« 映画「電話で抱きしめて」~テーマはラブコメではなく、家族愛・・・ | トップページ | しずけき祈りの Sweet Hour of Prayer(MIDI) »

2011年10月26日 (水)

映画「私がクマにキレた理由(わけ)」

2011年10月25日に、BSジャパンで、
映画「私がクマにキレた理由(わけ)」が放映されていました。
録画して妻と一緒に観ました。
原題は「The Nanny Diaries(直訳すると「ナニーの日記」)」。
「ナニー」とはベビーシッター(子守)のことです。
これは、原題よりも邦題の方がひねりがあって秀逸です。


映画「私がクマにキレた理由(わけ)」
映画 (Movie) / 私がクマにキレた理由 特別編  〔DVD〕


ゴールドマン・サックスに面接に行って、大失敗した、
人類学を学んだ若い女性、アニー(スカーレット・ヨハンソン)。
ひょんなことから、セレブのナニーとなって、大奮闘・・・
(「ナニー」と「アニー」が語呂合わせになっていますね。)

この映画は、子育てという視点で、
庶民から観た上流階級のおかしさを取り上げています。
ストーリー自体なかなか面白いですが、
興味深かったのは、
映画「メリー・ポピンズ」へのオマージュともいうべき場面・設定の数々でした。
重ね合わせて観ると楽しみが増します。


映画「メリー・ポピンズ
メリーポピンズ スペシャル・エディション [DVD]

主人公が、ナニー未体験であることを独白するところで、
「ナニーの映画は1本だけ観たことがある。」というようなセリフがでてきます。
もちろん、「メリー・ポピンズ」のことです。
(ただし、映画でははっきりとは語られていません。)
そのすぐ後に、「チムチムチェリー」のメロディが流れてきたり、
空から傘が降りてきたり、
傘につかまって主人公がニューヨークの空を飛ぶシーンなどが出てきます。
(もちろん主人公の空想・・・)
主人公のケイタイの着メロにも「メリー・ポピンズ」の曲が・・・
「最も長い英単語(Supercalifragilisticexpialidocious)」も出てきます。
主人公が預かる子どもの両親が、
子育てに全く関心なし、というのも共通です。

しかし、「メリー・ポピンズ」のような魔法は出てこないし、
夢の国ではなく、毎度の夜勤とか休日勤務のような「奴隷の国」に迷いこんでしまいます。
せっかく子どもに愛着を持ってきた矢先、
雇用主には理不尽な理由で解雇され、退職金はわずかでした。

ラスト手前で、邦題にもなった、
隠しカメラ入りのクマのぬいぐるみに向かって、
今までの思いのたけを怒りながら吐き出すところが痛快です。

メリー・ポピンズ」では、
メリー・ポピンズが去った後、家族がナニーなしでも仲良くなるところで終わりますが、
この映画では、夫婦が離婚して、母親が子を引き取って、
母子で仲良く暮らす、というところで終っています。
子どもの立場からすれば、一応は「めでたし、めでたし」なのかもしれませんが・・・

映画では、突然アニメっぽくなるシーンや、
博物館の解説を模したシーンなどがあり、
映像表現としてユニークなところがいろいろあります。

この映画の原作が日本でも出版されています。
ティファニーで子育てを』(文春文庫)という題です。
映画の邦題よりも洒落ていますね。


ティファニーで子育てを』(文春文庫)
ティファニーで子育てを (文春文庫)

« 映画「電話で抱きしめて」~テーマはラブコメではなく、家族愛・・・ | トップページ | しずけき祈りの Sweet Hour of Prayer(MIDI) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ