« 雑誌「教室ツーウェイ」2014年10月号No.467で反・学び合い特集!〜学び合い、止めますか?それとも、教師、辞めますか?・・・ | トップページ | パシフィカ弦楽四重奏団(Pacifica Quartet)によるラヴェルの弦楽四重奏曲ヘ長調〜NHKBSプレミアム・クラシック倶楽部(2014年9月12日放送) »

2014年9月15日 (月)

映画「フォーチュン・クッキー(原題:Freaky Friday)」

フォーチュン・クッキー(原題:Freaky Friday)」という映画を観ました。
2003年のアメリカ映画です。
2014年9月14日に、BSのDlife(BS258)で放映されていました。
録画して妻と一緒に観ました。

原題を直訳するなら、
「おかしな金曜日」とか「サイアクな金曜日」といったところでしょうか。
元々、1976年にジョディ・フォスターが主演した、
「Freaky Friday」という映画のリメイクだそうですが、
邦題では、物語の重要な小道具である、
「フォーチュン・クッキー(おみくじクッキー)」をタイトルにしています。
※「フォーチュン・クッキー」といえば、
AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」という歌のタイトルにもなっていますね。
映画とは関係ありませんが・・・

価値観が合わない母娘は、いつもケンカばかり。
母は婚約者との挙式を2日後に控えて大忙し。
そんな中、ある中華料理店に行った二人は、そこでも争います。
すると、店のオーナーの母親が、二人にフォーチュン・クッキーを差し出します。
同時に食べた二人は、地震の後(二人にしかわからないものでしたが)、
朝目覚めると、中身が入れ替わってしまいます。

二人の中身が入れ替わってしまう、という内容の映画としては、
日本の「転校生」に負けず劣らず楽しい作品です。
互いの立場を思いやるようになって、二人は元に戻り無事ハッピーエンドを迎えます。
そこまでのドタバタが最高です!

何年か前にNHKBSプレミアムでも放送されたことがあり、
その時は字幕版で、吹替なしでした。
今回は、吹替(+字幕放送)版で観ました。
字幕版の時よりも言葉の細かいニュアンスがわかって、
1.5倍楽しめました。
ファミリー映画の傑作といえます。

フォーチュン・クッキー 特別版 [DVD]

映画「転校生」は男の子と女の子の入れ替わり、
ドラマ「パパとムスメの7日間」は父と娘でしたが、
こちらは母と娘。
似たような作品として、今年(2014年)にNHKBSプレミアムで放送された、
今夜は心だけ抱いて」というドラマがあります。
やはり母と娘が入れ替わる作品です。
こちらはコメディよりはシリアス調でした・・・
(ネタバレになりますが、最後は元に戻って終わりでしょう?
という期待を見事に裏切ってくれました・・・)
結構楽しめた作品でしたが・・・

今夜は心だけ抱いて(原作)

« 雑誌「教室ツーウェイ」2014年10月号No.467で反・学び合い特集!〜学び合い、止めますか?それとも、教師、辞めますか?・・・ | トップページ | パシフィカ弦楽四重奏団(Pacifica Quartet)によるラヴェルの弦楽四重奏曲ヘ長調〜NHKBSプレミアム・クラシック倶楽部(2014年9月12日放送) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ