1873年初稿版)
ブルックナー:交響曲第3番(1889年第3稿)聴き比べ4盤〜朝比奈、ヴァント、セル、ベーム・・・

2016年8月 4日 (木)

シモーネ・ヤング(Simone Young)指揮ハンブルク・フィル(Philharmoniker Hamburg)による、ブルックナー:交響曲第3番(1873年初稿版)

ブルックナーといえば、「原典版」がいくつもあるので有名ですね。
先日、聴き比べ記事を書いた、交響曲第3番も、
第1稿から第3稿まで、出版楽譜が6種類もあるそうです。
ただ、一般的には、最後の第3稿(改訂版か原典版)で演奏されます。
今までは、ノヴァーク版かハース版どちらを使っているかしか、
気にも止めていませんでしたが、
第3番の第1稿はどんな感じなんだろうと興味をもって、
女性指揮者(いい演奏をするなら、男性も女性もバイも関係ないと思いますが・・・)、
シモーネ・ヤング指揮ハンブルク・フィルのSACDハイブリッド版を入手しました。

聴き終えて、強く思ったのは、
「フツーの第3稿で、この指揮者&オケの演奏をぜひ聴きたい!」
ということでした。
音の迫力は超優秀です。
スピーカーがまさに音の洪水になってしまいました!

まずは、第1稿と、第3稿で、どのくらい演奏時間が違うか、
比較してみましょう。

(第1稿)シモーネ・ヤング盤
第1楽章 25:26
第2楽章 19:20
第3楽章 06:40
第4楽章 17:09

(第3稿)セル盤
第1楽章 20:05
第2楽章 15:31
第3楽章 7:22
第4楽章 12:22

(参考)セル盤

シモーネ・ヤング盤を聴いていると、
「未完のトルソー」という感じが否めません。
はっきり言えば、「できそこないのブルックナー」という感じなのですが、
録音の凄まじさ、生々しさが、補って余りあります。
蛹から必死に脱皮して今にも羽を広げようともがいている蝶みたい?

ブルックナーの未発見の交響曲が見つかった、というぐらいの気持ちで、
交響曲第3番第3稿のことは忘れて聴いてみると、
それなりにすばらしい曲なのでは、と思いました。
(随所に第3稿の完成した響きが聴こえるけども、
別な曲、と考えた方がスッキリする気がします。)
女性とブルックナーって、あまり合わない気がしますが、
シモーネ・ヤングはブルックナーの聞かせどころをよくわかっているようです。
願わくば、第1稿シリーズではなく、
一般的なノヴァーク版かハース版での録音を望みたいものです。

(参考記事)
ブルックナー: 第3番 バージョン問題 (稿問題/版問題)
※第1稿のオススメ版の一つとして、シモーネ・ヤング盤が取り上げられています。
この方は、第1稿の方が優れているとお考えのようですが・・・

2013年1月15日 (火)

天国への蛇足?〜ラトル指揮ベルリン・フィルによるブルックナーの交響曲第9番・第4楽章

先日、飛行機の機内放送で、
サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルによる、
ブルックナーの交響曲第9番の演奏を聴きました。
後で調べると、2012年2月のライブ録音、とのことです。
機内での退屈しのぎのBGM的に流していただけなので、
しっかりと聴く、というほどではありませんでした。
演奏はなかなかのものですが、感動するほどではなかったかな・・・

国内盤 [Hybrid SACD, SACD]

輸入盤(通常CD)

さて、第3楽章も終わり、違う曲を選ぼうか・・・と思っていた矢先、
聴きなれない不吉な感じの音楽が・・・
えっ、第4楽章?!
第3楽章コーダの「天国」での浄福から、
一気に「煉獄」か(カトリック的に言えば)、
あるいは終末の世界に突き落とされたような不穏な音楽・・・

部分的に、ブルックナーの他の交響曲からの引用らしきところがあったり、
学問的には興味深いものがあるのでしょうが、
正直、「天国」への蛇足のように思えました。
冗長で退屈、第3楽章の幸福感をぶち壊すような楽章です。
ラトルの演奏は、他の補筆版による演奏に比べれば、
かなりすばらしいものと言えましょうが、
ベルリン・フィルの美音によっても、
第4楽章の音楽的価値を伝えることはできなかったといえます。

ブルックナーの「第9」の第3楽章は、疑いなく、
彼の全作品の中で最も美しいものです。
音楽の中で、大天使や終末の救いの様子が見えてきそうなほどです。
聖書の終末の救いの様子の箇所を想起させます。

すなわち、合図の号令がかかり、大天使の声が聞こえて、神のラッパが鳴り響くと、主御自身が天から降って来られます。すると、キリストに結ばれて死んだ人たちが、まず最初に復活し、それから、わたしたち生き残っている者が、空中で主と出会うために、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられます。このようにして、わたしたちはいつまでも主と共にいることになります。
(新約聖書テサロニケの信徒への手紙Ⅰ4:16〜17新共同訳)

ブルックナー自身は、この曲が完成しなかったら、
第4楽章の代わりに「テ・デウム」を演奏するよう示唆したそうですが、
(朝比奈隆指揮大阪フィルのCDで、実際にカップリングしたものがありましたが・・・)
交響曲第9番は、第3楽章で終わることこそ、最も美しい終わり方だと思います。

以前、クルト・アイヒホルンの演奏による、
「第9」第4楽章補筆完成版(サマーレ&マッツカ校訂)を聴いたことがあります。

アイヒホルンによるブルックナー・交響曲選集

フィナーレのところは確かに感動的ですが、そこに至るまでは、
やはり天才の霊感が欠けている、気の抜けたような代物に過ぎませんでした。
ブルックナー・マニアなら、聴く価値があるのかも知れませんが、
一般にはおすすめできません。
シューベルトの「未完成」と同様、この曲は第3楽章までで十分なのです。

作曲者の死後、別の作曲者・学者が補筆完成したものとしては、
モーツァルトの「レクイエム」、プッチーニの「トゥーランドット」、
マーラーの「交響曲第10番」のデリック・クック版が、
成功した例として挙げられますが、
他の場合はは大抵、「蛇足」みたいなものです。
ブルックナーは、形式的な人ですから、
第4楽章を作って完成させるのを望んでいたとは思いますが、
天がそれをストップさせたのかもしれませんね。

ブルックナーの「第9」は、ブルックナーの作品の中で最も好きな作品なので、
いろいろな指揮者の演奏で聴きました。
ヴァント(NDRとBPO)、朝比奈隆(何種類か)を始めとして、
カラヤン(二種類)、バーンスタイン、ムラヴィンスキー、
マタチッチ、ベーム、ジュリーニ(新旧)、シューリヒト、クレンペラー、
ヨッフム(新旧)、ワルター、レーグナー・・・(他にもあったはず・・・)
この中でオススメを2枚あげておきます。
ギュンター・ヴァント&BPOと、ジュリーニ&VPO盤です。
曲そのものの美しさを細部まで楽しみたいなら、ヴァント盤を、
第3楽章が最も美しい演奏なら、ジュリーニ盤です。
まるで大天使が終末のラッパを力強く高らかに奏しているのが見えるかのようです。

ヴァント盤(Hybrid SACD)

ジュリーニ盤

2012年7月22日 (日)

NHKBSプレミアム・特選 オーケストラ・ライブ「ルツェルン音楽祭2011から」(2012年7月22日放送)

日曜朝のお楽しみ、NHKBSプレミアムの「特選オーケストラ・ライブ」。
2012年7月22日放送は、クラウディオ・アバド指揮・ルツェルン音楽祭管弦楽団による、
モーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」と、ブルックナーの交響曲第5番でした。
収録は2011年8月19,20日ルツェルン文化会議センターコンサートホールです。
NHK番組表

モーツァルトの「ハフナー」はなかなかの演奏だと思いました。
第2楽章はちょっとセカセカしすぎでイマイチでしたが・・・

ブルックナーの交響曲第5番は、一言で言えば「圭角が取れた」演奏でした。
柔和なブルックナー・・・まるでモーツァルトのよう?
もっとカドがほしいところでも「まろやかな」響きだったのは、
アバドらしい演奏なのでしょうね。
ただし、第2楽章はそれが成功していたといえます。
アンサンブルは精緻で美しかったです。
厳しい、峻厳な響きや粗野で荒ぶる響きが要求されるようなところでも、
「都会的」で「上品」な演奏でした・・・
(中世の城のような堅固さ、武骨さが求められるハズですが・・・)

今回の放送、ブルックナーの交響曲第5番に限っては既にDVD、Blu-ray化されています。

Symphony No. 5 [Blu-ray] [Import] (2012)

Symphony No. 5 [DVD] [Import] (2012)

演奏・録音詳細については、HMVのサイトでどうぞ。
交響曲第5番 アバド&ルツェルン祝祭管弦楽団

ブルックナーの交響曲第5番は、私にとっては、
ブルックナー好きになったきっかけとなった曲です。
ただし、すぐにブルックナーのすばらしさがわかったわけではありません。
カラヤン指揮ベルリン・フィルの演奏とか聴いてみても、
ただ長大なだけでよくわからなかったです。
しかし、バレンボイム指揮ベルリン・フィルの演奏による交響曲第5番の演奏を聴いて、
ようやくブルックナーの真価に開眼させられました。
特に第4楽章。
第1楽章、第2楽章の主題をクラリネットが否定するところなどは、
「ああ、これはブルックナー版の『第9』(ベートーヴェンの)なんだ!」と気づきました。
ブルックナー(とシベリウス)は、わかればのめりこむ中毒性があります。
その後、私は完全にブルックナー「中毒症」になってしまいました・・・
バレンボイムのブルックナーにはあっさりと別れを告げ、
朝比奈隆やヴァント、ヨッフム、シューリヒト、クナッパーツブッシュ・・・
といった錚々たるブルックナー指揮者の名演にのめりこみ、
交響曲全集だけで何セットか持っていたこともあります。
(たしか朝比奈隆で2セット、ヨッフムで2セット、他は・・・忘れてしまいました。)

ブルックナーの交響曲第5番の名盤としてオススメは、
ギュンター・ヴァント指揮ベルリン・フィルの圧倒的な演奏です。
どちらかというとあまり人気がでないこの曲の真価をフルに引き出しています。

Symphony 5 [Import, From US]

ブルックナー:交響曲第5番 [Hybrid SACD]

(最近ではBoxセットもオトクです・・・
ヴァント指揮ベルリン・フィルによる4、5、7、8、9番のセット)

他の指揮者のでは、ヨッフムの演奏がオススメです。

Anton Bruckner Symphony No5

ヨッフムによるブルックナー交響曲全集(新)
Complete Symphonies 1-9

※5番だけなら、上記のCDの方がすばらしいです。

ブルックナーを聴く悦びを教えてくれた、バレンボイムにも敬意を表して・・・
ブルックナー:交響曲全集(9枚組)/Barenboim

※9枚組で3000円以下!?


放送の内容に戻りましょう。
アバドの指揮による演奏でしたが、
久々にブルックナーの交響曲第5番全曲を聴きました。
たぶん、十数年ぶりかもしれません。
私はキリスト教の洗礼を受ける前は熱烈なブルックナー・ファンでしたが、
洗礼を受ける前の四旬節に、
思い切って1ヶ月程度ブルックナーを聴くのをやめてみようと決めました。
洗礼を受けてから晴れて聴いてみましたが、
前ほどのめりこまなくなってしまいました・・・

以後、ブルックナーのどの交響曲も、だんだん聴く機会が減り、
10年くらい前からは、全曲を通して聴く、ということがほぼ無くなりました。
6番の第2楽章アダージョや、7番の第1楽章、
9番の第3楽章だけを取り出してたまに聴く程度です。

2011年2月 7日 (月)

NHK「名曲探偵アマデウス」・ブルックナー「交響曲第7番」

今回の「名曲探偵」は、ブルックナーの交響曲第7番でした。
長大で崇高なこの曲を、どのように解き明かすのか、ナカナカ見ものでしたが・・・
ブルックナーの作品なんて全然知らない、興味が無い、むずかしいか退屈そう、
というような人には、格好の番組だったかもしれません。
ただ、ブルックナー「信者」(コアなファン)の人にとっては、
「憤死」モノの内容だったかな、とも思います。
ブルックナーの曲を聴いて、「眠たくなってしまう・・・」というのが何度も出てきます。
(それは、言いたくても禁句じゃないの~~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。)
番組のオチも、
「ブルックナーの交響曲第7番のコンサートに、好意をよせている人と一緒に行ったら、
コンサート途中で寝てしまって、見事にフラれた・・・」というものでした。
番組内のドラマの中でも、ブルックナーの曲を聴いているうちに、
依頼人や助手の響さんが寝てしまう、とか・・・
(確かに、どれほどブルックナーの曲が好きでも、たまに寝てしまう事だってありますケド・・・)
私にとっては、結構ツボにはまって、かなり面白かった回となりました。

番組では、「長くて雄大で、つい眠くなってしまう」という、
曲にとってはマイナスな紹介を補うかのように、
日本の映画音楽の巨匠、久石譲さんを引っ張り出して、
久石さんのもともとの専門であるミニマル・ミュージックとの共通点とかで、
なんとかブルックナーをヨイショしていました。

楽曲分析のところは興味深かったです。
第1楽章冒頭の主題では、22小節で11回も転調する、というのと、
ブルックナーの長大な主題は、山道を行くハイキングコースのようだ、というたとえは、
なるほど!と思いました。
また、久石さんは、ブルックナーの曲では反復が多いが、
反復というのが音楽の魅力だ、とも語っていました。
確かに、ブルックナーの曲は雄大複雑で、反復が多く、
古びた大聖堂のような佇まいです。
入るのをためらうか、入っても、古すぎて価値がよくわからないか・・・
しかし、その魅力に気づくことができれば、そこに「宇宙、聖なる世界」が見えてきます。

実際、私も10代後半~20代前半まで、ブルックナー「信者」でした。
ブルックナーの交響曲全集だけで、何セットも所有していましたし、
ブルックナーの曲のCDだけで、おそらく100枚近く持っていたと思います。
しかし今では・・・ほとんど手放してしまいました。
何とか、交響曲全集を1セットは持っていますがほとんど聴く機会はありません。
(オイゲン・ヨッフム指揮のEMI盤。
輸入モノで、すごく安かった、という理由だけで購入しました。全集なのに確か数千円・・・)
交響曲単独では、ギュンター・ヴァント指揮ベルリン・フィルのが2枚(8&9番)、
他は6番が2枚、7・8・9番がそれぞれ1枚ずつあるぐらいです。
いずれも、滅多に聴くことはありません。
せいぜい、6番の第2楽章アダージョを、たまに聴く程度です。
(オイゲン・ヨッフム指揮のDG盤。すぐ下のCDジャケット。)
最近では、1つの楽章が30分近くもかかるのは、さすがに長すぎるな、と感じます。


急に熱が冷めた原因は・・・
キリスト教の洗礼を受ける前に、ちょうど四旬節の間、
大好きなブルックナーの曲を聴くのをガマン(節制?)してみようと思い立ちました。
1ヶ月以上も、ブルックナーの曲を聴かないで過ごしました。
洗礼を受けてから、「ブルックナー解禁」としましたが、
前ほどのめりことはなくなってしまいました・・・
しばらくは「余熱」がありましたが、いつの間にか特別な存在ではなくなりました。
芸術を通して間接的に神を知るのではなく、
直接に神を知る道に至ったからでしょうね・・・

ブルックナーの交響曲第7番のおすすめCDは、2つ挙げておきます。
一つは、朝比奈隆指揮大阪フィルが、作曲者ゆかりの聖フロリアン教会で演奏したCD。
非常な名演です(残念ながら、今手元にCDはありませんが・・・)。
残響の豊かさもあり、宇宙的な聖なる世界が広がります。

もう1枚は、もっと通俗的でわかりやすい、甘口の演奏。
カラヤン指揮ウィーン・フィルもオススメです。カラヤン最後の録音としても有名ですね。
第1楽章は、目を閉じて聴くと、オーストリアの森と湖の情景が広がってきそうです。
「壮麗・華麗・綺麗」だけを求めるなら、こちらの方がいいかもしれません。

かなり脱線しましたが、番組の内容に戻りましょう。
チョン・ミュンフン(ミョンフン)さん指揮N響の演奏は、あまりピンとこない演奏でした。
可も無く不可も無し、くらいかな・・・
あと、オルガニストの松居直美さんも出演されていました。
10年くらい前、Kitaraでオルガン演奏を聴いたことがあります。
濃密な、と言う形容詞がふさわしい、充実した演奏でした。
彼女の演奏でブルックナーの交響曲のオルガン版を聴いてみたいものです。
CD出してくれないかな~

(追記)
久しぶりに、ブルックナーのCDを新たに購入してみました。
かねてから気になっていた、ギュンター・ヴァント&ベルリン・フィル盤です。
強奏しても少しもうるさくならず、濃密な音の世界が実に心地よい、すばらしい演奏です。
再びブルックナーの世界にハマリそう・・・

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ