« NHKBS1・BS世界のドキュメンタリー「インサイド フクシマ」(原題:Inside Japan's Nuclear Meltdown)(2012年5月15日放送)~福島原発事故を適切にまとめた教科書的番組 | トップページ | 書評:片山ユキヲ作『花もて語れ』1~4巻 ~ 朗読の魅力の伝道師 »

2012年5月19日 (土)

D・フィッシャー=ディースカウ氏、死去~20世紀最高のバリトン歌手

2012年5月19日の朝刊を読むと、
ドイツのバリトン歌手のD・フィッシャーディースカウ氏死去
という小さな記事が載っていました。
ご逝去を悼み,謹んで哀悼の意を表します。

最も好きな声楽家を挙げてください(現役であるかどうかを問わず)、と質問されたら、
私なら迷わず、フィッシャー=ディースカウの名を挙げます。
そのビロードのような美声と超人的なレパートリーのすごさを否定できる人はいないでしょう。

彼が歌うシューベルトの歌曲集CDを何度も聴いて、
彼のマネをして歌いたくなり、ドイツ語(の読み)を覚えたものでした。
(易々と歌っているように聴こえるので、ついマネしたくなります。
本当はものすごい芸当なのに・・・)
シューベルトの三大歌曲集(「美しき水車小屋の娘」、「冬の旅」、「白鳥の歌」)は、
最近でこそテノールのイアン・ボストリッジの歌唱という新たな解釈を見いだしたものの、
やはりフィッシャー=ディースカウの声が基準となるものです。

フィッシャー=ディースカウの録音は膨大です。
私はそのわずかを知っているに過ぎません。
その中から、思い出に残る名演奏CDを3枚挙げます。

シューベルト:歌曲集「冬の旅」

フィッシャー=ディースカウは公式録音だけで、
7回も「冬の旅」を録音しています。
このCDはその中で最もベストといえます(他の録音も甲乙つけがたい名演ですが・・・)。

マーラー:さすらう若人の歌

若き日のフィッシャー=ディースカウが、
巨匠フルトヴェングラーの指揮のもと、まるで彼のためにこの曲が書かれたかのように、
曲そのものと一体となった鮮烈な歌唱を聞かせてくれます。
モノラル録音ですが、そんなことを忘れさせてくれるようなすごい録音です。

バッハ:マタイ受難曲 ハイライツ
(カール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団1958年録音)

私にとって、フィッシャー=ディースカウの代表的録音といえば、
この1枚です。
第2部 第75曲:アリア「わが心よ、おのれを潔めよ」のバスアリア。
これだけでも、このCDを聴く価値があるといえます。
何十回聴いたことか・・・
「マタイ」全体の中で最も好きなアリアです。
「マタイ」は十種類以上の盤を聴いていますが、
このアリアでフィッシャー=ディースカウ以上の歌唱は聴いたことがありません。

おまけとして、ユーモラスな歌唱としては、
バッハの「コーヒー・カンタータ」の録音や、
オルフの「カルミナ・ブラーナ」(ヨッフム指揮)を挙げておきます。
特に「カルミナ・ブラーナ」での歌唱はスゴイ!
謹厳な父親が泥酔して失態を晒しているかのような・・・

オルフ:カルミナ・ブラーナ


フィッシャー=ディースカウの著書も紹介します。

自伝 フィッシャー=ディースカウ―追憶 (国際フランツ・シューベルト協会刊行シリーズ)

未読ですが、大著ですね・・・機会があれば読んでみたいです。

ワーグナーとニーチェ (ちくま学芸文庫)

こちらは読んだことがあるような記憶が・・・
フィッシャー=ディースカウは「ニーチェ歌曲集」なるCDも確か出しています。)

« NHKBS1・BS世界のドキュメンタリー「インサイド フクシマ」(原題:Inside Japan's Nuclear Meltdown)(2012年5月15日放送)~福島原発事故を適切にまとめた教科書的番組 | トップページ | 書評:片山ユキヲ作『花もて語れ』1~4巻 ~ 朗読の魅力の伝道師 »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

rukeさん、コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

てんしさん。初めましてクリスチャンで作詩家です。様々な分野を勉強中で、てんしさんのブログは感謝です。クラッシクの紹介、また聞いてみます。

この記事へのコメントは終了しました。

« NHKBS1・BS世界のドキュメンタリー「インサイド フクシマ」(原題:Inside Japan's Nuclear Meltdown)(2012年5月15日放送)~福島原発事故を適切にまとめた教科書的番組 | トップページ | 書評:片山ユキヲ作『花もて語れ』1~4巻 ~ 朗読の魅力の伝道師 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ