« 道北旅行2015年秋(その3)〜3日目最終日 増毛町から幌加内町・朱鞠内湖経由で帰路へ | トップページ | NHKでベートーヴェンの交響曲第2番対決?〜ブロムシュテット&N響と小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ(2015年10月11〜12日) »

2015年10月12日 (月)

変わる狸小路〜おみやげ物はドラッグストアで?

札幌の観光スポットの一つである狸小路。
以前からアジア系観光客、特に中国人観光客が多かったですが、
今では狸小路を歩いている人の半数はおそらく中国人観光客だと思います。

2015年になってから、道内の大手ドラッグストアの一つ、
サッポロドラッグストアーが、
狸小路5丁目のパチンコ店だったところを全面改装して出店しました。
1Fから3Fまでフロアがあります。
その店から何十mも離れていないところにも、
1フロアの大きなサッポロドラッグストアーの店が、
やはり今年オープンしました。
サッポロドラッグストア―は、
狸小路4丁目にも上記2店舗よりは小さめの店があります。
なぜこんなにサッポロドラッグストアーが出店しているかというと、
理由は一つ、中国人観光客の爆買いがターゲットだからです。
興味があって上記2店舗に入ってみました。

最初はサッポロドラッグストアー 狸小路大王ビル店
(狸小路5丁目北)
元はパチンコ店でした。
営業時間は深夜25時まで。
普通のサッポロドラッグストアーの店舗と違うところは、
旅行客の利便に徹した品揃えとなっているところです。
スーツケースや、子どものおもちゃのトミカといったものまで売っています。
もちろんおみやげも充実しています。
こちらの店のお客の7〜8割は中国人観光客だと思いました。

そこから数十m西にある、
サッポロドラッグストアー 狸小路5丁目店では、
中国語(北京語)がさかんに飛び交います。
こちらは23時までの営業です。
買い物カゴいっぱいにいろいろな薬品が詰め込まれていました。
こちらでは、中国人観光客に人気の馬油製品もたくさんありました。
日本製の包丁もたくさん売られていました。
この店でもスーツケースやトミカ、北海道みやげがありました。
どちらの店でも中国語対応はバッチリです。
狸小路といえばおみやげ物店がいくつもありますが、
サッポロドラッグストアーは強力なライバルになりそうです。

中国人観光客の爆買いというビジネスチャンスを見事に射止めた、
積極的な店舗展開だな、と思いました。
ちなみに、狸小路や地下街オーロラタウンのドラッグストアは、
中国人観光客でいっぱいです。
(マツモトキヨシ、コクミンも人気です。)
狸小路はこれからさらに変わるのでしょうか・・・
(私は変わるのは「いい傾向」だとは思っています。)


(参考)
中国人が日本で“爆買い”する4つの理由
「日本攻略」を競う中国人観光客のすさまじきトラベル情報網

« 道北旅行2015年秋(その3)〜3日目最終日 増毛町から幌加内町・朱鞠内湖経由で帰路へ | トップページ | NHKでベートーヴェンの交響曲第2番対決?〜ブロムシュテット&N響と小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ(2015年10月11〜12日) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ