« NHKBSプレミアム・プレミアムドラマ「お母さま、しあわせ?」(2014年12月21日放送) | トップページ | NHKEテレ・ららら♪クラシック「クリスマスソングに込めた平和への祈り~“きよしこの夜”」(2014年12月20日,22日放送) »

2014年12月23日 (火)

NHKEテレ・クラシック音楽館「札幌交響楽団定期演奏会」(2014年12月21日放送)

目を閉じて聴けば、
まるでチェコかドイツのオーケストラの響きがしました・・・

2014年12月21日放送、NHKEテレ「クラシック音楽館」の
「札幌交響楽団定期演奏会」を録画して視聴しました。
2014年11月14日 札幌コンサートホールKitaraでの収録です。
指揮はラドミル・エリシュカ、札響の首席客演指揮者です。
曲目は、
ウェーバー:「魔弾の射手」序曲
モーツァルト:交響曲第38番
ブラームス:交響曲第2番
の3曲でした。
(2014年11月定期演奏会のプログラム通り)

番組ではコンサートの模様の他に、
札響団員と指揮者エリシュカへのインタビューも取り上げていました。
2006年に札響へ客演指揮した際、あまりのオケの変貌ぶりに札響団員が感激し、
2008年からの首席客演指揮者になることが決定した、
という経緯があったのですね。

私はまだ残念ながら、エリシュカ指揮の札響定期を聴いたことがありませんが、
今回の放送を視聴して、機会があればぜひ行きたい、という気になりました。

ブラインドテストをしたら、おそらく今回の演奏会は、
いったいどこのオケなのか相当迷うと思います。
チェコ・フィル?ドレスデン?
Kitaraホールの豊かな響きもあり、
まるでヨーロッパのオケみたいな感じになっていました。

最も素晴らしかったのは、やはりブラームスの交響曲第2番でした。
第1楽章では、陽光あふれる秋の湖岸が見えてくるようでした。
弛緩なくブラームスの重厚で美しい響きがホールを満たしていました・・・

ウェーバー、モーツァルトの曲も名演といえます。
これが札響の演奏なの?とびっくりするぐらいの上品で充実した響き!
北海道民として誇りに思えました。

エリシュカ指揮札響によるドヴォルザークの交響曲集CDが何枚か出ています。
私もそのうち手に入れようかな・・・
特に気になるのは第8番かな?

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」

ドヴォルザーク:交響曲第8番 SHM-CD

« NHKBSプレミアム・プレミアムドラマ「お母さま、しあわせ?」(2014年12月21日放送) | トップページ | NHKEテレ・ららら♪クラシック「クリスマスソングに込めた平和への祈り~“きよしこの夜”」(2014年12月20日,22日放送) »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ