« 2017-2018 年末年始によく聴いたCD2盤 | トップページ | 2018年1月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

2018年1月17日 (水)

CD イリーナ・メジューエワ (P)「京都リサイタル2017 (ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30,31,32番)」

ベートーヴェンの後期ピアノ・ソナタ、第30番、第31番、第32番は、
私にとっては、ベートーヴェンのピアノ作品で最も好きな作品です。
初めて聴いたのは、確か高校生の頃だったと思います。
特に好きなのが、第31番の第3楽章と、第32番の第2楽章です。
第31番の第3楽章では、「嘆きの歌」からフーガが現れ、
精神を再構築して(私はそう思うだけですが・・・)aufheben(止揚)する・・・
そのカタルシスがすばらしいです。
第32番の第2楽章は、
トーマス・マンの小説『ファウストゥス博士』の説がロマンティックですね。
天に引き上げられていくかのような・・・
(あえて文学で言えば、ゲーテの『ファウスト』第2部の最後あたり?・・・)

一番最初に聴いた演奏は、アシュケナージによるものでした。

(参考)

その後、バックハウスやブレンデル、ゼルキン、グールドその他の演奏で聴きました。
変わり種なら、ウゴルスキ盤(ただし第32番のみ)とか・・・
しかし今回、イリーナ・メジューエワの演奏を聴いて驚愕しました!

京都リサイタル2017 (ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30,31,32番)メジューエワ

「今までこういう演奏をした人はいなかったのでは?」
第30番の第1楽章の情報量の多さから驚異でした。
盤を最初から最後まで聴いて、それからもう一度繰り返して聴いてみました。
その後に、我が家にあるベートーヴェンのピアノ・ソナタのCDを引っ張り出して、
とりあえず第30番だけで聴き比べてみました。
(3つのソナタのうち、最も演奏時間が短いからです。)

前述のアシュケナージ盤はもとより、バックハウス、リチャード・グード、
バレンボイム、HJリム、田部京子・・・と聴いてみましたが(今回は一つ一つ紹介しませんが)、
メジューエワ盤と比較すると、どれもムード音楽の域を出ないように思えました。
(唯一、バレンボイム盤がかなりロマンティックに弾いていましたが・・・)

そういえば、メジューエワは昨年(2017年)、
講談社現代新書から、『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』という本を出しましたね。

ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ (講談社現代新書)

私は立ち読みしただけで、相当スコアに詳しくないと読みこなせないと思わされました・・・
そういうスコアの読みの深さが、見事に演奏に反映されている、
稀有な録音だと思います。

第32番の第2楽章、広々とした天空の世界に引き上げられていくような最後の部分、
その美しさを、高校生の時に聴きふけった時のように味わうことができました。
それでいて、演奏者の個性よりも、ベートーヴェンの音楽そのものしか感じさせない、
そういうところが素晴らしい盤です。

« 2017-2018 年末年始によく聴いたCD2盤 | トップページ | 2018年1月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

クラシック音楽・ベートーヴェン」カテゴリの記事

立ち読み日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

影の王子様、コメントありがとうございます。
ヴェデルニコフ盤、R.ゼルキン盤どちらも聴いたことがあります。特にR・ゼルキン盤は夕映えのような美しさがあったと記憶していますが、なぜか愛聴盤にはならなかったです。(もう20年ぐらい前だったかもしれません。今聴けばまた違った印象なのかも?)

ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ は
読みましたが、僕にはハイブロウ過ぎました。
内容についていけませんでした。

現在のところ、この3曲では第30番が一番好きですね。
終楽章の変奏曲が美しいと思います。
ヴェデルニコフ(DENON)、R.ゼルキン(DG)が好きで
両盤とも3曲収録です。

この記事へのコメントは終了しました。

« 2017-2018 年末年始によく聴いたCD2盤 | トップページ | 2018年1月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ