« 記事及びコメント削除のお知らせ(2014.12.9) | トップページ | Dlife・アナと雪の女王のすべて(2014年12月14日放送) »

2014年12月10日 (水)

NHK総合・クローズアップ現代「子どもの性同一性障害 ~揺れる教育現場~」、「広がる“読書ゼロ” ~日本人に何が~」(2014年12月9日、10日放送)

NHK総合の「クローズアップ現代」で、
2日連続して教育に関する特集を放送していました。

2014年12月9日放送は、
子どもの性同一性障害 ~揺れる教育現場~」でした。
(上記リンク先で、放送全文を読むことができます。)
性同一性障害とみられる児童生徒が、
全国で600人以上存在しているとのことでした。
(平成24年度の小中学生合計約500万人に対して、
0.012%ですね。)
仮に、実数はこの10倍の6000人いたと仮定しても、
0.12%ですか・・・
これを多いと見るか、少ないと見るか・・・

観た感想ですが、
「人と違う生き方をするには勇気がいる」
男として生まれながら、女として生きたいと願うのですから、
(あるいはその逆でも・・・)
人と違う生き方をすることを選ぶには、リスクを覚悟する必要があります。
番組では、あたかも学校や社会が無理解だから悪い、
という感じでまとめられていましたが・・・

プライベートでどのような服装で過ごすのかは、各人の自由ですね。
学校ではどうでしょうか?
少なくとも小学校では、制服がないところがほとんどです。
私の信仰的立場からは、望ましいとは思いませんが、
人権尊重という観点からは、
(生物学的な)男の子が女の子の服装をして登校してきても、
別にいいのでは、と思います。
ただし、周りの目がどうのこうの・・・という言い訳はおかしいと思います。
中学校の制服だって同様なのでは?
別に誰かに迷惑かけることではないし、
数字から言えば、例外中の例外とみなせばいいだけのことです。

別な例で考えてみましょう。
たとえば、「私は本当はパンダなんだ」と思い込み、
パンダの着ぐるみを着て登校したい、
とある児童が言い出したらどうでしょうか?
少なくとも校則では「パンダの着ぐるみ禁止」と書いていない限り、
学校では拒む理由がありませんね。
しかし、パンダの着ぐるみを着ていることへの「周りの目」は覚悟するのが当然です。
あるいは、「私は家でも裸で過ごしているから、学校でも裸で過ごしたい」
といった露出狂だったら?

マツコ・デラックスさんみたいな存在として、
「出る杭は打たれるが、出すぎた杭は打たれない」と、
周囲の好奇の目を恐れず、自分が正しいと思うことを貫くしかないと思います。

学校現場で困るのは、トイレと中学生以上での体操着への着替えでしょう。
性同一性「障害」だから、障害者用トイレを使わせる、というのは、
妥当な判断だと思いました。

性同一性障害にかぎらず、
「♪ありのままの」姿を世の中で貫き通すのは、勇気がいることです。
自分の自由を世間に認めてもらうのは、闘いなのです。
(もちろん、学校としての理解・受容は必要だと思いますが・・・)
私としては、全国に多数いる「特別な支援を要する子」と
同様の扱いで十分かな、と思いましたが・・・
(たとえば音に敏感な子がイヤーマフをしているのと同様に・・・)

翌12月10日放送は、
広がる“読書ゼロ” ~日本人に何が~」という特集でした。
前半は読書離れが進んでいる要因と、
本をよく読む大学生と読まない大学生のレポートの差、
という興味深いトピックでした。
「生きる力」とか、「問題解決型学習」の結果なのかもしれませんね。
てっとり早く問題を解決するなら、自分で考えるよりも、
PCやスマホでの検索能力を高めるのが一番です。
知識や教養を軽視してきた教育の行き着く先ともいえます。
(いい意味でも、悪い意味でも・・・)
(※そういう意味でも、小学校で低学力を招いている、
算数の問題解決型学習は、無駄が多すぎると思います。
「学ぶ」は「まねぶ(まねする)」から始まるからです。
デタラメな指導法と言うしかないです。)

特に大学生のレポート作成のところでは、
読書をしている人の方が自分なりの考えをしっかりと持つことができ、
読書しない人は検索に頼りきって、自分の考えがしっかりしない、
というのが、結論なのでしょうか。
たぶんこれが制作スタッフの主張だったのでは?

番組後半は、20万冊の蔵書があるという、
ジャーナリストの立花隆氏と国谷キャスターとの対話でした。
立花隆氏の主張は、ある意味前半を見事に否定しているようにも思えました。
脳科学にも詳しい人とはいえ、ミスキャストだったのでは、とも思いました。

そういえば、私も最近は、音楽ばかりで、読書はあまりしていないなぁ・・・
(それでも、聖書を読む時間を含めたら、1日に30〜40分は読書していますが・・・)

番組スタッフのブログ記事です。
ありのままの自分(12/9放送分)
サクサク or じっくり(12/10放送分)

« 記事及びコメント削除のお知らせ(2014.12.9) | トップページ | Dlife・アナと雪の女王のすべて(2014年12月14日放送) »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

クローズアップ現代」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ