« 「家政婦のミタ」第1話ミタ? | トップページ | フランクの交響曲ニ短調~ラテン的演奏とドイツ的演奏、どちらがいいか? »

2011年10月14日 (金)

NHKBSプレミアム「名曲探偵アマデウス」・リスト「ラ・カンパネラ」

今回の「名曲探偵」は、再放送(事件ファイル#17)で、
リストの「ラ・カンパネラ」でした。
ドラマはアクが強すぎて(某古館さんも真っ青?)
スポーツ実況から外されたアナウンサーが、
リストの「ラ・カンパネラ」から、しゃべりの極意を体感する、というものでした。
自分が自分が・・・という実況から、状況を落ち着いて伝える味のある実況へ、
見事に脱皮を遂げることができた、というのがオチでした。

放送では、小山実稚恵さんのピアノ演奏が使われていました。
早いパッセージを弾く手の動きが美しく、見事でした。
私の妻は台所仕事をしながら、この放送の録画を「聴いて」いましたが、
思わず、「とてもきれいな音!」とコメントしました。
妻は普段は自分から音楽についてあまりコメントしないので、
驚きました。
(本来、「ラ・カンパネラ」はさほど好きな曲ではなかった(過去形)ので、
今回の記事を書く予定はなかったのですが・・・)
放送では、小山実稚恵さんが、
「ラ・カンパネラ」の珍しい第1稿、第2稿の一部を弾く、というオマケもありました。
派手で技巧に溺れた第1稿
(『パガニーニの「ラ・カンパネラ」の主題による華麗なる大幻想曲 イ短調』 )、
それを反省した少し地味な第2稿
(『パガニーニによる超絶技巧練習曲』第3番 変イ短調)を経て
(番組では取り上げられなかった
『パガニーニの「ラ・カンパネラ」と「ヴェニスの謝肉祭」の主題による大幻想曲』
という改訂もありますが・・・)、
現在の第4稿(『パガニーニによる大練習曲』第3番 嬰ト短調S. 141)が完成された、
というエピソードは興味深かったです。

番組を観てから、我が家にある「ラ・カンパネラ」が入った演奏CDである、
フジ子・ヘミングさんのバカ売れCD「奇蹟のカンパネラ」の
「ラ・カンパネラ」を聴いてみました。
すると妻は、「テンポが遅すぎてキラキラしていない」とダメ出し・・・
確かに久しぶりに聴いてみると、渋滞の中ノロノロ運転で観光地へ・・・
みたいな演奏だといえます。
(味がある演奏だ、という人も多いですが・・・
その一方で、酷評する人も多数です。
私にとっては、たまに聴くとホッとするようなCDかもしれません。)


奇蹟のカンパネラ


なお、フジ子・ヘミングさんの演奏への賛否については、
最近、ニューズウィーク日本版の冷泉彰彦氏の興味深いコラム記事を読みましたので、
紹介します。
「フジ子・ヘミング現象」の何が問題なのか?(2011年09月28日)

妻が「ラ・カンパネラ」を「キレイ!」と言ったので、
私はもうちょっと理想的な演奏を妻に聴かせたいと思い、
さっそくCD試聴をいろいろやってみました。
リストの曲は「愛の夢第3番」とか、「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」、
「波を渡るパオラの聖フランチェスコ」、「ため息」などは好きな曲に入りますが
(ついでに言えば、ベートーヴェンの交響曲のピアノ編曲版も・・・)、
あとはさほど好きではありませんでした。
「ラ・カンパネラ」なら、リストのピアノ曲集のCDよりも、
「ピアノ名曲集(いろいろな作曲家の名曲を集めたもの)」に入っている方がいいかな、
と思い、何枚か試聴してみました。
しかし、番組で取り上げられた
小山実稚恵さんの演奏よりもいいのがありませんでした。
(「リスト名曲集」とかならいくつかあるのでしょうけど・・・)
結局、一番よかったのは、ほかならぬ小山実稚恵さんのCDでした。
思わず買ってしまいました・・・

小山実稚恵:ベスト・アルバム


私にとって、10月13日は、
「サラダ記念日」ならぬ「リスト記念日」になってしまいました・・・

俵万智さんの有名な歌
この味がいいね」と君が言ったから 七月六日はサラダ記念日」をパロディ化して・・・
「カンパネラ君がキレイと言ったから 十月十三日はリスト記念日」(かなり字あまり・・・)

« 「家政婦のミタ」第1話ミタ? | トップページ | フランクの交響曲ニ短調~ラテン的演奏とドイツ的演奏、どちらがいいか? »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

名曲探偵アマデウス」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

短歌・川柳・俳句」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ