« 赤れんがテラスと北大のイチョウ並木 2014年10月下旬 | トップページ | 2014年10月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

2014年10月27日 (月)

ブラームス:クラリネット五重奏曲聴き比べ2盤〜ウィーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団(Wiener Musikverein Quartett)盤と、エマーソン弦楽四重奏団(Emerson String Quartet)

毎年11月頃に、とても聴きたくなる曲です。
ブラームスのクラリネット五重奏曲ロ短調Op.115です。
以前はウィーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団(Wiener Musikverein Quartett)盤
(クラリネット:ペーター・シュミードル)
しか手元にありませんでしたが、
ようやく2枚目として、
エマーソン弦楽四重奏団(Emerson String Quartet)と、
デイヴィッド・シフリンのクラリネットによる盤を手に入れたので、
聴き比べができるようになりました。

ウィーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団盤(以下WMQと略記)

エマーソン弦楽四重奏団盤(ブラームス:室内楽全集の1枚)(以下ESQと略記)

(1枚ものならコチラ↓)
モーツァルト&ブラームス:クラリネット五重奏曲

※この盤は私は持っていません。

それぞれの演奏時間は以下のとおりです。

WMQ盤
第1楽章 11:43
第2楽章 10:43
第3楽章  4:32
第4楽章  8:26

ESQ盤
第1楽章 13:02
第2楽章 11:09
第3楽章  4:48
第4楽章  8:51

全体的に、WMQ盤の方がテンポが早いのですが、
聴き比べてそんなに違和感はありません。

ESQ盤は、ウィーン情緒とかとは無縁ですが、
技巧的には完璧といえます。
一方、秋を感じるようなものではないので、
逆に言えば、年中いつでも聴けるのかもしれませんね。

WMQ盤は、やはり改めて聴いてみると、
秋のわびしい情景が目に浮かんでくるようです。
映画「第三の男」のラストシーンみたいな感じ?
あるいは、O.ヘンリの短編小説「最後の一葉」とか・・・
(特に第1楽章)
おすすめはやはりWMQ盤ですが、
入手は難しいかも・・・

そういえば、せっかく色づいた家の近くのイチョウ並木も、
昨晩(2014年10月26日)突風が吹いたので、
朝眺めると、すっかり葉が落ちてしまっていました。
ブラームスのクラリネット五重奏曲は、そんな情景にぴったりです。

« 赤れんがテラスと北大のイチョウ並木 2014年10月下旬 | トップページ | 2014年10月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

クラシック音楽・ブラームス」カテゴリの記事

季節の話題」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ