« 学校の週6日制復活に賛成?反対? | トップページ | 妻にストライキを起こされる前に・・・NHKBSプレミアム「たべものがたり・彼女のこんだて帖(2)」(2013年2月17日放送)を観て »

2013年2月18日 (月)

NNNドキュメント’13「口は悪いが腕はいい…自閉症の子を救う男わが子に起きた奇跡」(2013年2月18日放送)

自閉症児とその保護者への「福音」となるのでしょうか?
2013年2月17日深夜(18日)放送の、
日本テレビ系の「NNNドキュメント’13」、
口は悪いが腕はいい…自閉症の子を救う男わが子に起きた奇跡
という放送を視聴しました。
番組HPから、放送内容を転載します。
(引用)
わが子が自閉症と宣告された母親の苦悩を希望へと導く臨床心理士がいる。歯に衣着せぬ言動と奇抜な風貌で国内外を飛び回る“出張型心理カウンセラー”奥田健次(41)氏。番組ではわが子の将来を案じて思い悩む母親と、知的障害を伴い言葉の発達が困難と思われた男児が、わずか数ヶ月で驚きの成長を見せる姿を追う。その一方で奥田の大胆な手法に戸惑う家族も…。子どもの問題行動に向き合った瞬間に独自のひらめきで解決策を見出し、確かな変化をもたらす奥田の手法。その根底にあるものは数多くの臨床実績と、「障害は的確なアプローチによって改善する可能性がある」という信念だ。そして、奥田が幼少期に受けた暴力…。その体験を乗り越え、自閉症の子どもたちに情熱を注ぐ姿に密着する。
(引用終)

番組では、奥田氏がタイに出張して自閉症児とその保護者を指導
(奥田氏は「セッション」と呼んでいます。)している光景から始まります。
好きなものを取られると癇癪を起こす自閉症児。
癇癪を起こせば要求が通る、ということを「学習」してしまっているから、
その誤った「学習」を、別な形に置き換える
(番組では、ハイタッチすることで要求を伝えるように置き換える)・・・
通常なら、泣き止ませることとか目に見えるその場しのぎの対処法か、
あるいは「ひたすら愛情を注ぐ」などの精神論で終わりがちですが、
行動分析学」を応用したやり方によって、少しずつですが、
目に見える成果が上がっているのを見ることができました。
番組の最後で、ほとんどしゃべらなかった自閉症児が、
「セッション」を受けて適切なフォローを受け続けた結果、
五十音表を読んだり、親とコミュニケーションが取れるようになった姿には、
感動を覚えました。

私見では、奥田氏のやり方は、動物のしつけ・調教を思わせました。
それもそのはず。
「行動分析学」は、大学で心理学を学ぶときに必ず出てくる、
スキナー箱」を考案したアメリカの心理学者、
スキナー(Burrhus Frederic Skinner, 1904.3.20 - 1990.8.18)によるものです。

自閉症児にとっては、ただ叱られ続けるのも、
悪いことをとがめられず甘やかされるのも、どちらも社会性を育成できません。
ヒトは、躾(「身」を「美」しくするから「躾」!すばらしい字ですね。)がなければ、
動物と大差ありません。
「人間」となるには、社会性を身につける必要があります。
自閉症等の発達障がいを抱える子にとっては、
やっていい事、やっていけない事がわかる、というのは大きな事です。
奥田氏の「セッション」はかなり有効なものだと思いました。

ただ、奥田氏の「セッション」は結構高額なようです。
50分で3万5千円〜5万円+遠方の場合は交通費、とのこと。
それでも、冒頭のタイでの「セッション」を受ける母親は、
「我が子と心中しようか」と思いつめるまで至っていた中、
奥田氏の指導で光を見出したようでした。
自閉症児の生涯を考えれば、安いと思うか、高いと思うか、
妥当な金額と考えるかは、それぞれあるでしょうけどね・・・

教育現場での応用も紹介されていました。
教室に入るのをいやがり暴れる自閉症児を、
奥田氏の「セッション」によって劇的に改善した例は目を見張るものがありました。

番組では奥田氏の生い立ちや自身の障がいについても語られていました。
ヘンリー・ナウエンの書名を借りれば、
奥田氏自身も『傷ついた癒し人』なのでしょうね・・・
義父からの虐待とそれを避けるための不登校、家出・・・
転機となったのが、ドイツからの宣教師との関わりだった、とのことです。
(ここにも福音の光が・・・)

傷ついた癒し人―苦悩する現代社会と牧会者

この番組、BS日テレで2013年2月24日(日)に再放送しますよ。
見逃した方はぜひどうぞ!

奥田氏自身のブログ記事も紹介します。
NNNドキュメント放送後のお問い合わせについて
(ブログ名:奥田健次オフィシャルブログ

奥田氏の著者をいくつか紹介します。
番組を見てから私も一冊Amazonで買い求めてしまいました・・・


叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本


子育てプリンシプル

※私はとりあえずこの本を注文しました。

メリットの法則――行動分析学・実践編 (集英社新書)


自閉症児のための明るい療育相談室ー親と教師のための楽しいABA講座

« 学校の週6日制復活に賛成?反対? | トップページ | 妻にストライキを起こされる前に・・・NHKBSプレミアム「たべものがたり・彼女のこんだて帖(2)」(2013年2月17日放送)を観て »

おすすめサイト」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ