« ハイドシェックによるヘンデルの組曲・サラバンドと、讃美歌第二編231番「罪、とが、不義、悪」 | トップページ | NHK・地球イチバン「地球でイチバン アタマがよくなる!?授業~フィンランド~」(2012年12月13日放送)と、釧路市の基礎学力保障条例可決(2012年12月14日) »

2012年12月15日 (土)

バレンボイムとフランツ・ウェルザー・メストのブルックナー・交響曲第4番「ロマンティック」映像対決

今週(2012年12月9〜15日)、
ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」のテレビ放送が2つありました。
NHKBSプレミアムの「プレミアムシアター」では、
フランツ・ウェルザー・メスト指揮クリーヴランド管弦楽団、
オーストリアの聖フローリアン修道院での2012年ライヴ。
BSスカパー!では、
ダニエル・バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリン、
2010年のライヴが放送されていました。

ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」は、
ブルックナーの作品の中では7番と並んでメジャーな曲
(◯◯ベスト100とかにラインナップされる、という意味で)ですが、
元ブルックナー・ファンの私にとっては、あまり好きな作品ではありませんでした。
第1楽章・第3楽章は素晴らしいものの、
特に第4楽章は冗長な感じがしていました。
だいたい好きな楽章だけのつまみ聴きしかしていませんでした。

今回、フランツ・ウェルザー・メストとバレンボイムの指揮を聴き比べてみるにあたり、
久しぶりに全曲通して聴くことになりました。
(たぶん十数年ぶり・・・)
まずフランツ・ウェルザー・メストの指揮の方について。
ブルックナーが眠る聖フローリアン修道院の収録だけあって、
圭角がとれた、非常にまろやかな響きになっていました。
(聖フローリアンでのブルックナー演奏といえば、
朝比奈隆指揮大フィルによる「第7番」の奇跡的な名演を思い出しますね。)

ブルックナー:交響曲第7番

まさに大自然・大宇宙が鳴り響いている・・・
普通なら金管楽器の咆哮となるよう場面であっても、
柔らかい響きに抑えられていました。
聴いていても全然疲れない、それどころか、
いつの間にか結局全部通して聴いてしまっていました。
聖フローリアンの美しい映像と優秀な録音によって、
実にすばらしい演奏だと思いました。

一方、バレンボイムの方は、
ベートーヴェン・スタイルのブルックナー演奏だったかな、と思いました。
彼が敬愛するフルトヴェングラーのスタイルの模倣なのかもしれません。
オーケストラを強烈にドライブし、ガンガン聴かせるタイプの演奏です。
オーケストラ演奏としては見事でしたが、
人間的すぎるブルックナー演奏なのかな、とも思いました。
こちらは2012年12月末にブルーレイが発売されます。
ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」※HMV

よって、今回の「ロマンティック」映像対決、
軍配はフランツ・ウェルザー・メストに上げます!

なお、CDなら、ヴァント指揮ベルリン・フィルのがオススメです。
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」

« ハイドシェックによるヘンデルの組曲・サラバンドと、讃美歌第二編231番「罪、とが、不義、悪」 | トップページ | NHK・地球イチバン「地球でイチバン アタマがよくなる!?授業~フィンランド~」(2012年12月13日放送)と、釧路市の基礎学力保障条例可決(2012年12月14日) »

NHK」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ