« 映画「ドッジボール」~小学校で習ったドッジボールとは違うけど・・・ | トップページ | 「学びあい」という美名の下の教育の堕落~NHKEテレ・ETV特集「輝け二十八の瞳 ~学び合い 支えあう教室~」(2012年2月5日放送) »

2012年2月 5日 (日)

2012年1月スタートのアニメ~「日常」と「テルマエ・ロマエ」

日常』(作:あらゐ けいいち)という作品、
初めて知ったのは、去年教会学校に来ていた小学生たちが話題にしていたからでした。
民放の深夜アニメ放送を楽しんでいたようです。
(録画してか、それとも放映時間に起きていてかは知りませんが・・・)
その話を聞いて、私は原作コミックの1巻を購入して読んでみました。

日常 1 (角川コミックス・エース 181-1)

う~ん、後半でようやく「クスッ」と笑えるようになりましたが、
シュールすぎて、よくわからない、というのが結論でした。
その後を読んでみようという気にもなりませんでした。
前へ進むストーリー展開がないからです。

再度興味を持ったのは、
天下のNHKが、民放で放送されていたアニメをわざわざ放送する、
というニュースを去年の11月に読んでからです。
(世界名作劇場とかではないのに・・・)
来年の1月からか~
・・・といいつつ、結局1話目は見逃してしまいました。
2話目からは録画して観て、すっかりハマッてしまいました・・・
民放での放送をそのまま放映するのではなく、
全26話を全12話に再構成しての放送となっています。

なぜネコ(阪本さん)がしゃべっているのかとか全然わかりませんが、
そもそもストーリー性などないのだから、
とても巧みな再構成なのかな、と思っています。
(ネット上では評判悪いようですが・・・)

はっきり言って、よくわからないところも多いですが、
映像表現に斬新さが見られますし
(たとえば「日常の第五話」の冒頭。
セリフを使わずに緊張感と虚脱感を巧みに表現しています。)、
また、無駄なところにエネルギーを空費するような展開が私にはウケています。
(ただし、妻は「つまらない・・・」との評価・・・トホホ・・・)
日常、といいながら、全然非日常なところがオカシイですね。

オープニングの2曲は騒々しいので、早送りで画像だけ観ていますが、
エンディング曲の「Zzz」(歌:佐咲紗花 )は清純な魅力があります。
おやすみ前に聴いたら和みそう・・・

日常のブルーレイ 特装版 第1巻※民放での放送

Zzz(CD)


テルマエ・ロマエ』は私ども夫婦で共に好きなマンガです。
今年の4月には映画化されますね。
それに先立つアニメ化には少し期待していたのですが・・・
(ちなみに、北海道の地上波ではまだ放送予定がありません。
私が観たのはBSフジでの放送です。)

絵が平面的で動きが少ないのと、
秘密結社鷹の爪」風になっているところがマイナスでした。
あと、30分で2話なのはいいのですが、
1話終るごとにエンディング曲を聴かなければならないのはこれもマイナス・・・
BGMにクラシック音楽の名曲を多用しているのは評価しています。
この作品が面白いのは、アニメの力ではなく、原作の力によるものですね。
映画の宣伝の一環と位置づけた方がいいのかも・・・


テルマエ・ロマエ(アニメ)Blu-ray 1巻

テルマエ・ロマエ(アニメ)Blu-ray 2巻

原作Ⅰ

原作Ⅱ

原作Ⅲ

原作Ⅳ

« 映画「ドッジボール」~小学校で習ったドッジボールとは違うけど・・・ | トップページ | 「学びあい」という美名の下の教育の堕落~NHKEテレ・ETV特集「輝け二十八の瞳 ~学び合い 支えあう教室~」(2012年2月5日放送) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ