« 真駒内花火大会2011 | トップページ | 死なないお粥と究極のお粥?~NHK・ためしてガッテン「門外不出!料亭おかゆ 秘技・奥義一挙大公開 」(2011年7月20日放送) »

2011年7月19日 (火)

NHK・上を向いて歩こう~日本人の希望の歌 その真実~(2011年7月18日放送)

上を向いて歩こう」という歌が出来て、
今年の7月でなんと50年!
暗い世相や被災地に希望を与え続け、さまざまな歌手に歌い継がれる秘密は?
NHKで7月18日に放送した「上を向いて歩こう~日本人の希望の歌 その真実~」は、
その誕生の経緯を興味深く紹介していました。

NHK番組表から、放送内容を転載します。
(引用)
阪神淡路大震災の時も、そして東日本大震災でも、人々が自然と歌うのはこの歌だった…。日本人の心の歌ともいうべきものが誕生してから今年でちょうど50年。なぜ半世紀に渡り日本人の心をとらえ続け、アメリカではヒットチャートの1位を獲得したのか。この歌を歌った坂本九、作曲の中村八大、作詞の永六輔の3人の物語を軸に、誕生の秘密やヒットの理由をち密な検証と関係者の言葉、貴重な資料で掘り起こしていくドキュメント。

番組冒頭では、被災地で「上を向いて歩こう」が歌われる様子や、
現在公開中のジブリ映画「コクリコ坂から」との関連
(ポスターに歌の冒頭句が書かれていましたね。)などにも触れていました。

作詞:、作曲:中村、歌:坂本の「689トリオ」、
その出会いと、歌に込められた想い、音楽的な仕掛けなど、
なかなか興味深い内容でした。
世界中に売り込むために、
海外版ではあえて「SUKIYAKI」という名前を使った理由など、
「なるほど~」と思わされました。

欲を言えば、サクセスストーリーで終らせてしまうのではなく、
この歌が持つ力と現代的な意義について、
もう何分か触れてほしかったかな、とも思いました。
しかし全体的に好番組だったといえましょう。

番組の最後では、坂本九と映画で共演した吉永小百合さんがこの歌について、
「坂本九さんが空の星になって私たちを見守って、頑張れよって言ってくれてるようだ」
というコメントをしていました。
東日本大震災後、ようやく普通のCMが流れるようになって、
よく耳にした曲の一つが、「上を向いて歩こう」でした。
まるで日本を優しく慰め、励ますかのように・・・

今は大震災や原発事故という暗い世相ですが、
涙がこぼれそうでも、「上を向いて歩こう」!
少しでも前向きに心をあげて、人生を歩き続けたいものですね・・・

« 真駒内花火大会2011 | トップページ | 死なないお粥と究極のお粥?~NHK・ためしてガッテン「門外不出!料亭おかゆ 秘技・奥義一挙大公開 」(2011年7月20日放送) »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ