« NHKEテレ・ららら♪クラシック「クリスマスソングに込めた平和への祈り~“きよしこの夜”」(2014年12月20日,22日放送) | トップページ | 年末年始のブログ休止のお知らせ(2014~2015)※2014年ブログ記事PV数ベスト10 »

2014年12月27日 (土)

【演奏会感想】札響名曲コンサート「札響の第9」(2014年12月27日)

12月の風物詩の一つとなった、ベートーヴェンの「第9」。
私はわざわざ「第9」のコンサートに出向くことは滅多にないのですが、
札響の音楽監督、尾高忠明が今年度で音楽監督として最後の「第9」、
ということだったので、あえて行ってみようと思いました。
妻と一緒に行きました。
2014年12月27日(土)Kitara大ホールにて14時開演でした。
指揮者は尾高忠明、合唱は札響合唱団、札幌アカデミー合唱団、札幌放送合唱団。
総勢150名ほどの「合唱」でした。
私どもはオーケストラの裏側、オルガンの近くの席を取りました。
札響名曲コンサート「札響の第9」

当日の様子はNHKFMで北海道内に生中継されていたとのこと。
放送されている、という意識もあったのか、
かなりの熱演となっていました。
指揮者も力を入れた指揮ぶりでした。
なお、合唱とソリストは第1楽章が始まる前に全員入場していました。

第1楽章から、
弦セクションとティンパニは「燃え上がるような」、
熾烈な演奏を繰り広げていました。
特に弦セクションの美しさ、力強さは特筆に値しました。
荒れ狂うようなうねりがありました。
戦火がメラメラとあちこちでくすぶっているかのような・・・
第1楽章と第4楽章が最も出来がよかったといえます。
全体的に、弦セクションは素晴らしかったですが、
管楽器はもう少し意味付けをしてあげたら・・・
とも思いました。
管楽器の出番のところはあっさりとした味付けでした。

第2楽章は、本来「スケルツォ」(冗談)ですから、
もう少し力みがなくてもよかったのかな、とも思いました。
第1楽章の憤怒がそのまま第2楽章の前半に引き継がれているような感じでした。
後半は合格点でした。
第3楽章は弦セクションの美しさが光りました。
これも素晴らしい演奏でした。

第4楽章では、歓喜の主題が初めて出てくるところの「タメ」が数秒ありました。
最近の演奏では、ほとんど「タメ」がなく、
そのままダラダラと歓喜の主題に入ってしまうことが多いのですが、
わずかの重い沈黙があっただけで、歓喜の主題が引き立ちました。

バリトンの吉川 健一の”O Freund・・・”の声は、
なぜか頭の後ろの方から聞こえるような感じでした。
朗々とよく響き渡っていました。
合唱もオルガンのような響きを醸しだしていました。
特に女性パートは美しく響いていました。

テノールはちょっと声量不足かな、とも思いました。
最後の合唱が終わり、フィナーレのオケ合奏のところは、
交通整理的な演奏ではなく、
往年の名指揮者のような燃え上がる感じになっていました。
実演で聴いた限りでは今までで一番素晴らしい「第9」だったと満足できました。

« NHKEテレ・ららら♪クラシック「クリスマスソングに込めた平和への祈り~“きよしこの夜”」(2014年12月20日,22日放送) | トップページ | 年末年始のブログ休止のお知らせ(2014~2015)※2014年ブログ記事PV数ベスト10 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ