« シューマン:交響曲第4番ニ短調op.120聴き比べ(その4)21世紀のスタンダードは? | トップページ | シューマン:4本のホルンと管弦楽のためのコンツェルトシュトゥック op.86聴き比べ »

2017年6月20日 (火)

NHKEテレ・クラシック音楽館「新日本フィルハーモニー交響楽団演奏会」(2017年6月18日放送)

指揮者の上岡敏之さん登場、ということで録画して視聴しました。
(以下敬称略)
2017年6月18日放送のNHKEテレ・クラシック音楽館で、
2017年5月12日・横浜みなとみらいホールで収録された、
新日本フィルの演奏会を放映していました。
曲目は、
ヴァーグナー:「タンホイザー」序曲、
「ヴェーゼンドンクの五つの詩」(ソプラノ:カトリン・ゲーリング)、
ブルックナー:交響曲第3番」、
アンコールとして、J・S・バッハ:「アリア」(管弦楽組曲第3番より)。

ホールの音響の問題なのか、録音がイマイチなのか、
全体的に音質がパッとしなかった印象を受けました。

この演奏会でのメインプログラムである、
ブルックナーの交響曲第3番についてのみコメントします。
(「ヴェーゼンドンクの五つの詩」での、
ソプラノのカトリン・ゲーリングの声は美しかった、とだけ書いておきます。)

ギュンター・ヴァントや朝比奈隆、
あるいはカール・ベームらが指揮した名盤から、
ブルックナーの交響曲第3番は、
ゴツゴツ、トゲトゲした印象をもっていました。
ブルックナーらしさがついに全開した、記念碑的な作品です。

しかし、上岡敏之指揮新日本フィルの演奏は、
どこもトゲトゲしたところやゴツゴツしたところがなく、
まるで磨いた玉のようでした。
チェリビダッケの指揮ぶりが一番近いかも・・・
それがプラスに作用していればいいのですが、
ブルックナーのこの曲に関しては、マイナスに働いているように思えました。
あと、印象的だったのが、タメすぎるブルックナー休止・・・
(特に第1楽章・・・)
ここまでやり過ぎると、ちょっとなぁ・・・と思いますが、
もし宇野功芳センセイが生きていて、この演奏を聴いたら、
なんとおっしゃるのだろう、と思わず考えてしまいました。
「ブルックナーの本質を外している」というのか、
それとも、「クナやチェリビダッケ、シューリヒト以来の凄演!」とベタ褒めするのか・・・
今時の指揮者としては、相当に個性的な演奏であったのは確かです。
そういう意味では、次に何をやってくれるか、ワクワクすることができる、
日本人指揮者の中では稀有な存在ではあります。

上岡敏之指揮の演奏では、シューマンやベートーヴェンの「第9」、
マーラーの第1、第5などの盤を持っていますが、
いずれも名演です。
しかし、ブルックナーはどうなのでしょう?
史上最遅のブル7と言われた盤、私は未だに手を出していませんし、
たぶんパスかもしれませんね・・・
上岡敏之指揮では、ブルックナー以外に期待した方がいいかも・・・

ブルックナー:交響曲第7番(2枚組!収録時間92分!)

ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」(ハース版)

以前ブルックナーの交響曲第3番について記事を幾つか書いていますので、
よろしければお読みください。

シモーネ・ヤング(Simone Young)指揮ハンブルク・フィル(Philharmoniker Hamburg)による、ブルックナー:交響曲第3番(1873年初稿版)
ブルックナー:交響曲第3番(1889年第3稿)聴き比べ4盤〜朝比奈、ヴァント、セル、ベーム・・・

« シューマン:交響曲第4番ニ短調op.120聴き比べ(その4)21世紀のスタンダードは? | トップページ | シューマン:4本のホルンと管弦楽のためのコンツェルトシュトゥック op.86聴き比べ »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

クラシック音楽・ブルックナー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

影の王子様、コメントありがとうございます。
確かに変な音が何回も混じっていましたね・・・
1度全体を聴くと、「もういいや・・・」と思って、
アンコールの「アリア」を聴かずに録画消去してしまいました。
ブルックナー以外の別なプログラムで、
上岡さんの指揮をまたNHKで取り上げてほしいと思っています。

何故か?この放送「ゴッツ」というイヤなノイズが
頻繁に出て音が悪かったです。

ブルックナーのご感想に同意です。
僕は抑揚の無い演奏に聴こえました。
その分美しいといえるかもしれませんが?
この曲の演奏としては「老成」した印象です。
もっと高揚感が欲しいところです。

上岡氏の演奏は初めてでしたので、次回はリセットして聴きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シューマン:交響曲第4番ニ短調op.120聴き比べ(その4)21世紀のスタンダードは? | トップページ | シューマン:4本のホルンと管弦楽のためのコンツェルトシュトゥック op.86聴き比べ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ