« NHKBSプレミアム「名曲探偵アマデウス」・シューベルト「ピアノ五重奏曲“ます”」 | トップページ | NHKBSプレミアム・谷村新司のショータイム「リチャード・カーペンター」(2012年2月11日放送) »

2012年2月10日 (金)

ストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲聴き比べ~ハーン、カントロフ、D・オイストラフのCDで

2011年12月下旬に、DENONの「クレスト1000」第11回シリーズとして、
ジャン=ジャック・カントロフ(ヴァイオリン(以下Vn))独奏による
ストラヴィンスキーのVn協奏曲
(カップリング:チャイコフスキーのVn協奏曲)のCDが発売されました。
宇野功芳氏の『改訂新版 宇野功芳のクラシック名曲名盤総集版』で紹介されていましたが、
長らく廃盤扱いとなっていたものでしたので、再発売には期待していました。

改訂新版 宇野功芳のクラシック名曲名盤総集版

今年の1月にようやく入手し、さっそく期待して聴いてみたのですが・・・
第1楽章から重たく、あまり曲の世界に入っていけませんでした。
第1楽章の途中で聴くのを断念しました。
何度か聴くのをチャレンジしたのですが、やはり印象は変わりません。
宇野センセイがベタボメの盤なのに・・・

私は、昨年ヒラリー・ハーンによるストラヴィンスキーの同曲のCDを聴いてから、
すっかり気に入り、上記のカントロフ盤ならさぞスゴイのかな、と期待していましたから、
ちょっと残念でした。

我が家には、この曲のCDが3枚あります。
上述のカントロフ盤と、ヒラリー・ハーンのCDと、
クルト・ザンデルリンク&ベルリン放送交響楽団の5枚組CDに含まれているものです。

ヒラリー・ハーン盤(カップリング:ブラームスのVn協奏曲」)

D・オイストラフ(Vn)/ザンデルリンク指揮ベルリン放送響(5枚組)
※3枚目に含まれています。

(CD1のショスタコーヴィチのVn協奏曲第1番、交響曲第5番と、
CD5の内田光子のピアノによるモーツァルトのピアノ協奏曲第24番が名演!)

結論から言うと、3枚の中でオススメできるのは、
ヒラリー・ハーンのCDのみです。
第1楽章の早めのテンポによる快活感、第3楽章のゆったり感、
日光が燦燦と輝くような第4楽章・・・
どこをとっても、曲の楽しさ、愉悦感を十分に伝えています。
このCDで、初めてストラヴィンスキーのVn協奏曲の魅力がわかりました。

ちなみに、3種類のCDの各楽章の演奏時間を比べてみましょう。

ヒラリー・ハーン盤)
第1楽章 4:51
第2楽章 4:27
第3楽章 6:06
第4楽章 5:32

カントロフ盤)
第1楽章 5:26
第2楽章 3:53
第3楽章 4:38
第4楽章 5:45

D・オイストラフザンデルリンク盤)
第1楽章 5:32
第2楽章 4:29
第3楽章 4:50
第4楽章 6:10

比べてみると、ヒラリー・ハーン盤は第1楽章、第3楽章で
他の2枚と大きく異なります。
特に第1楽章は他の2枚がモタモタ感があるのに対して、
ヒラリー・ハーン盤は推進力があります。
Vnの音色がまさに「結晶化」したような感じで、音楽そのものだけが響いてきます。
かといって、テクニック一辺倒かといえばそうでもなく、
第3楽章の叙情性は特筆に値します。
もともとそれほど規模が大きくない作品なので、
ネヴィル・マリナー指揮
アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールド
の軽やかな音が
プラスに働いています。
少しも重苦しくなく、みずみずしい響きがします。

ヒラリー・ハーンのCDは、メインがブラームスのVn協奏曲なのですが、
こちらは残念ながらオーケストラの音色がマイナスに働いています。
ブラームスの曲なのにオーケストラが薄っぺらい響きなので、
もっぱらストラヴィンスキーのVn協奏曲を聴くためのCDと割り切ったほうがいいです。

ベートーヴェンやチャイコフスキー、メンデルスゾーン、ブラームス、シベリウスなどの
Vn協奏曲ほど知名度が高くない作品ですが、
隠れた名曲ですので、ぜひご一聴を!

« NHKBSプレミアム「名曲探偵アマデウス」・シューベルト「ピアノ五重奏曲“ます”」 | トップページ | NHKBSプレミアム・谷村新司のショータイム「リチャード・カーペンター」(2012年2月11日放送) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ