« 2013年1月のアクセス数ベスト10記事一覧 | トップページ | 発達障がい者と大学教育〜NHKEテレ・ハートネットTV カキコミ!深層リサーチ「大学生の発達障害」(1)(2013年2月4日放送) »

2013年2月 3日 (日)

NHKEテレ・ETV特集「音で描く賢治の宇宙~冨田勲×初音ミク 異次元コラボ~」(2013年2月3日放送)

2013年2月3日放送の、NHKEテレ・ETV特集では、
音で描く賢治の宇宙~冨田勲×初音ミク 異次元コラボ~」と題して、
2012年11月23日に初演された、
イーハトーヴ交響曲」の初演の様子を中心に、
冨田勲さん自身の生涯、そして初音ミクがついに交響曲に登場するまでを、
実に興味深くまとめていました。

デジタルな初音ミクがアナログな指揮に合わせて歌い、踊る!
パッと観ただけではたやすいようですが、
実際はかなり細かい調整が必要で、
そのためにキーボード奏者が一人必要になったとのことです。
従来は既にできた曲に合わせてミクの画像をつければいいだけだったのが、
この作品では、指揮者の指示に合わせてテンポを変えて歌い踊るわけですから、
すごい進歩ですね〜

80歳を過ぎてなお、
前人未到の新しい分野に挑戦した冨田さんの偉業に感嘆する1時間でした。

放送された範囲内での「イーハトーヴ交響曲」を聴いた感想としては、
親しみやすい曲だと思いました。
特に第4楽章「風の又三郎」、第5楽章「銀河鉄道の夜」のところは、
幻想的な内容にふさわしいものに仕上がっていました。
難解な「ゲンダイオンガク」ではない、
心に響く音楽だったようですね。

既にCDが発売されています。
せっかくすばらしい特集を放送したのだから、
ぜひNHKで全曲のテレビ放送をしてほしいと願っています。

イーハトーヴ交響曲 [Hybrid SACD]

« 2013年1月のアクセス数ベスト10記事一覧 | トップページ | 発達障がい者と大学教育〜NHKEテレ・ハートネットTV カキコミ!深層リサーチ「大学生の発達障害」(1)(2013年2月4日放送) »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ