« 錦繍の平岡樹芸センター(2012年11月) | トップページ | 映画「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」(原題: The Three Musketeers)~ブッ飛んだありえなさ! »

2012年11月14日 (水)

野田総理VS安倍総裁の党首討論雑感と、12月の衆議院総選挙~マスコミのイメージ操作に惑わされない賢い選択をしよう!

いつもはふてぶてしいタヌキのように見えていた野田総理(失礼!)。
覚悟が決まり、党内の反対を押しのけてでも、
「ウソツキ」の汚名を返上しようとする姿は立派で、
久々にテレビのチャンネルを変えずに見いってしまいました・・・
(最近、野田総理がテレビニュースに出てくるとすぐさまチャンネルを変えていましたから・・・)
この党首討論に関するいくつかのブログを読みましたが、
好感を持って受け止められていました。
たとえば・・・
党首討論に学ぶ「愚直」という美徳(ブログ名:命と性の日記~日々是命、日々是性
「痺れた」党首討論・野田VS安倍 -16日衆議院解散へ 絶対に選挙へ行こう!-
(ブログ名:時事小言 ‐日本の針路‐
※いずれも2012年11月14日記事

上の「党首討論に学ぶ「愚直」という美徳」では、
(引用)
やはり、野田首相のツボは「正直」のようです。きっと「辞めろ!」と言われるより「嘘つき」と呼ばれる方が辛い方のようです。条件付とは言え、明後日の解散約束は、様々な思惑もあるのでしょうが、「嘘つきレッテルはがし」「嘘つき呼ばわり回避」「嘘つきとして後世に名を残したくない」との個人的モチベーションも大きかったのではないかと推測しています。
(引用終)と分析。

私も最近では子どもたちに「ウソつきは政治家のはじまり」と教えてしまうほど、
ウソ八百がひどい民主党政権ですが、
野田総理は最後の花道で、崩壊寸前の党よりも自分の名誉をとったのでは、
と思いました。
※読売新聞でも同様な分析をしています。
「うそつき」批判が効いた…突然の解散発言- 読売新聞(2012年11月14日21時20分)
(上記新聞記事から引用)
首相の解散表明に、公明党幹部は、「『うそつき』呼ばわりされることを最も嫌がったのだろう」と解説した。首相周辺からは「やはり『うそつき』批判が効いた。政局的判断より、自らの道徳観を優先した結果だ」との指摘も出た。
(引用終)

下の「「痺れた」党首討論・野田VS安倍 -16日衆議院解散へ 絶対に選挙へ行こう!-」では、
(引用)
それにしても今日の党首討論、評価は人それぞれだろうが、僕は今まで見た中で最高のものだったと感じた。野田氏、安倍氏とも気迫が漲っており、解散を賭けての真剣勝負。討論の後、安倍氏の顔が紅潮しているように見えたのが印象的だった。

今までの党首討論は、気の抜けたコーラのような、形式だけ整えた討論とも呼べないような退屈な「儀式」のようなものだった。しかし今回は、絶対解散に追い込むという強い意気込みを持って臨んだ安倍氏に対し、解散先延ばしを図る民主党内を押さえつけての野田氏の力強い発言。まさに真剣勝負。観ていたこちらも相当痺れた。しのぎを削る両党首の議論は、歴史に残る「名討論」だったと言っても言い過ぎではないだろう。
(引用終)と評価していました。
形式的な討論に終わらず、日本の新しい歴史を作る討論となりましたね・・・

そしてようやく、衆議院の解散総選挙の日程が決まりましたね!
民主党は公約違反を真摯に反省してほしいものです。
同時に、日本国民一人一人も、
今までは「政治家が悪い」と政治を政治家の責任にしたツケを猛省すべき時です。
その「悪い政治家」を選んでいたのは、ほかならぬ、我々国民だからです・・・
テレビや大新聞の都合のいい宣伝に振り回され、
あげくの果てにウソツキ集団に政治を任せてしまった、という痛い勉強をしました。
民主党がダメだから自民党・・・それでもダメなら第三極という短絡的な判断ではなく、
しっかりと日本の将来と自分とその家族の未来を考え、
賢明な1票を、2012年12月16日に投じようではありませんか!
(マスコミのイメージ操作を鵜呑みにしないで、自分でしっかりと考えてみましょうよ!)

« 錦繍の平岡樹芸センター(2012年11月) | トップページ | 映画「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」(原題: The Three Musketeers)~ブッ飛んだありえなさ! »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

Michさん、コメントありがとうございます。
貴ブログから引用させていただきました。
一般的に政治ブログは「民主だからダメ!」とか、
「自民だからイイ!」といった、
単なる偏見を論理武装したものが多いですが、
Michさんのブログはそうではないところがすばらしいですね。
有権者の賢明な判断に期待する、というところでは私も同感です。

こんばんは。「しっかりと日本の将来と自分とその家族の未来を考え、賢明な1票を」。全くその通りですね。とにかく多くの方に投票に行ってほしいですよね!

この記事へのコメントは終了しました。

« 錦繍の平岡樹芸センター(2012年11月) | トップページ | 映画「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」(原題: The Three Musketeers)~ブッ飛んだありえなさ! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ