« 書評:烏賀谷弘道著『報道の脳死』(新潮新書)~日本のマスコミの病理解剖 | トップページ | NHKニュース「おはよう日本」での効果音使用に疑問~民放ニュースの悪しき習慣をNHKまで真似するな! »

2012年10月17日 (水)

NHKBSプレミアム・クラシック倶楽部- エベーヌ弦楽四重奏団 in Japan -(2012年10月16日再放送)

NHKBSプレミアムの「クラシック倶楽部」、
2012年10月17日の放送は「エベーヌ弦楽四重奏団 in Japan」でした。
2011年11月7日、たぶんNHKのスタジオでの収録です。
今年の2月頃放送されていたようですが、その時は観ていませんでした。

実は、弦楽四重奏の放送の時は、敬遠しがちです。
ジュリアード弦楽四重奏団とかのビッグネームならいざ知らず、
あまりよく知らない団体のは原則視聴をパスでした。
(退屈な演奏が多いからです。
演奏者というよりは、「弦楽四重奏」というジャンル自体の魅力のなさ?)
しかし、気まぐれにも今回の放送を録画して観てみたら、
すばらしい演奏でした!

今回の演奏曲をNHK番組表から転載します。

モーツァルト「弦楽四重奏曲 ハ長調K.465「不協和音」から 第1楽章」
ドビュッシー「弦楽四重奏曲 作品10」
E.アーべ「ネイチャー・ボーイ」
ワイズ/リーズ/ラッセル/ルーバニス「映画「パルプ・フィクション」から ミザルー」
J.コスマ(武満徹編曲)「枯葉」

ドビュッシーの弦楽四重奏曲は、
ラヴェルの弦楽四重奏曲とカップリングされることが多いですね。
どうも退屈なイメージしかなかったのですが、
今回ようやくマトモに聴いて楽しむことができました。

今回の放送の目玉は、「ネイチャー・ボーイ」と、
映画「パルプ・フィクション」から ミザルー」、
そして「枯葉」でした。
晦渋な弦楽四重奏が、おしゃれで小粋なものになっていました!
スタジオ録音の映像もなかなか美しかったです。
(途中でイメージ映像になったり・・・)
弦楽四重奏曲の放送で退屈せずに楽しめた、貴重な放送回でした!

エベーヌ弦楽四重奏団(Quartuor Ebene)について調べてみたら、
なんと、実は我が家にCDがありました・・・
フォーレの室内楽全集に含まれていました。

Faure: Complete Chamber Music For Strings And Piano

※買ったけど、あまり聴いていないなぁ・・・

今回放送されたうち、後半のプログラムの曲が収められたCDです。
試聴してみましたが、なかなかよさそうです。

(国内盤)

(輸入盤)

Fiction: Live at Folies Bergere [DVD]

String Quartets Dissonances Kv465 Divertim
(第1楽章のみ放映)

String Quartets

※今回放送されたドビュッシーの弦楽四重奏曲が含まれます。
他はラヴェル、フォーレの弦楽四重奏曲。

ディスコグラフィーを見ると、私としては、
ブラームスのピアノ五重奏曲・弦楽四重奏曲第1番のCDにも興味をもちました。
(そのうち買うかも・・・)

Piano Quintet 1

« 書評:烏賀谷弘道著『報道の脳死』(新潮新書)~日本のマスコミの病理解剖 | トップページ | NHKニュース「おはよう日本」での効果音使用に疑問~民放ニュースの悪しき習慣をNHKまで真似するな! »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ