« 2016年9月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 | トップページ | 映画「夢」(Dreams  黒澤明監督作品 1990年) »

2016年10月 1日 (土)

NHKBSプレミアム・てるてる家族(2016年4月11日〜10月1日再放送)〜2013年以降に観た連続テレビ小説の中では最高傑作!

NHKの朝の連続テレビ小説、
部分的には「おしん」の時代から時々観ていましたが、
本格的に観るようになったのは、
2013年の『あまちゃん』の終盤(8月頃)あたりからです。
(それまでは、物語の始まりと最後あたり程度を観て終わりでした・・・)

本日(2016年10月1日)は、『とと姉ちゃん』の最終回もありましたが、
私にとっては、『てるてる家族』(再放送)の最終回の日でした。
4月以降、最も熱心に観ていたドラマが、この『てるてる家族』でした。
(本放送は2003年9月29日〜2004年3月27日)
本放送の時は、夜にたまたま何回かやっているのを見た
(というよりは、チャンネルをいじっていたら見えた?)程度でした。

通常の朝ドラでは、主人公の少女時代を描くのは1週間程度で終わり、
翌週から本格的に大人のヒロインが登場しますが
(『マッサン』のように、全く描かれないのもありましたが・・・)、
『てるてる家族』では、十分な時間(1ヶ月以上!)もかけていました。
朝ドラの中でも特異なのは、時折ミュージカル風になることです。
戦後日本で流行したさまざまな歌
(「ラブ・ミー・テンダー」や「ケ・セラ・セラ」といった外国曲もあり)がたくさん出てきます。
私ども夫婦にとってはとても魅力的でしたが、
放送された当時では、斬新すぎたのかもしれませんね。
音楽がステキでした。
私の妻は朝ドラをずっと観ていますが、
録画して観る場合、たいていオープニングの曲を飛ばしています。
しかし、『てるてる家族』に限っては、
103話以降に出てくる歌詞付きの「ブルースカイ・ブルー」を一緒に歌っていました。
終盤の「ブルーライト・ヨコハマ」もたいそう気に入っていました。

明るく楽しく前向きに生きる昭和の人々を見事に描いていました。
脚本が素晴らしく、終盤の展開はまさに「連続テレビ小説」の名に恥じない、
伏線の収拾が実に見事でした。
9月以降は見どころが満載でした!
五島列島・黒島の黒島天主堂が舞台となる回や、
長女・春子の結婚式の日の回などは涙が出るのを必死にこらえたほどでした。
こんな傑作が正当に評価されなかった(視聴率は低かったそうです)のは、
信じられないほどでした・・・
最終回の大団円、チョイ役で出ていたようなキャストまで含めて、
「てるてる家族」だったのだな、と思わされました。
NHKに感謝でした!

大量の歌を使っており、著作権の関係でドラマ全体のDVD化はされていません。
総集編のDVDが出ているのみのようです・・・

ちなみに、2013年の「あまちゃん」から観た、朝ドラの中で、
私のベスト5は(再放送含む)・・・
1.てるてる家族(再放送)
2.あまちゃん(最初からきちんと観たのは2015年4月からの再放送で・・・)
3.ちゅらさん(2013年9月末からの夜の再放送)
4.あさが来た
5.ごちそうさん
です。

「まれ」と「とと姉ちゃん」は、私は最初の2週間で観るのをやめてしまいました。
(妻は「とと姉ちゃん」を最後まで観ていましたが・・・)
次の「べっぴんさん」はどうかな?

« 2016年9月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 | トップページ | 映画「夢」(Dreams  黒澤明監督作品 1990年) »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ