« 新ローマ教皇フランシスコへの期待と、ヨハネ黙示録におけるカトリックへの預言 | トップページ | 聖女マザー・テレサも、見方を変えてみると・・・ »

2013年3月17日 (日)

圧巻!キム・ヨナの女王復活〜フィギュアスケート:世界選手権・女子シングル・フリー(2013年3月17日放送)

2013年のフィギュアスケート:世界選手権の女子シングル、
キム・ヨナ選手の女王復活の演技はやはり見事でしたね!
圧巻!という言葉しか思い浮かばないぐらい・・・
<世界フィギュア>女子 キム・ヨナが優勝 浅田は3位
毎日新聞 3月17日(日)12時18分配信

女子シングル・フリーで148.34点というのは、驚愕のスコアでした!
キム・ヨナ選手のショートプログラムの選曲は???(はっきり言って悪趣味)でしたが、
フリーは、再起にかける思いがひしひしと伝わってくるような、
すばらしいものだと思いました。
(使用曲:クロード=ミッシェル・シェーンベルク ミュージカル「レ・ミゼラブル」より

※上記はこちらのサイトから引用しました⇒
金妍兒[キム・ヨナ] 世界選手権2013 フリー演技 (解説:イタリア語・ルーマニア語・ロシア語・イギリス英語)

真央ちゃんの演技もすばらしいものではありましたが、
やはり相手は別格すぎた感じがありました。
(こちらはSP、フリー共に好選曲ですね!)

その他で印象に残ったのは、
2位のカロリーナ・コストナー選手の「ボレロ」。
アクシデントにもかかわらず、すらっとした長い手足を十分に生かして、
バレエのような見事な美を堪能させてくれました。

あとは、7位のジジュン・リ(李子君)選手。
かわいらしさ故、「中国の真央ちゃん」になれそうな予感・・・

アシュリー・ワグナー選手はもうちょっと伸びそうだったのに、
ミスが響いてちょっと残念でした。

村上選手は健闘しましたが、鈴木選手はちょっと残念・・・
(どちらかというと日本選手のうちでは鈴木選手を応援することが多いのですが・・・)
ともあれ、ようやく真の世界女王の実力を堪能できた、
見応えのある大会でした。

« 新ローマ教皇フランシスコへの期待と、ヨハネ黙示録におけるカトリックへの預言 | トップページ | 聖女マザー・テレサも、見方を変えてみると・・・ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ