« NHK・上を向いて歩こう~日本人の希望の歌 その真実~(2011年7月18日放送) | トップページ | NHKにさえ見離された「工程表ステップ1達成」~おすすめWEB記事「工程表の「騒動」に思う」(中部大学・武田邦彦教授) »

2011年7月20日 (水)

死なないお粥と究極のお粥?~NHK・ためしてガッテン「門外不出!料亭おかゆ 秘技・奥義一挙大公開 」(2011年7月20日放送)

今回の「ためしてガッテン」は、お粥についてでした。
番組冒頭で、「死なないおかゆ」という言葉が出てきました。
死なないおかゆ」???なんのこっちゃ?
老化防止?それとも、お粥の味?
どちらも違いました。
死なないおかゆ」とは、誤嚥防止できる、
つまり、誤って気管に入ってしまう恐れがないとろみのお粥のことでした。
具体的には、マヨネーズぐらいのとろみです。
一方、サラサラのお粥(お茶漬けみたいな感じ)は、
お年寄りや体力の弱った人などには、誤嚥により誤嚥性肺炎を招く場合もあるとか・・・
肺炎は、日本人の死因の第4位!
ただ、すべてが誤嚥性肺炎ではないはずですので、
死なないおかゆ」というキャッチフレーズはやりすぎかな、とも思いました。

番組の後半は、「究極のおかゆ」とは?という内容でした。
料理本に書かれてあるレシピ通りのものと、
京都の老舗料亭のお粥を食べ比べたり、科学的に分析してました。
結局、京都の老舗料亭のお粥に軍配があがります。
何が違うのでしょうか?
ポイントは2つあります。
1.熱湯に米を入れる
2.混ぜる
詳しくはぜひ番組HPを御覧ください。
究極のおかゆ」レシピは、こちらです。
番組HP内にあります。)
機会があったら、我が家でもぜひ作ってみたいと思います。

ところで私は、どちらかというと、
日本の淡白なお粥よりも、中華粥の方が好きです。
以前香港に10日間ぐらい滞在した時に、
街のあちこちにある粥専門店で、
朝食時に何度も中華粥を食べました。
(北海道では、きちんとした中華粥を味わえる店をまだ見つけていません。
東京とか横浜ならあるのでしょうけど・・・)
機会があればまた食べてみたい味です。
(「香港旅行ガイド 香港ナビ」というサイトで、
中華粥とその説明があるのを見つけました。)

以前、妻が病気で食欲が落ちている時に、
試しに中華粥を作ってみたことがあります。
たしか、その時に使ったレシピが、こちらです。
(サイト名:「ダイエットでもおいしく食べた~い!」)
作るのに時間がかかって面倒ですが、結構おいしかったですよ。

« NHK・上を向いて歩こう~日本人の希望の歌 その真実~(2011年7月18日放送) | トップページ | NHKにさえ見離された「工程表ステップ1達成」~おすすめWEB記事「工程表の「騒動」に思う」(中部大学・武田邦彦教授) »

NHK」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ