« 安心・安心デマと被曝を拡げた枝野前官房長官は議員辞職を!~おすすめWEB記事「「ただちに影響はない」は限られた場合の話だった!? 枝野前官房長官の“問題発言”と“政治家としての責任”」(週刊・上杉隆【第199回】) | トップページ | エゾシカ料理と生ハム~メルキュールホテル札幌でのフレンチビュッフェランチ »

2011年11月13日 (日)

2011NHK杯フィギュア女子シングル~印象に残った曲はレオノワ選手使用の「弦楽のためのアダージョ」

2011NHK杯フィギュア女子シングルは、
僅差で鈴木明子選手の優勝となりましたね。
(フリーの演技を観て、「真央ちゃんが勝ったかも・・・」と思ったほどでした。)
フリーの演技よりもショートプログラムでの演技の方が見ごたえがありました。
特に鈴木選手とアリョーナ・レオノワ選手・・・

フリーでは浅田真央選手の追い上げがすごかったですね。
ジャンプが確実に決まって見事でした。
(ジャンプ以外はあまり面白くないですが・・・ファンのみなさん、ゴメンナサイ・・・)

鈴木選手のショートプログラムは、過去最高の出来で、
絶賛すべき内容でした。
音楽とスケーティングが完全にシンクロしている、見ごたえある演技でした。
前日2位のレオノワ選手の演技も迫力があってすばらしかったです。

フリーでのレオノワ選手の使用曲の前半は、
バーバーの「弦楽のためのアダージョ」でした。
とても美しい曲で、映画「プラトーン」などでも使用されていました。
各選手の使用楽曲の中で、最も印象に残りました。
レオノワ選手の演技の緊張の糸が少し切れてしまったことが残念でした。

ところで、バーバーの「弦楽のためのアダージョ」だけを集めた、
ちょっとコアなCDを見つけました。
Barber's Adagio(輸入盤)
試聴し、気に入ったので購入しました。
声楽曲に編曲された版も実に美しいですよ。

Barber's Adagio(輸入盤)

今年のNHK杯フィギュアは、
札幌市南区の真駒内セキスイハイム アイスアリーナでの開催でした。
私の地元・札幌市内での開催だったので、ぜひ会場で観戦、といきたかったですが・・・
テレビでも十分に楽しめましたよ。

« 安心・安心デマと被曝を拡げた枝野前官房長官は議員辞職を!~おすすめWEB記事「「ただちに影響はない」は限られた場合の話だった!? 枝野前官房長官の“問題発言”と“政治家としての責任”」(週刊・上杉隆【第199回】) | トップページ | エゾシカ料理と生ハム~メルキュールホテル札幌でのフレンチビュッフェランチ »

NHK」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ