« シベリウス:交響曲第6番ニ短調Op.104聴き比べ4種〜ベルグルンド、セーゲルスタム、カラヤン、バルビローリ・・・ | トップページ | NHKBSプレミアム・もうひとつのニュー・シネマ・パラダイス~トルナトーレ監督のシチリア~(2015年1月28日放送) »

2015年1月25日 (日)

映画「アイス・プリンセス」(原題:Ice Princess)〜Dlife・2015年1月25日放送

Dlifeで、2015年1月25日(日)に、
ディズニー映画「アイス・プリンセス」(原題:Ice Princess)が放映されていました。
2005年の作品で、フィギュアスケートを題材としたものです。

DVD

こういう映画があるということを、今回初めて知りました。

あらすじは・・・
ハーバード大学奨学金入学を狙う物理学オタクの秀才ケーシー(ミシェル・トラクテンバーグ)は、フィギュアスケートと物理学的観点からとらえたレポートを執筆すべく、(キム・キャトラル)の下でフィギュアを習い始め、いつしかその魅力に取り付かれていく。しかし、カタブツの母(ジョーン・キューザック)はそんな娘の心境の変化に反発し…。
(Amazonレビューより引用)

物理学オタクの高校女子(フィギュアスケートを多少やっていたとはいえ・・・)が、
研究のためとはいえ、フィギュアスケートを習い始め、
いつの間にかのめりこみ、ついには全米選手権出場権までつかむ、
というサクセスストーリーです。

とはいえ、どんなに素質の良さや練習熱心さがあったとしても、
高校生から本格的にフィギュアスケートを始めて、
全米選手権レベルに達するほど、現実は甘くありませんね・・・
そんなことは重々承知ですが、
主人公のフィギュアスケートに対する一生懸命さに引き込まれ、
ついつい観続けてしまいました。

途中まではトントン拍子で主人公がフィギュアスケートの道を邁進しますが、
その後は、やはり現実甘くない、というところがきちんと描かれます。
謀略、スポンサーの問題などなど・・・

フィギュアスケートの採点方法は一昔前の6.0システムのものでした。
「(現実には)ありえない・・・」と何度も口にしながらも、
主人公のひたむきさに負けて、楽しめてしまう佳作です。
実際のフィギュアスケートのシーンも魅力です。
なお、日本では劇場未公開とのことです。

« シベリウス:交響曲第6番ニ短調Op.104聴き比べ4種〜ベルグルンド、セーゲルスタム、カラヤン、バルビローリ・・・ | トップページ | NHKBSプレミアム・もうひとつのニュー・シネマ・パラダイス~トルナトーレ監督のシチリア~(2015年1月28日放送) »

スポーツ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ