« 「みくに」か「おくに」か、「みこ」か「おんこ」か・・・聖書・典礼における「御」の字の読み方の考察 | トップページ | 糾弾される武田教授と表彰される山下教授 »

2011年9月 5日 (月)

書評:鈴木孝夫著『日本語教のすすめ』(新潮新書)

9月5日の読売新聞夕刊の「新刊立ち読み」という書評コーナーで、
僕の妹は漢字が読める』(かじいたかし著 HJ文庫)
というラノベ(ライトノベル)が紹介されていました。

僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)

記事では、
23世紀の日本では『萌え』文化が社会全体に広がり、美少女の登場する典型的なストーリーを仮名と記号だけ使って書くのが正統派文学で、ごく一部の限られた人しか漢字を読めなくなっている、という設定が秀逸。
と紹介。

別にこの小説を読む気はありませんが、
ごく一部の限られた人しか漢字を読めなくなっている」という設定は気になりました。
現代だって、ケイタイをいじくっている中高生などは、
きちっと漢字が読めるのかアヤシイところがあります。

ところで、「ごく一部の限られた人しか漢字を読めなくなっている」という設定、
実は戦後の混乱期のドサクサにまぎれて、本当にそうなるところでした。
最近、「日本の国字をローマ字にせよ!」という方の主張を聞く機会がありました。
現代の漢字かな混じり文は、
あやうくローマ字だけ・カナ文字だけになっていたのかもしれないのです。
(「国語国字問題」を参照)

占領されていた時期だからこそ、自虐的になってそういう運動が沸き起こったのか、
というと、そうでもなく、
戦前から、国字をカナ文字に!と主張する「カナモジカイ」などは存在していました。
とはいえ「カナモジカイ」のHPをぜひ御覧になってください。
最初のところはともかく、漢字を使わない文章を読むのは、かえって面倒です。

先ほどの「日本の国字をローマ字にせよ!」という方は、
いかに漢字かな混じり文がおかしいものか、国際的でないかを力説していました。
私は、その薄っぺらい主張に辟易したのと、
「本当に、漢字かな混じり文はおかしいものなのか?」と疑問を持ちました。
そこで、いろいろ調べてみました。
今回紹介します、鈴木孝夫著『日本語教のすすめ』もその一冊です。
「国字ローマ字化」の主張へのよい解毒剤となりました。

日本語教のすすめ (新潮新書)

「西洋の言語はラジオ型に対して、日本語はテレビ型だ」とか、
「西欧至上主義からの解放」(P.19~)など、
日本語に対する自信を深めることができます。
諸言語との比較や、日本語というものを考えるにはとてもいい一冊です。
タイトルはもうちょっと工夫してほしかった、ともいえますが・・・

« 「みくに」か「おくに」か、「みこ」か「おんこ」か・・・聖書・典礼における「御」の字の読み方の考察 | トップページ | 糾弾される武田教授と表彰される山下教授 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ