カテゴリー「自作曲・楽譜」の245件の記事

2016年11月 9日 (水)

主に感謝せよ(詩篇118:1)【自作曲】

主に感謝せよ。
主はまことにいつくしみ深い。
その恵みはとこしえまで。

(聖書新改訳 詩篇118:1)

先日、詩篇118を読んでいた時に、
冒頭のこの御言葉からメロディが響いてきました。

テキストは、聖書新改訳詩篇118:1です。
結びとして冒頭の「主に感謝せよ。」を加えています。

メロディ(midiファイル)と楽譜(PDFファイル)とは、
下記からダウンロード願います。もちろん無償です。

「20161105psalms118001no01.mid」をダウンロード

「20161105psalms118001no01.pdf」をダウンロード

主の恵みに感謝しつつ・・・

2016年11月 3日 (木)

主はわが巌、わがとりで(詩篇18:2,3,1)【自作曲】

約2年ぶりに再び自作曲の紹介が出来ますことを主に感謝!
(カテゴリ「自作曲・楽譜」のところで調べると、
2014年11月14日以来。その時のものは、編曲でした。
純粋な「自作曲」となると、2014年3月17日以来・・・
いかに作曲から遠ざかっていいることか・・・)

作曲に至った経緯は・・・
御言葉カレンダー(1週ごとの)に、
新改訳の詩篇18:2の御言葉が書かれていたのを読んでいるうちに、です。

テキストは、聖書新改訳詩篇18:2,3,1です。
2節→3節→1節という順になっています。
なお、3節と1節は部分使用となっています。
テキストを記載します。

主はわが巌、わがとりで、わが救い主、
身を避けるわが岩、わが神、
わが盾、わが救いの角、わがやぐら。
(2節)
ほめたたえられる方、(3節)
主、わが力。(1節)
(聖書新改訳 詩篇18:2,3,1)

メロディ(midiファイル)と楽譜(PDFファイル)とは、
下記からダウンロード願います。もちろん無償です。

「20161103_psalms018002no01.mid」をダウンロード

「20161103_psalms018002no01.pdf」をダウンロード

主の恵みに感謝しつつ・・・

主は、私の口に、新しい歌、
われらの神への賛美を授けられた。

(聖書新改訳 詩篇40:3より)

2014年11月14日 (金)

Ave Maria(アヴェ・マリアの祈り2011年版)【編曲】

「アヴェ・マリア」の歌といえば、
グノー(Gounod)の作品
(正確に言えば、バッハの平均律クラヴィーア集第1巻第1曲前奏曲に、
旋律をかぶせたものですが・・・)と、シューベルトの作品が有名ですね。
前者はラテン語祈祷文、後者はドイツ語の歌詞です。
今回は、グノーの旋律及びバッハの伴奏のものに、
2011年に改定された、
日本語の「アヴェ・マリアの祈り」をつけてみました。
(ふと閃いたもので・・・)
テキストは以下の通りです。

アヴェ、マリア、恵みに満ちた方、
主はあなたとともにおられます。
あなたは女のうちで祝福され、
ご胎内の御子イエスも祝福されています。
神の母聖マリア、
わたしたち罪びとのために、
今も、死を迎える時も、お祈りください。
アーメン。

伴奏部分及び基本的な旋律は、
手元にある昭和55年発行の『世界名歌曲全集』(東京音楽書院)
PP.238〜240によります。
日本語の歌詞をつけるに際して、次のようなことを考慮しました。
・できるだけ元の音の長さと高さを維持する。
・やむを得ず一つの音を分解する場合も、合計の長さは同じくする。
(例:2分音符1つ+8分音符1つ→8部音符5つ)
・日本語として歌いやすく、聞き取りやすくする。
(1箇所新たに音符を書き加えたところなど、
いくつか例外はありますが・・・)

この編曲が、作曲ソフト「Finale2014」を使っての、
初めての作品となりました。
(最近あまり作曲ソフトを使っていないなぁ・・・)
楽譜上はトレモロになるところ(37小節目)、
ソフトで機会的にトレモロさせることもできるのですが、
音量調節がうまくいかないので、
MIDI版では16分音符を入力してなおかつベロシティ(音の強さ)を
かなり弱くして、それらしく演奏させています。
(なお、36小節目のプラルトリラーはMIDI版では省略しています。)

メロディ(midiファイル)と楽譜(PDFファイル)とは、
下記からダウンロード願います。もちろん無償です。

歌付(歌部分はオーボエの音)
「ave_maria2011_with_vocal.mid」をダウンロード


伴奏用
「ave_maria2011_without_vocal.mid」をダウンロード


楽譜
「ave_maria2011.pdf」をダウンロード


マリアは言った。「わたしは主のはしためです。
お言葉どおり、この身に成りますように。」
そこで、天使は去って行った。

(新約聖書ルカによる福音書1:38新共同訳)
恵みに感謝!

2014年3月17日 (月)

あなたは私をいやされました(詩篇30:2,4,5)【自作曲】

久々に自作曲の紹介が出来ますことを主に感謝します。
(カテゴリ「自作曲・楽譜」のところで調べると、
2012年4月29日以来です・・・)

作曲に至った経緯は・・・
実はつい最近、インフルエンザB型に感染しました。
(今年はA型にも感染済・・・W感染フルコース!)
37〜38℃台の熱が一日中下がらず、
せっかくの休日をほとんど寝て過ごす羽目になりました。
その翌朝です。
既に熱はひいていました。
ちょうど朝に読んだ箇所が、詩篇30でした。

ここ2年間ぐらい、聖書を読んでも頭にメロディが響くことなく・・・
いや、響こうとしていたのを、
聴こうとしていなかったのかもしれません。
私自身、神様からの貴重な語りかけに耳を傾けようとしていなかったのでしょう。
自分自身の「癒し」と、御言葉の中にある「いやし」がちょうど響きあって、
「歌」が久しぶりに与えられました・・・
そう考えると、今回の苦痛も、イザヤ書の御言葉にある通り、
「(神様との)平和のため」なのかもしれませんね。

見よ、わたしの受けた苦痛は
平和のためにほかならない。
あなたはわたしの魂に思いを寄せ
滅びの穴に陥らないようにしてくださった。
あなたはわたしの罪をすべて
あなたの後ろに投げ捨ててくださった。

(旧約聖書イザヤ書38:17新共同訳)
病さえも主に感謝!

テキストは、聖書新改訳詩篇30:2、4、5です。
テキストを記載します。

私の神、主よ。私があなたに叫び求めると、あなたは私を、いやされました。
聖徒たちよ。主をほめ歌え。その聖なる御名に感謝せよ。
まことに、御怒りはつかの間、いのちは恩寵のうちにある。
夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。

私は作曲に「FINALE」というソフトを使っています。
このソフト自体、使うのは久しぶりでした。
基本的な使い方さえかなり忘れていたほどでした。
(パソコンがWinからMacになった影響も大でしたが・・・)
やっぱり、たまに使わないと、忘れてしまうものですね・・・

メロディ(midiファイル)と楽譜(PDFファイル)とは、
下記からダウンロード願います。もちろん無償です。

「20140317psalms03002.mid」をダウンロード

「20140317psalms03002D.pdf」をダウンロード

主の恵みに感謝しつつ・・・

2012年4月29日 (日)

詩篇93(1)【自作曲】

今回は、旧約聖書・詩篇93への作曲を紹介します。
テキストは、聖書新共同訳・詩編93全体です。
作曲にあたっては、「ハレルヤ」を適宜加えています。

今回なぜこの曲を紹介しようと思ったかと言うと・・・
我が家では、今年の3月から、
中川健一牧師の「ハーベスト・タイム・ミニストリーズ」が発行する、
月刊デボーションガイド/Clay【クレイ】』を使用しています。
(私個人としては、十年くらい前に、一時期使っていたことがありましたが・・・)
昨日(2012年4月28日)の聖書箇所が、詩篇93でした。
この聖書箇所への解説の中で、次の文が私ども夫婦の心に響きました。
(引用)
確かに、試練を乗りきる最善の方法は、私たちの信じている神がいかに大いなるお方であるかを思い出すことです。」(Clay2012年4月号P.136から)
ここから、かつて与えられた自作曲のメロディが頭の中に流れてきました・・・

この曲は確か十数年前の元日に与えられた作品です。
厳かで力強いものです。

詩篇93への作曲は現在までに4曲与えられています。
最初の1曲が今回紹介する曲で、
他の3曲はカトリック訳への作曲です。

詩篇93は短いテキストですので、
新共同訳と新改訳を比較のために掲載します。

新共同訳・詩編93
主こそ王。威厳を衣とし
力を衣とし、身に帯びられる。
世界は固く据えられ、決して揺らぐことはない。
御座はいにしえより固く据えられ
あなたはとこしえの昔からいます。

主よ、潮はあげる、潮は声をあげる。
潮は打ち寄せる響きをあげる。
大水のとどろく声よりも力強く
海に砕け散る波。
さらに力強く、高くいます主。

主よ、あなたの定めは確かであり
あなたの神殿に尊厳はふさわしい。
日の続く限り。

新改訳・詩篇93
主は、王であられ、みいつをまとっておられます。
主はまとっておられます。
力を身にまとっておられます。
まことに、世界は堅く建てられ、
揺らぐことはありません。
あなたの御座は、いにしえから堅く立ち、
あなたは、とこしえからおられます。
主よ。川は、声をあげました。
川は、叫び声をあげました。
川は、とどろく声をあげています。
大水のとどろきにまさり、
海の力強い波にもまさって、
いと高き所にいます主は、力強くあられます。
あなたのあかしは、まことに確かです。
聖なることがあなたの家にはふさわしいのです。
主よ、いつまでも。

メロディ(midiファイル)と楽譜(PDFファイル)とは、
下記からダウンロード願います。もちろん無償です。

「20120429_psalms093allno01.MID」をダウンロード

「20120429_psalms093allno01.pdf」をダウンロード

2012年4月 8日 (日)

きょうこそ、神が造られた日(3)(詩編118:24~29)【自作曲】~2012年復活祭によせて

主のご復活、おめでとうございます!
ハレルヤ!
四旬節が終わり、喜びの復活節が今年もやってきましたね。

今回は、復活祭にちなむ、詩編118からの自作曲を紹介します。
題名は、「きょうこそ、神が造られた日(3)」です。
テキストは、詩編118:24~29カトリック訳です。
詩編118:24を先頭にする曲は2012年4月現在5曲与えられており、
そのうち最初の2曲が新共同訳、残り3曲がカトリック訳で、
今回の曲はカトリック訳での3番目のもので、全体で5番目のものです。
2009年1月に与えられた作品です。

テキスト(詩編118:24~29カトリック訳)は一般的ではないので、掲載します。
太字部分が原テキストです。

(引用)
(※折り返し)
きょうこそ、神が造られた日、
この日をともに喜び祝おう。

1.
神よ、救いを わたしたちに。
神よ、しあわせを わたしたちに。

(※折り返し)

2.
神の名によって集まる人に
神の祝福。
(神の祝福。)
(※折り返し)

3.
祝福は神の家から
あなたがたの上に。
(あなたがたの上に)
(※折り返し)

4.
主は わたしたちを照らしてくださる神。
枝を携えて行列にはいり、祭壇まで進もう。

(※折り返し)

5.
あなたは わたしの神。
あなたに感謝し、あなたをたたえる。

(※折り返し)

6.
神に感謝せよ。神はいつくしみ深く、
そのあわれみは 永遠。

(※折り返し)
(引用終)

カトリックの典礼聖歌の答唱詩編を意識した作品です。

ところで、
きょうこそ、神が造られた日、
この日をともに喜び祝おう。

という御言葉、とても好きです。
きょうこそ」の「きょう」は、別に1年の中の復活祭という1日だけではなく、
日々「神が造られた日」なのではないでしょうか。
神様が1日1日を特別なものとして創造してくださっているのです。
だからこそ、「この日をともに喜び祝おう。」といえるのです。
(今日という日は、2度とは来ないですね・・・)
新約の有名な御言葉である、
いつも喜んでいなさい。・・・どんなことにも感謝しなさい。
(新約聖書テサロニケの信徒への手紙5:16、18新共同訳)
にそのこだまが響いています。
(リビングプレイズ2に「この日は主が造られた」という有名な歌がありますね。)

メロディ(midiファイル)と楽譜(PDFファイル)とは、
下記からダウンロード願います。もちろん無償です。

「20120408_psalms118024no05.MID」をダウンロード

「20120408_psalms118024no05.pdf」をダウンロード

2012年3月11日 (日)

Pie Jesu【自作曲】~東日本大震災1周年によせて

今日(2012年3月11日)で東日本大震災から1周年・・・
慎んで犠牲者への哀悼の意を表します。

久々に自作曲を紹介します。
ちょうど今日の午後2:46頃、帰宅途中にふと与えられたもので、
急いで入力しました。

テキストは、フォーレの「レクイエム」に使用されている、
Pie Jesu(慈愛深いイエスよ)」です。
ラテン語テキストと、日本語対訳は以下のとおりです。

Pie Jesu Domine,  慈愛深いイエスよ、主よ、
dona eis requiem,  与えてください、彼らに、安息を、
sempiternam requiem.  いつまでも続く安息を。

メロディはグレゴリオ聖歌のイメージで歌うと効果的です。

メロディ(midiファイル)と楽譜(PDFファイル)とは、
下記からダウンロード願います。もちろん無償です。

「20120311_pie_jesu_in_latin.MID」をダウンロード

「20120311_pie_jesu_in_latin.pdf」をダウンロード

深い淵の底から、主よ、あなたを呼びます。
主よ、この声を聞き取ってください。
嘆き祈るわたしの声に耳を傾けてください。

(旧約聖書 詩編130:1~2新共同訳)

2011年9月11日 (日)

詩篇117(39)【自作曲】※祝!投稿1000件目!

今回の記事で、ちょうど1000件目の投稿です!
神様に感謝!
そして、読んでくださる皆様にも感謝!

記念すべき1000件目の投稿は、やはり自作曲にしたいと、
以前から考えていました。
ちょうど今朝(9月11日)、今回紹介しますこの曲が与えられました。
詩篇117(39)です。
(「39」という数字、結構好きです。
サンキュー」という響きがあるので・・・)
テキストは、フランシスコ会訳です。
フランシスコ会訳の旧約への作曲は初めてです。
ニ長調の曲です。
苦しみのうちにも、希望の光を与えてくださった主に感謝!
(先週病気でひどく苦しんでいましたので・・・)

せっかくですので、従来の代表的な訳の詩篇117と、
今回テキストに使ったフランシスコ会訳のを比較してみましょう。

(新共同訳)→詩編
すべての国よ、主を賛美せよ。
すべての民よ、主をほめたたえよ。
主の慈しみとまことはとこしえに
わたしたちを超えて力強い。
ハレルヤ。

(新改訳)→詩篇
すべての国々よ。主をほめたたえよ。
すべての民よ。主をほめ歌え。
その恵みは私たちに大きく、
主のまことはとこしえに。
ハレルヤ。

(フランシスコ会訳)→詩編
見出し「世界よ、主をたたえよ

すべての国よ、主をたたえよ。
すべての民よ、主をほめたたえよ。
わたしたちへの主の慈しみは力強く、
そのまことは代々に及ぶ。
ハレルヤ。

どれも一長一短といった感じの訳ですが、
あえて一つ選ぶなら、この場合はやはりフランシスコ会訳でしょう。
わたしたちへの主の慈しみは力強く、そのまことは代々に及ぶ。
の部分が、新共同訳、新改訳よりもすっきりとしているように思えるからです。

メロディ(midiファイル)と楽譜(PDFファイル)とは、
下記からダウンロード願います。もちろん無償です。

「20110911_psalms117allno39.MID」をダウンロード

「20110911_psalms117allno39.pdf」をダウンロード

ちなみに、今まで紹介しました詩篇117のテキストの統計をとってみました。
・新共同訳 15曲
・カトリック訳 15曲
・新改訳 5曲
・文語訳 1曲
・バルバロ訳 1曲
・フランシスコ会訳 1曲
・英語訳 2曲
(合計すると40曲になりますが、
これは、詩篇117(25)が、英語訳と新共同訳どちらも使っているためです。)

なお、フランシスコ会訳の聖書について記事を書いていますので、
よろしければお読みください。)
フランシスコ会聖書研究所訳注
「聖書 原文校訂による口語訳」(サンパウロ)入手しました!

【送料無料選択可】聖書 原文校訂による口語訳/フランシスコ会聖書研究所/訳注(単行本・ムック)

詩篇117(38)【自作曲】

詩篇117シリーズです。

今回で、詩篇117シリーズは、38曲目です。
テキストは新共同訳です。
哀愁のホ短調の曲です。
すべての国よ、主を賛美せよ。
すべての民よ、主をほめたたえよ。

(旧約聖書 詩編117:1新共同訳)
と歌われているのに、
そうなっていない現実を観ながら、
天使が上から嘆きつつ讃美している、
みたいなイメージでしょうか・・・
(ちょうど今日は奇しくもあの9.11から10周年・・・)
2010年10月に与えられた曲です。

メロディ(midiファイル)と楽譜(PDFファイル)とは、
下記からダウンロード願います。もちろん無償です。

「20110911_psalms117allno38.MID」をダウンロード

「20110911_psalms117allno38.pdf」をダウンロード

詩篇117(37)【編曲】~浜辺の歌(伴奏MIDI付)

あした浜辺を さまよえば・・・で始まる「浜辺の歌」。
今回はこのメロディで、詩篇117を歌詞にしてみました。
浜辺の歌」の編曲版、詩篇117(37)です。
2010年3月に与えられました。

テキストは、新共同訳です。
伴奏部分は、原曲そのままです。
歌詞を変えた以外に、歌の部分の変更はありません。

今回は特別に、伴奏のみのmidiも作ってみました。
浜辺の歌」の練習用(カラオケ)にも使えますよ。
(「・・・without song」の方です。)
メロディ(midiファイル)と楽譜(PDFファイル)とは、
下記からダウンロード願います。もちろん無償です。

(伴奏付)
「20110911_psalms117allno37_hamabe_no_uta.MID」をダウンロード

(楽譜)
「20110911_psalms117allno37_hamabe_no_uta.pdf」をダウンロード

(伴奏のみ)
「20110911_psalms117allno37_hamabe_no_uta_without_song.MID」をダウンロード

以前、同じく「浜辺の歌」のメロディに、
新約聖書ヨハネ15:12(わたしがあなたがたを愛したように・・・)のテキストを
歌詞としてつけた曲も紹介しています。
よろしければお読みください。
わたしがあなたがたを愛したように(ヨハネ15:12)【編曲】

余談ですが、「浜辺の歌」について調べていると、
こんな情報がありました。
「浜辺の歌」は恋歌だった」(歌の誕生秘話・エピソード)
ご参考まで・・・

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ