« 晩秋の中島公園2013 | トップページ | 2013年10月のアクセス数ベスト10記事一覧 »

2013年10月30日 (水)

NHK・歴史秘話ヒストリア「少年よ 大志を抱け!~クラークと教え子たちの北海道物語」(2013年10月30日放送)〜キリスト教要素抜きの展開にガッカリ・・・

羊ヶ丘展望台の「クラーク像」で有名なクラーク博士。
北海道民や北海道へ観光に来た方なら誰でも知っていますね。
クラーク博士とはどんな人物だったのか、簡潔に知るにはいい番組でした。
2013年10月30日放送の、NHK「歴史秘話ヒストリア」。
少年よ 大志を抱け!~クラークと教え子たちの北海道物語」。
一般の方が観るなら、
「すばらしい教育者であり、ヒューマニスト」だったのだな、という印象で終わるでしょう。
(それでも構わない、といえばそれまでなのでしょうが・・・)
しかしキリスト教を信じる立場からすると、少し物足りない内容だと思いました。
札幌農学校(現在の北大)第1期生15名が署名した
イエスを信ずる者の契約」は、単なる禁酒の誓いにされていました。
(↑札幌農学校第2期生が中心となって起こされた「札幌独立キリスト教会」のサイトで、
英文と和訳を読むことができます。)
公共放送だから宗教性を強調したくない、という意図があるのでしょうが、
かえって人物像を正しく伝えていないのではないかと危惧しました。
番組の終盤で、クラーク博士が晩年に新島襄と会ったことが取り上げられていました。
これだと、実は密かに大河ドラマ「八重の桜」の番宣なのかな、
とさえ思ってしまいました。
アメリカから日本へ来た経緯、酪農振興、学生たちとの交流についてなど、
そちらの面はコンパクトにまとめられていただけに、
キリスト教的面があまりにも除去されていたのが残念でした。

« 晩秋の中島公園2013 | トップページ | 2013年10月のアクセス数ベスト10記事一覧 »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ