« アニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」第1・2話〜ガンダム弱すぎ?・・・ | トップページ | ハイドンはお好き?〜クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏でようやく開眼? »

2014年10月 6日 (月)

NHKEテレ・クラシック音楽館 N響コンサート 第1787回定期公演(2014年10月5日放送)

指揮者ブロムシュテットは今年(2014年)で87歳ですが、
まだまだ元気そうな姿でした。
2014年10月5日放送、NHKEテレの「クラシック音楽館」、
「N響コンサート 第1787回定期公演」を録画して観ました。
2014年9月10日サントリーホールでの収録です。
曲はモーツァルトの交響曲第39番と、
チャイコフスキーの交響曲第4番でした。
絶賛に値するのはモーツァルトの方です。
演奏しているのがN響だというのを忘れるぐらい、
何か別次元の精妙な響きがしました。
クレンペラー指揮のフィルハーモニア管弦楽団による演奏に近い感じでしょうか・・・
特に第1楽章は白眉でした!
極上の演奏といえます。

対して、チャイコフスキーの方はおとなしすぎかも・・・
編成が少ないモーツァルトの方が響きが豊かとは?
(荒れ狂うようなチャイコフスキーではなく、
極めて紳士的というか・・・)

3週連続で、モーツァルトの最後の3つの交響曲と、
チャイコフスキーの交響曲4・5・6番の放映があります。
どちらかというと、モーツァルトの方に期待したいです。

モーツァルトの交響曲第39番では、
私はクレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団の盤を愛聴しています。
他に1枚挙げるとしたら、
ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィルの演奏でしょうか・・・
(ムラヴィンスキーの方は現在手元にありませんが・・・
神々しいような、純白を思わせる演奏です。)

クレンペラー・モーツァルトBOX
Mozart: Symphonies / Serenades / Overtures


※後期6大交響曲のSACDもあります。
The Last Six Symphonies

※SACDを取り出す時要注意!

« アニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」第1・2話〜ガンダム弱すぎ?・・・ | トップページ | ハイドンはお好き?〜クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏でようやく開眼? »

NHK」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ