« 映画「おおかみこどもの雨と雪」〜中途半端なリアリズム | トップページ | 結婚記念日にオススメのクラシック曲〜ゆったり系で »

2013年5月 5日 (日)

NHKEテレ・冨田勲のイーハトーヴ交響曲~初音ミクが歌う賢治の世界~(2013年5月4日放送)〜第5楽章「銀河鉄道の夜」はさながら「東北レクイエム」・・・

宮沢賢治の作品を題材とした、
冨田勲さんの「イーハートーヴ交響曲」初演の様子が、
2013年5月4日にNHKEテレで放映されました。
冨田勲のイーハトーヴ交響曲~初音ミクが歌う賢治の世界~
既に今年の2月3日にNHKEテレのETV特集で、
音で描く賢治の宇宙~冨田勲×初音ミク 異次元コラボ~」と題し、
作曲の経緯や曲の一部が放映されていましたが、
今回は全曲の放映でした。

全7楽章もある、と聞いていたので、さぞ長大なのかな、と思い、
番組冒頭で以前放映されたものの一部をやっていて、
大丈夫なのかな、と危惧しましたが、
全7楽章あっても、全部で35分程度の曲でした。

イーハトーヴ交響曲」と題されていますが、
実際には、オーケストラ付の合唱組曲という感じです。

オーケストラ曲の中に初めてソリストとして、
初音ミクが登場したことでも話題になったこの曲、
第3楽章の歌詞に「わたしは初音ミク・・・」というのが出るあたりは、
宮沢賢治の世界からかなり逸脱するので、???とおもいましたが、
フレーズは記憶に残りました。
後の楽章での初音ミクの役割を明確化させるための苦肉の策ともいえます。

どの楽章も、音楽的な知識・教養がなくとも十分に楽しめます。
万人向けの作品といえます。
おすすめは第4楽章〜第6楽章です。
第4楽章からは、初音ミクの人間離れした、非現実的な声が、
見事に効果を発揮しています。

もっとも見事で感動的なのは、第5楽章「銀河鉄道の夜」です。
この楽章だけは、ぜひ一度聴いてみてください!
(この番組は視聴と同時に録画していましたので、
第5楽章はもう何度も観ています。)
冒頭の鐘の音から、遥か宇宙空間への旅立ちの響きがします。
なんかどこかで聴いたことがあるぞ・・・と思いきや、
実はラフマニノフの交響曲第2番・第3楽章からの引用です。
対旋律として、チェロやコントラバスによって、
鉄道がレールの上を走るような音が奏でられています。
原曲自体が、恋人・家族・親しい友人との感動的な再会を連想するような、
非常に甘美な響きがします。
世界のトミタ流に、華やかで宇宙的なアレンジが施されています。
その後の合唱パートが、まさに感涙ものでした・・・
さながら「東北レクイエム」といった感があります。
映像的に言うならば、アニメの「フランダースの犬」の最終回、
天使たちがネロとパトラッシュの魂を引き上げていくシーンのような・・・
心ゆさぶられた調べでした・・・
第5楽章の最後、初音ミクが「ケンタウルスよ・・・」と静かに歌うところは、
まさに異次元世界から聴こえてくるようでした。

第6楽章の「雨ニモマケズ」は、
これからいろんな合唱団のレパートリーとして歌われるかもしれませんね。
凛とした響きが、宮沢賢治の現実世界での生き様を物語っています。

前述のとおり、「交響曲」と題されていても、
あまりシンフォニックな響きは印象に残りませんでしたので、
むしろ、オーケストラ部分をピアノかオルガン用に編曲して、
合唱組曲とした方が、日本の多くの合唱団で取り上げられるかもしれません。

初音ミクをソリスト起用、というキワモノとしてみられがちなこの作品、
初音ミクの声を使うのは必然といえました。
冨田勲さんの創作力・アイデアに脱帽した35分でした・・・

参考記事:
冨田勲 イーハトーヴ交響曲 作曲(MSN産経ニュース2013年3月2日)
※作曲者の思いが語られています。
冨田勲「イーハトーヴ交響曲」と、初音ミクの神話性(柴 那典氏のブログ記事)
※第6楽章で初音ミクが出てこないことへの考察と、
この曲における初音ミクの使われ方への考察がすばらしいです。

イーハトーヴ交響曲

(参考)
ラフマニノフ:交響曲第2番

※第3楽章だけでもどうぞ。
私もたいてい第3楽章しか聴きません。

« 映画「おおかみこどもの雨と雪」〜中途半端なリアリズム | トップページ | 結婚記念日にオススメのクラシック曲〜ゆったり系で »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

「題なし」の及川様、コメントありがとうございます。
「画期的な曲、画期的な演奏」という感想、私もそう思いました。
比較対象すべきではないのでしょうが、今話題の「交響曲第1番HIROSHIMA」の全曲演奏の放送よりも、こちらの方の放送の方が楽しめましたし、音楽的にも好きです。

てんしな?日々さん

「題なし」の及川です。ご無沙汰しています。

「メイキング」の放送後、いつ全曲をやるのか楽しみにしていましたが、意外と早くその日が来ました。
私は昔から冨田勲のファンです。殆どの人がまだ知らなかったシンセサイザーを駆使して、ドビュッシーの曲集をアルバムにしたレコードが、その後の音楽にどれほどの影響を与えたか、量り知れないものがあります。
てんしな?日々さんが結構お聴きと拝察する吉松隆も、影響を受けたとインタビューで語ってましたよね。

そして初音ミク!

指揮者に合わせて自在に歌い、踊るようにするのが如何に画期的なことか。確か、以前大河ドラマ「徳川家康」のテーマを彼が担当したときは、シンセサイザーの音(テンポ)にオケのテンポを合わせに行ったのですからね。

開発会社が全面協力して達成したようですが、やがて一般的なソフトとして結実して行くことを期待したいです。

とにかく、曲の出来もさることながら、画期的な曲であり、画期的な演奏会だったと思います。
近い将来、「思えばこの曲から始まった」と振り返るような影響を与えているのは間違いないでしょう。

この記事へのコメントは終了しました。

« 映画「おおかみこどもの雨と雪」〜中途半端なリアリズム | トップページ | 結婚記念日にオススメのクラシック曲〜ゆったり系で »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ