« NHKBSプレミアム「名曲探偵アマデウス」・ムソルグスキー「展覧会の絵」 | トップページ | 「北国の春」と「フクシマの春」 »

2011年10月 4日 (火)

ブログ一時休止のお知らせ(2011年10月)※附・聖フランシスコ記念日

都合により10月5日~10日のブログを休止します。
10月11日以降再開予定です。
今後とも、ご愛読をよろしくお願いします。
(ちなみに本日は、聖フランシスコの記念日ですね・・・)

St_francesco_2


聖フランシスコ(アシジ)修道者
1181年-1226年

 フランシスコは、イタリア、アシジの裕福な織物商の家に生まれた。フランシスコは、快楽を求め自由奔放な青春時代を過ごしたが、騎士になりたいと望み、戦場に赴いた。そこで病気にかかって、夢の中でイエス・キリストに出会い、回心してイエスに従う決心をした。持ち物を貧しい人々に与え、自らは粗末な服をまとい、ローマ中を巡礼した。アシジに戻ったフランシスコは、壊れた聖堂で祈っていたとき、教会を建て直すようにとのキリストの声を聞き、すぐに聖堂の再建を始めた。フランシスコの父は、教会のために家の財産が費やされることを嫌い、フランシスコが財産を受け継ぐことを放棄する法的手続きをとり、勘当した。

 しかしフランシスコはよりいっそうキリストの言葉に従い、同志を集め、清貧と愛の生活を続けて多くの人々を感化し、当時の乱れた教会を改善していった。その後ローマに行き、教皇インノセント3世から許可を得て、1209年に「小さき兄弟会」、後の「フランシスコ会」を創立した。

 すべての被造物をとおして与えられる神の恵みを悟ったフランシスコは、神に感謝と賛美をささげた『太陽の賛歌』を作った。彼の物語は、『小さい花』という本に伝えられている。また、彼はクリスマスの夜に馬小屋を飾って祝った最初の人であり、その習慣を広めた。

 1224年、フランシスコは聖痕(キリストが十字架に付けられたときに受けた5つの傷)を受けたといわれている。その生涯は、キリストのしもべとして貧しく愛にあふれるものであり、現代まで世界中の人々に大きな影響を与え続けている。

(本文・画像とも女子パウロ会HP"Laudate"聖人カレンダーより転載)
このブログのURLにも関係する聖人です。

« NHKBSプレミアム「名曲探偵アマデウス」・ムソルグスキー「展覧会の絵」 | トップページ | 「北国の春」と「フクシマの春」 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ