« NHK・クローズアップ現代「おなかいっぱい食べたい ~緊急調査・子どもの貧困~」(2014年9月25日放送)〜対症療法も必要だが・・・ | トップページ | 2014年9月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

2014年9月28日 (日)

映画「ロバと王女」と、CD「ミシェル・ルグランをうたう」(原題:Entre elle et lui)

先日、ナタリー・デセイ(Natalie Dessay)と、
ミシェル・ルグラン(Michel Legrand)のコンサートが、
NHKBSプレミアムで放映されていたのを、
録画して観た記事を書きました。
(※「ナタリー・ドゥセ」が正しいそうです。)
NHKBSプレミアム・プレミアムシアター
「ナタリー・デセイ&ミシェル・ルグラン・イン・ベルサイユ」
(2014年9月22日放送)

コンサートの中では、映画「ロバと王女」からの作品も3曲歌われていました。

今回、ようやく、映画「ロバと王女」(原題:Peau d'ane)
(※"d'anu"の"a"にはアクサン・シルコンフレクスがつきます。
文字化け防止のため外しました。)のDVDを、
TSUTAYAでレンタルして妻と一緒に観ました。
原題を直訳すると「ロバの皮」です。
原作はシャルル・ペローの童話です。

ロバと王女(DVD)

ロバと王女(Blu-ray)

完訳 ペロー童話集 (岩波文庫)

映像は少し古臭い感じがしますが、
すぐにそのシュールというかキッチュなというか・・・
独特な映像世界に引き込まれてしまいました!
ディズニー映画のプリンセスストーリーを、
一旦フランス化して、その上で実写にしたような感じ、
とでも言いましょうか・・・

映像の小道具のこだわりは、
おとぎ話をホントに実写にしたらこうなるよ!
といった、真剣すぎて笑えてしまうものになっていました。

王様の国の下僕達は顔まで青、
王子様の国の下僕達は赤・・・
王様の玉座は妙にカワイイ大きな白猫(もしかしてライオン?)。

昔話・おとぎ話のはずなのに、
突然20世紀の詩人(アポリネール、コクトー)の作品が出てきたり、
亡くなったお妃を治めた棺がSF的なデザインだったり・・・
ツッコミどころ満載の映画なのです。
極めつけは、最後のシーンの手前で、
なんと本物のヘリコプターが登場するところ!
これには唖然としました・・・
コメディなのか、子供向けに本気を出したのか・・・
こんな調子だからこそ、すごく楽しい作品に仕上がっています。

この作品の中でたぶん一番耳に残るナンバーである、
「愛のケーキの作り方」(Recette pour un cake d'amour)のシーン。
NHKEテレの「グレーテルのかまど」でも紹介されていました。
2014年6月6日放送「”恋する王女”のケーク・ダムール」
王様からの求婚から逃れるため、普段は醜いロバの皮を身にまとい、
村人から蔑まれる王女が、
王様に作ってもらった太陽のドレスを着て、
歌いながらケーキを作るシーンです。
こんな豪華なドレスを着てケーキを作るわけないよね・・・
と思いつつも、映像としては見事でした!

私の妻は、ドレスの見事さに感心していました。
王女が元々着ていた水色のドレスもすばらしいですが、
王女が妖精と結託して王様に作らせた、
空のドレス、月のドレス、太陽のドレスはどれも素晴らしすぎ!
妻は特に月のドレスが気に入ったとのこと・・・
カトリーヌ・ドヌーブ演じる王女も美しさの極み!

映像はまさに20世紀の詩人が歌うシュールな風景のような世界です。
そして音楽!
ミシェル・ルグランの音楽がとても心地よく響いてきます。
監督は「シェルブールの雨傘」と同じ、
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy)監督。
(「シェルブールの雨傘」と監督、音楽、主演が同じですね。)

話は変わって、
先日の「ナタリー・デセイ&ミシェル・ルグラン・イン・ベルサイユ」を観て、
すぐさまCDを注文しました。
「ミシェル・ルグランをうたう」というCDです。
輸入盤の方が安いですが、
私はフランス語を読むのはほとんど無理なので、
訳詞・解説がついている国内盤を買いました。
実にオシャレなアルバムといます。

ミシェル・ルグランをうたう

ところで、映画を観終えてから、
このCDの「愛のケーキの作り方」を聴いた後、
妻は、「映画版の声の方が、かわいらしい感じでスキ」と言ってました・・・

参考として・・・
映画「ロバと王女」の映像がどんな感じかよくわかるブログ記事です。
『ロバと王女』――『美女と野獣』+ジャン・マレー作品へのオマージュ
※王様の国が青で、王子様の国が赤、最後の結婚式のところは白・・・
つまり、フランス国旗を表している・・・という読み解きはスゴイと思いました!

« NHK・クローズアップ現代「おなかいっぱい食べたい ~緊急調査・子どもの貧困~」(2014年9月25日放送)〜対症療法も必要だが・・・ | トップページ | 2014年9月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
「ロシュフォールの恋人たち」と
「モン・パリ」はまだ観ていないので、
そのうち観てみたいと思います。
HP拝見しました。チェロをお弾きになるのですね。
またぜひご訪問ください。

こんにちは。
ジャック・ドゥミ、ミシェル・ルグラン、カトリーヌ・ドヌーヴがトリオを組んだ映画は、
「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」「ロバと王女」「モン・パリ」の4本がありますが、
どれも素晴らしいです!
ドゥミの色彩、ルグランの音楽、ドヌーヴの美貌。
奇蹟のようなトリオでした。

この記事へのコメントは終了しました。

« NHK・クローズアップ現代「おなかいっぱい食べたい ~緊急調査・子どもの貧困~」(2014年9月25日放送)〜対症療法も必要だが・・・ | トップページ | 2014年9月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ