« NHKBSプレミアム・プレミアムシアター「ベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサート2011」(2012年1月21日放送)附:ウィーン国立歌劇場の「こうもり」(2011年12月31日公演) | トップページ | 証拠隠滅を図った原子力災害対策本部~おすすめWEB記事「愚者の楽園」(田中良紹の「国会探検」) »

2012年1月25日 (水)

NHKBSプレミアム「クラシック倶楽部」-上原彩子ピアノ・リサイタル-(2012年1月23日放送)

我が家では最近、
NHKBSプレミアムの「クラシック倶楽部」(月~金の朝6:00~)が、
目覚まし時計代わりになっています。
ただし、大きな音がするから一度は目が覚めますが、
演奏が退屈だと二度寝してしまうことがよくあります(*^-^)
しかし、2012年1月23日放送の上原彩子さんの演奏は全然違いました!
朝だから音量を絞っていても、迫力は十分伝わりました。
(あらかじめ録画しておきました。)

2010年7月4日に東京のヤマハホールで開かれたリサイタル。
改めて、音量を上げて、演奏を聴いてみました。
ショパンの演奏のすばらしさは特筆に値します。
わけても、「練習曲集」作品25の、第10番ロ短調から第12番ハ短調までは、
音の小宇宙を思わせるような壮麗な演奏でした。
普段ショパンの曲はあまり聴かないのですが、
上原彩子さんのこの演奏はかれこれ3回ぐらい繰り返して聴きました。
(番組では、2台ピアノ版での「牧神の午後への前奏曲」も放送していましたが、
こちらは曲自体が好きではないのでパスしました。)

上原彩子さんは、チャイコフスキー国際コンクール優勝という輝かしい経歴と、
すばらしい技巧の持ち主ながら、CDの数は現役盤がたった4枚、
しかもロシアものばかりという寂しい状況です。
(ムゾルグスキー、チャイコフスキーのCDはあの宇野センセイも絶賛ものですが・・・)
今回放送されたショパンなど、
ロシアの作曲家以外のもどんどん録音してほしいものですね。

2002年チャイコフスキー国際コンクールライヴ

グランド・ソナタ(チャイコフスキー)

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ムソルグスキー:展覧会の絵

※両曲とも宇野センセイ絶賛!

プロコフィエフ作品集

« NHKBSプレミアム・プレミアムシアター「ベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサート2011」(2012年1月21日放送)附:ウィーン国立歌劇場の「こうもり」(2011年12月31日公演) | トップページ | 証拠隠滅を図った原子力災害対策本部~おすすめWEB記事「愚者の楽園」(田中良紹の「国会探検」) »

NHK」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ