« バルトーク:ピアノ協奏曲第3番聴き比べ6種〜アンダ、シフ、アシュケナージ、グリモー、アルゲリッチ、リパッティ・・・ | トップページ | NHKBSプレミアム・本棚食堂 第1回・ニンニク編(2014年8月18日放送) »

2014年8月18日 (月)

道東旅行記2014年夏(その7)〜網走近辺を観光しつつ360㎞走破して富良野へ!

道東旅行記2014夏、5日目です。

すべてが絶妙なタイミングで進んだ知床観光が終わり、
いよいよ帰路につくことになりました。
といっても、まだオマケの目的地がありました。
富良野・美瑛です。
妻がぜひついでだから行きたい、というので、
富良野でも1泊することにしました。

ウトロから富良野までは、「北の道ナビ」という道路情報のサイトによると、
最短コース(時間)で341㎞、6時間22分とのことです。
(ウトロ→美幌→丸瀬布→(高速道路)→旭川→富良野)
これには休憩時間とか、途中の寄り道は考慮されていません。
休みなく走っても6時間半か・・・
それなら・・・

私どもが選んだのは、
網走近辺の4つの湖(濤沸湖、網走湖、能取湖、サロマ湖)を巡りつつ、
サロマ湖以降は観光なしで富良野まで走るルートです。
(ウトロ→濤沸湖→網走の天都山→能取湖→サロマ湖→丸瀬布→
(高速道路)→旭川→富良野)
最短コースを合算すると、360㎞、6時間35分(休憩なしで)・・・
(ちなみに、ウトロ→札幌は最短ルート(時間)で417㎞、約6時間半とのこと。)

朝8時頃ホテルを出発しました。
ホテルの朝食は朝6時台でも結構混んでいました。
この日はかなり雨続きでした・・・
移動がほとんどだから、あまり関係ありませんでしたが・・・
最初の給油はウトロの道の駅そばのスタンドで行いました。

ウトロから斜里市街地に向かう途中、
エゾシカの牧場を発見しました。
思わず車を止めて、妻が写真を撮ることになりました。
後で調べると、㈱知床エゾシカファームという会社だそうです。
今回の旅で見かけなかった、角の生えたエゾシカを見ることができました。

20140807_utoro_to_hurano01

第1の休憩場所は、小清水町の 道の駅、「はなやか(葉菜野花)小清水」でした。
ここは道の駅とJRの駅(JR浜小清水駅)が直結している珍しい場所です。
(道内では他に稚内の道の駅とJR駅が直結している例があるそうですが・・・)

20140807_utoro_to_hurano02

ここを後にしてすぐさま、小清水原生花園(濤沸湖)がありました・・・
(道の駅で休む必要がなかったかも・・・)
小雨がぱらついていましたが、傘をさしつつ少しだけ散策しました。

20140807_utoro_to_hurano03

20140807_utoro_to_hurano04

20140807_utoro_to_hurano05

エゾカワラナデシコ。妻が撮りました。

20140807_utoro_to_hurano06

妻は以前この小清水原生花園に来たことがあるそうです。
駅舎がカワイイ、と言っていました。

20140807_utoro_to_hurano07

次は網走・天都山へと向かいました。
途中、JR北浜駅を撮っておけばよかった・・・と後で思いました。
(中国で大ヒットした映画のロケ地になっていた所です。
天都山の展望台に貼ってあった中国語のポスターで思い出しました・・・

天都山は雨模様・・・
網走湖もかすかにしか望むことができませんでした。
天都山展望台です。

20140807_utoro_to_hurano08

眼下にぼんやり見える網走湖・・・

20140807_utoro_to_hurano09

天都山を降りていくと、網走監獄(博物館)があります。
高倉健さんの映画で有名な場所ですね。
ふだんならパスするところですが、
おそらく網走観光は当分ないだろう、ということで、
思い切って観光することにしました。
私は20歳前後に一度来たことがありますが、妻は初めてでした。
(入口あたりまでは観光ツアーで来たことがあるそうですが・・・)
1時間ほど滞在しました。
北海道で1番興味深い「テーマパーク」かもしれませんね?
(遊具はありませんが・・・)

20140807_utoro_to_hurano10

正面入口です。
入るとすぐ「鏡橋」があります。
橋の下には、睡蓮がいっぱい咲いていました。
「妙法蓮華経」さながら、罪の中から美しい花を咲かす、という意味で、
場にふさわしい花だと思いました。

20140807_utoro_to_hurano11

写真は敷地内にある「行刑資料館」での展示です。
昔の囚人と同じ服、同じ足かせを付けて記念撮影ができますよ。
(私どもは遠慮しましたが・・・)
足かせは実際に引っ張ってみましたが、とても重いものでした・・・
中国人観光客が多いので、中国語でもドキュメント映画をやっていました。

20140807_utoro_to_hurano12

こちらは「五翼放射状舎房」(昔使われていた監房)での写真です。
人形がやけにリアル・・・

20140807_utoro_to_hurano13

映画「ショーシャンクの空に」並みにビックリするような脱獄の再現人形・・・
(釘に味噌汁をかけてサビさせていたそうです・・・)

20140807_utoro_to_hurano14

結構見応えがあった網走監獄でした・・・
当初の予定よりも1時間以上遅れてしまいました・・・

網走湖沿いに車は走り、能取湖に着きました。
私は今まで「のとりこ」と読んでいましたが、
正しくは「のとろこ」でした・・・
サンゴ草の群生地として知られる場所です。
能取湖で撮った写真です。

20140807_utoro_to_hurano15

続いてはサロマ湖へ・・・
当初寄る予定はなかったのですが、途中で「ワッカ原生花園」の看板を見つけ、
立ち寄ることにしました。またまた寄り道・・・
一応、ここもサロマ湖です。

はまなすが一面に咲いていたそうですが、
時間の都合上、
ネイチャーセンター付近を少し散策しただけで終わってしまいました。
もう少し時間があれば・・・

20140807_utoro_to_hurano16

観光馬車「ドリームワッカ」です。
馬車に揺られながら原生花園を散策・・・
(私どもはできませんでしたが・・・)

20140807_utoro_to_hurano17

網走監獄、ワッカ原生花園と寄り道をしたので、
後の道は駆け足でした。
「北の道ナビ」で見たルートでは、
国道238号線から国道242号線に入るルートが紹介されていましたが、
道の駅・愛ランド湧別を過ぎたあたりの交通標識で、
「遠軽」への道が示されていたので、道道244号線を通って遠軽に出ました。
その後、道の駅・まるせっぷ(旧丸瀬布町、現遠軽町丸瀬布)で一休み。
蛾が異常発生していて、いたるところ蛾だらけでした・・・
以後、旭川紋別自動車道、道央道を経て、旭川(北IC)に入りました。
旭川北ICから富良野へ行く最短ルートとして、
道道37号線を通りましたが、途中で看板を見落としたか、
誤解したため、東川町の方へ行ってしまいました・・・
夜7時頃、ようやく富良野のホテルに到着しました。
(あえて宿名は書きませんが・・・)

既にあたりは真っ暗・・・
夕食はホテルでとりました。
富良野の夜はとりたてて楽しいことがなさそうなので、
(観光地は夕方6時すぎると店じまいすることが多いです・・・)
確実に夜もやっている、新富良野プリンスホテル併設の、
ニングルテラスに行ってきました。
二人で何度も行ったことがある場所です。

20140807_utoro_to_hurano18

20140807_utoro_to_hurano19

20140807_utoro_to_hurano20

さて、残すは1日だけとなりました。
長い旅路ももうすぐ終了です。
(その8に続く)


« バルトーク:ピアノ協奏曲第3番聴き比べ6種〜アンダ、シフ、アシュケナージ、グリモー、アルゲリッチ、リパッティ・・・ | トップページ | NHKBSプレミアム・本棚食堂 第1回・ニンニク編(2014年8月18日放送) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ