« マーラー:交響曲第8番聴き比べ18盤〜ただし、第1部に限る・・・ | トップページ | 道北旅行2015年秋(その1)〜旅の経緯と1日目・札幌から稚内へ »

2015年9月26日 (土)

NHKBSプレミアム・世界で一番美しい瞬間▽湖上にアリア響くとき オーストリア ブレゲンツ(2015年9月23日放送)&プレミアムシアター◇ブレゲンツ音楽祭2015 歌劇『トゥーランドット』(2015年9月21日放送)

オーストリアのブレゲンツ、ボーデン湖で毎年行われる、
ブレゲンツ音楽祭。
今年(2015年)で70回目を迎えたそうです。
湖上の舞台でのオペラ!
その魅力や舞台裏、歴史について、
2015年9月23日放送の、
NHKBSプレミアム・世界で一番美しい瞬間で、
湖上にアリア響くとき オーストリア ブレゲンツ」として放映していましたので、
録画して観ました。
実はこの番組の放送前に、舞台の録画が放送されていました。
プレミアムシアター「ブレゲンツ音楽祭2015」です。
こちらも録画して観ました。
今年の7月20、22、24日の公演を編集したものです。

「世界で一番美しい瞬間」を観てからの方が、
舞台をよりいっそう楽しめると思いました。
というのも、もしいきなり舞台の放送から観るとしたら、
単に現代的な演出・・・で観るのをパスしてしまっていたかもしれません。
舞台のいろいろな仕掛け、演出、音響効果その他がわかってから観ると、
演出の意図も少しはわかってきます。
私どもは「世界で一番美しい瞬間」→「ブレゲンツ音楽祭」の順で視聴しました。

ところで、カラフ役のリッカルド・マッシ(チョビ髭有)の顔を観て、
妻が一言「チャップリンみたい!」
私はさらに「いやいや、スーパーマリオに似てないか?」・・・
(ゴメンナサイ・・・)

オペラが始まる数分前のシーン、カラフ役がピアノの前に座っています。
これは、(私の推測ですが)作曲者プッチーニ自身が、
作曲中にオペラの世界に入り込んでカラフとなってしまう、
という解釈なのでしょうか・・・

舞台の演出、仕掛けは野外公演ならでは、本物の火を使ったファイヤーショーや、
本場中国のカンフーの達人が織りなす数々の雑技など、
見どころ満載でした。
久々に『トゥーランドット』全編を通しで観てしまいました。
トゥーランドット姫は・・・
「心の目で」見れば絶世の美女、ということにしましょう。

プッチーニのオペラでは、
『トゥーランドット』が一番好きです。
次が『ボエーム』です。

« マーラー:交響曲第8番聴き比べ18盤〜ただし、第1部に限る・・・ | トップページ | 道北旅行2015年秋(その1)〜旅の経緯と1日目・札幌から稚内へ »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ