« 2012年6月のアクセス数ベスト10記事一覧 | トップページ | 書評:ケン・コスタ著『ゴッド@ワーク』(原題:God at Work)~ビジネスと信仰 »

2012年7月 1日 (日)

「天上の声」が欲しかったデュリュフレのレクイエム~NHKBSプレミアム・特選 オーケストラ・ライブ N響コンサート -第1727回定期公演-(2012年7月1日放送)

日曜朝のお楽しみ、NHKBSプレミアムの「特選オーケストラ・ライブ」。
今回は、N響の第1727回定期公演でした。
曲目は以下のとおりです。

オネゲル:交響詩「夏の牧歌」
ショパン:ピアノ協奏曲第2番へ短調作品21
デュリュフレ:レクイエム作品9

指揮は尾高忠明さん。
ショパンのピアノ独奏はピアノはギャリック・オールソンさん、
デュリュフレのメゾ・ソプラノは加納悦子さん、
バリトンは三原剛さん、
合唱:新国立劇場合唱団でした。
収録は2012年5月12日、NHKホールです。

オネゲルの「夏の牧歌」とショパンのピアノ協奏曲第2番はすばらしい演奏だと思いました。
「夏の牧歌」はあまりなじみのない作品ですが、
精緻な演奏によってさわやかな魅力が十分引き出されていました。

ギャリック・オールソンという名は恥ずかしながら今回初耳でした。
オーケストラ共々、
ショパンなのにまるでベートーヴェンのような硬派な演奏を繰り広げていました。
しかしそれがマイナスかというと、むしろプラスに働いていたと思います。
生クリームでいっぱいのショパン像ではなく、
ビターチョコレートのようなショパン像を示してくれた、なかなかよい演奏でした。
今回の放送での白眉といえましょう。

ギャリック・オールソンさんのCDとBlu-rayを一部紹介します。
どちらもショパンの曲を演奏したものです。

Preludes & Nocturnes [Import, From US]

Garrick Ohlsson Plays Chopin: Art of Chopin [Blu-ray] [Import] (2012)

さて、今回の放送で最も期待していたのが、
デュリュフレのレクイエムでした。
フォーレのレクイエムと同じ構成をとった20世紀の宗教曲の傑作です。
私としては、フォーレのレクイエムよりも好きなレクイエムです。
グレゴリオ聖歌のレクイエムを使っています。
どんな演奏になるのだろう・・・
番組冒頭では、指揮者の尾高さんがこの曲への思いいれを語っていました。

しかし聴いた結果は・・・
タイトルに書いたとおり、「天上の声」が欲しかったかな~という感想でした。

新国立劇場合唱団の声は、声楽的にいえば、確かにすばらしいです。
しかし、この曲の特に女性パートは、天から響いてくるような、
超・人間的なものでないと、美しく聴こえません。
全体的に、宗教曲というよりは、オペラのように聴こえました。
(ニーチェ流に言えば「人間的な、あまりに人間的な」でしょうか・・・)
オーケストラはすばらしい響きを出していたのに・・・
オーケストラだけなら、過去に聴いた演奏の中でも最高に属します。
たとえば「聖なるかな」のところなどは迫力満点でした!

この曲は、女性パートにボーイ・ソプラノを使った方がより神秘的に聴こえます。
(例外は、後で紹介します聖ヤコブ室内合唱団の女性ソプラノだけでしょう・・・)

デュリュフレのレクイエムを初めて聴いたのは、今から20年近く前です。
作曲家自身の指揮によるフルオーケストラ版です。
冒頭から、永遠の光の世界に入るかのような、
実に神秘的で美しい曲だな~と感動しました。
中世の大聖堂のバラ窓のような・・・
(何年か前にたまたま聴く機会がありました。
さすがに、古い録音だな~とも思いましたが・・・)
有名絵画でこの曲を表すとしたら、
エル・グレコの「オルガス伯爵の埋葬 」あたりでしょうか?
(中世の大聖堂の方がふさわしいかも?)

オルガス伯爵の埋葬 (Entierro del conde de Orgaz)
20120701_elgreco


作曲家自身の指揮による演奏
Durufle: Requiem / Quatre Motets [Import, From US]

フォーレのレクイエムで名演奏を残しているコルボの指揮
デュリュフレ:レクイエム

以前、フォーレのレクイエムとデュリュフレのレクイエムがセットになって、
ソプラノパートはボーイソプラノが歌っている盤がありました。
こちらは伴奏がオルガンだけでしたが、とても美しいものでした。
現在は廃盤のようです。

Durufle;Requiem [Import, From UK]

デュリュフレのレクエイムのCDで最も美しいのは、
BISレーベルで発売されていた、
聖ヤコブ室内合唱団によるものです。
こちらも伴奏はオルガンだけです。
宇野センセイ絶賛の1枚です。

宇野功芳の音盤棚「これがUNO!」 Vol.7


・・・とはいえ、デュリュフレのレクイエムをプログラムに選曲した、
指揮者の尾高さんとN響には感謝!

« 2012年6月のアクセス数ベスト10記事一覧 | トップページ | 書評:ケン・コスタ著『ゴッド@ワーク』(原題:God at Work)~ビジネスと信仰 »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ