« 年末年始のクラシック音楽番組あれこれ2012ー2013〜N響「第九」、東急ジルベスターコンサート、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート | トップページ | 目で聴く?アリス=紗良・オットのグリーグ・ピアノ協奏曲〜NHKBSプレミアム・特選 オーケストラ・ライブ「NHK音楽祭2012 ロリン・マゼール指揮 N響」(2013年1月13日放送) »

2013年1月 7日 (月)

エッファタ!(開け!)〜唾と泥と賜物と・・・(附:ブログ一時休止のお知らせ)

それからまた、イエスはティルスの地方を去り、シドンを経てデカポリス地方を通り抜け、ガリラヤ湖へやって来られた。人々は耳が聞こえず舌の回らない人を連れて来て、その上に手を置いてくださるようにと願った。そこで、イエスはこの人だけを群衆の中から連れ出し、指をその両耳に差し入れ、それから唾をつけてその舌に触れられた。そして、天を仰いで深く息をつき、その人に向かって、「エッファタ」と言われた。これは、「開け」という意味である。すると、たちまち耳が開き、舌のもつれが解け、はっきり話すことができるようになった。イエスは人々に、だれにもこのことを話してはいけない、と口止めをされた。しかし、イエスが口止めをされればされるほど、人々はかえってますます言い広めた。そして、すっかり驚いて言った。「この方のなさったことはすべて、すばらしい。耳の聞こえない人を聞こえるようにし、口の利けない人を話せるようにしてくださる。」
(新約聖書マルコによる福音書7:31〜37新共同訳)

新改訳のBIBLE navi (バイブルナビ)
(聖書 新改訳 解説・適用付)で、このマルコ福音書7章を読むと、
耳が聞こえず、口のきけない人」(マルコ7:32〜37)
のいやしのところの解説・適用に、次のようなことが書いてありました。
(P.1607から引用)
7:34イエスは「開け」と言うとき、この耳が聞こえない人にも理解できるようなことばを用いられた。いやしのメッセージは、個人的であり独特である。いったい誰が、つばが力あるわざの手段となると思っただろう。あなたの教会で、あかしの手段が1つしかなかったら(例えば、説教)、多くの人々は、聞こえないかもしれない。教会は、さまざまな要求を満たすため、異なった方法を必要とする。音楽家に演奏してもらおう。俳優に演じてもらおう。作家に執筆してもらおう。創造力のあるクリスチャンたちに、話をしてもらおう。イエスは、つばと泥を用いられた。私たちも、人々の心に訴える方法がきっとみつかるはずである。
(引用終)※下線は筆者による。



私たちの才能・賜物も、創造主である神様から見れば、
「つばと泥」に過ぎないのかもしれません。
しかし、それらを用いてイエス様がいやしをなされたように、
様々な人々にわかるように、多様な方法で、
神様の「福音」を伝えるのは大事なのだな〜と改めて思わされました。
私のこのブログも、ささやかながら、神様のお役に立つことができれば幸いです。

ところで、1月8日〜12日の間、都合により、ブログを一時休止します。
再開は1月13日の予定です。
この期間、コメントをいただいても掲載・返答できませんのでご了承願います。

主がすべての災いを遠ざけて
あなたを見守り
あなたの魂を見守ってくださるように。
あなたの出で立つのも帰るのも
主が見守ってくださるように。今も、そしてとこしえに。

(旧約聖書 詩編121:7〜8新共同訳)
アーメン!

« 年末年始のクラシック音楽番組あれこれ2012ー2013〜N響「第九」、東急ジルベスターコンサート、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート | トップページ | 目で聴く?アリス=紗良・オットのグリーグ・ピアノ協奏曲〜NHKBSプレミアム・特選 オーケストラ・ライブ「NHK音楽祭2012 ロリン・マゼール指揮 N響」(2013年1月13日放送) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

聖なる言葉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ