« 「安息日」の「日」を何と読むか? | トップページ | NHK・クローズアップ現代「世界を魅了する日本の歌謡曲  ~由起さおり ヒットの秘密~」(2012年2月21日放送) »

2012年2月21日 (火)

宇宙人ジョーンズは、実はスゴ腕連邦保安官補だった!~映画「逃亡者」(原題:The Fugitive)

2012年2月19日に、ハリソン・フォード主演の映画「逃亡者」が、
BS日テレで放送されました。
私と妻は録画して観ました。
冒頭から映画の世界に引き込まれ、
乗ったら最後の恐怖のジェットコースターのようなスリリングな展開を堪能しました。

ハリソン・フォード演じる医師キンブルが、妻殺しの疑いで捕まり、
状況証拠で有罪となり、死刑判決を受けたものの、
途中で脱走する機会があり、ジェラード連邦保安官補の執拗な追跡を受けつつも、
真犯人を突き止めていく、という物語です。

共演のトミー・リー・ジョーンズ(サントリーのBOSSのCMでおなじみ)演じる
ジェラード連邦保安官補は、主役よりも存在感がありました。
最初の登場シーンでは、つい「あっ、『宇宙人』だ!」と思わず笑ってしまいましたが、
映画が進むにつれ、『宇宙人』のイメージは消え、
どちらかというとドラマ「相棒」の杉下右京警部を想起させました。
(この映画の方が先ですが・・・)
宇宙人ジョーンズの正体は、杉下右京並みのスゴ腕刑事(正しくは「連邦保安官補」)だったとは!
この作品でアカデミー助演男優賞を獲得した名演技に脱帽でした・・・

観始めたら、1分のスキもない展開にただただ引きずり込まれていくばかり・・・
余計なコメントは要りませんね。
オススメですので、まだ観ていない人はぜひ御覧あれ!

ところで、医師キンブルは捕まってからあっという間に裁判にかけられ、
有罪判決を受けました(フィクションとはいえ)。
アメリカの裁判の結審は早いですよね。
かたや、日本では、ちょうど昨日、
光市母子殺害事件」の最高裁判決が出ましたね。
13年かけて、ようやく犯人に死刑判決が下りたわけです。
あまりにも裁判のスピードが遅いなぁ・・・と思いました。
さらには、法律において法務大臣は、
死刑確定後6ヶ月以内に刑の執行を命じることになっていますが、
守られたケースは皆無です。
裁判のスピードをもっと上げるのと、
死刑判決で冤罪の可能性がないものであれば、
きちっと執行すべきなのでは、と思います。

逃亡者(DVD)

逃亡者(Blu-ray)

スピンオフ作品として、
ジェラード連邦保安官補(トミー・リー・ジョーンズ)を主人公とした
追跡者」という作品があるのですね。
そのうち観てみようかな・・・

もともと「逃亡者」はアメリカのTVドラマだったのですね。
60年代にこういう作品を作ってしまっていたとは・・・

« 「安息日」の「日」を何と読むか? | トップページ | NHK・クローズアップ現代「世界を魅了する日本の歌謡曲  ~由起さおり ヒットの秘密~」(2012年2月21日放送) »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ